スポンサードリンク
 

 

上七軒の勝奈こと三島果帆引退の理由や現在は地方さん?画像も

こんにちは!

2018年12月2日(日) 14時00分~14時55分に放送される

ザ・ノンフィクション 舞妓3人 それぞれの転機

では、中卒で働く3人の舞妓たちが主人公として取り上げられます。

この番組では、京都、伝統芸、独特な風習などを視点に「舞妓」を映像化する番組とは一味違い、

一人の人間 が「舞妓」と言う職業を選択した姿、それも10年以上という長期間その人生の岐路をおいつづけるという貴重な番組編成となっています。

番組内に出演する3人の舞妓さんとは、

  • 2010年の15歳に「花街」に飛び込んだ志村 理音さん
  • 同じく15歳で「花街」に入門した三島 果帆さん
  • 2017年に15歳で入門した八木 寿仁葉さん。

 

こちらの記事では勝奈さんこと、三島 果帆さんに焦点をあてて

まとめてみました。

勝奈(三島果帆)さんは、とても人気のある舞妓さんで有名でした。

しかし、2017年周囲の惜しむ声の中、舞妓さんを引退されているようです。

通常、舞妓さんを引退後は芸妓さんとなるのですが勝奈(三島果帆)さんは

芸妓さんにはなっていません。

いったいなぜでしょうか。

勝奈さんこと、三島 果帆さんのプロフィールや経歴や引退の理由など

現在の勝奈さんをまとめてみました。

 

勝奈(三島果帆)さんのwiki風プロフィール、画像

 

勝奈(三島果帆)さんは、

中学校は、船橋市立行田中学校。

しっかりもので、管弦楽部で第二バイオリンのパートリーダーを務められるほどでした。

2012年4月、京都のお茶屋「大文字」で修行を初めた勝奈(三島果帆)さん。

果帆さんはしっかりもので、周囲から「しっかりしすぎというぐらいしっかりしてはる」と言われるほどしっかりしており、順風満帆。

2012年9月1日、初めての髪結い。

2012年11月15日、白塗りをしてもらい、舞妓・勝奈としてデビュー。

2013年この頃から、何らかの理由で遅刻が目立ってきたようです。

2014年9月14日(日)ザ・ノンフィクション『泣き虫舞妓ものがたり4』放送

 

勝奈(三島果帆)さんが働く上七軒(かみしちけん)とは?

京都には、舞妓や芸妓が暮らす花街が五つ。

その中で上七軒は、北野天満宮付近にある、京都の五花街で一番古い花街です。

その歴史は、なんと室町時代にまでさかのぼります。

上七軒界隈は、「重要景観整備地区」に京都市で指定されています。

上七軒には現在、31人の芸舞妓さん方が在籍されているようです。

勝喜代、〆代、照代、勝丸、福鶴、尚子、梅ぎく、梅嘉、玉幸、尚鈴、梅はる、尚ひろ、 梅智賀、梅志づ、勝也、梅葉、尚そめ、尚可寿、市桃、市知、市純、
市多佳、尚絹、尚あい、市こま、梅ひな、梅叶菜、市彩、ふみ幸、梅たえ、勝貴、梅はな、梅なな

引用;https://www.kitano-shiki.com/about

スポンサードリンク

勝奈(三島果帆)さん引退の理由は?襟替え現在は地方さん!

 

通常、舞妓さんをやめたら、芸妓さんとなるのが多い中、唄、演奏など音楽を受け持つ「地方(じかた)」さんといって鳴り物(三味線や鼓など)をする方になられました。

 

調べてみると、勝奈(三島果帆)さんは、肌が過敏で、白粉が合わなく、化粧が気掛かりで、遅刻し、思い悩んでいたようです。

好きで選んだため、続けた責任感から拒食状態が、出たとの話もあるようです。

芸妓になると舞台化粧なんかの時は舞妓と違って化粧屋の作る厚化粧になるので、さらに顔に炎症がでると予想されます。

勝奈(三島果帆)さんはとても苦しかったでしょうね・・・・

屋形のお母さんと三味線や唄の師匠連中から薦めてもらい、

2017年の襟替えを機に、立ち方「躍り手」をやめて、

「地方(じかた)」に転進されたようです。

こちらの動画は、勝奈(三島果帆)さんが三味線を引かれている様子です。

勝奈(三島果帆)さんも三味線と唄が大好きだそうなので、地方さんになってもみなさんを楽しませてほしいですね。

まとめ

今回は、ザ・ノンフィクションに出演される、勝奈(三島果帆)さんについてまとめてみました。

とても綺麗な方でしたね。

これからもご活躍をお祈りしています。

最後までお付き合いいただき有難うございました。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です