スポンサードリンク

山舩晃太郎やまふねこうたろう/水中考古学者は誰?世界ふしぎ発見でアドリア海に眠る沈没船ルネサンスの謎に挑む!

こんにちは。

2019年11月2日(土)  21時00分~21時54分に放送される

世界ふしぎ発見!

アドリア海に眠る沈没船 ルネサンスの謎と題し

「沈没船」を調べ続ける若き日本人水中考古学者、山舩晃太郎(やまふねこうたろう)さんが登場します。

スポンサードリンク

山舩晃太郎(やまふねこうたろう)水中考古学者が世界ふしぎ発見!アドリア海に眠る沈没船ルネサンスの謎

エジプト・ピラミッドや英ストーンヘンジ、さらにはメキシコのマヤ文明などの謎多き古代文明、そして世界の不思議な文化を紹介してきた世界ふしぎ発見!

今回登場するのは、

「アドリア海に眠る沈没船、若き日本人学者と追う!ルネサンスの謎」

「沈没船」を調べ続ける若き日本人水中考古学者、山舩晃太郎(やまふねこうたろう)さんが登場します。

山舩晃太郎(やまふねこうたろう)世界ふしぎ発見番組予告動画

その番組予告はこちら!

世界ふしぎ発見の放送内容はというと・・大きく分けて4本立て

  • アドリア海に眠るルネサンス時代の船
  • その船は何を運び 何故沈没してしまったのか?
  • ミステリーハンター・華恵が若き日本人水中考古学者と共に
  • クロアチアの海とイタリア・ヴェネツィアで沈没船の真実に迫る!
スポンサードリンク

山舩晃太郎『水中考古学』って何?

沈没船と聞くと何を思い浮かぶでしょうか。

はるか昔、多くの方々が命を落としたという事実もありますが、一方で何かしらのロマンを感じるのは私だけではないはず♪

タイタニック号を始め、海の底に沈んだ船はなぜかロマンを掻き立てますよね。

これまでも、世界では幾度も沈没した船が発見され、その内部には当時の歴史を知る上で非常に価値があるものや、金銀財宝などが発見されています。

莫大な「お宝」を積んだまま壮大な人間ドラマを秘めて、海の底深く沈んでいる沈没船。

様々なお宝が眠っていますが、珍しいものとしては133年前に沈没した蒸気船から回収されたビールから酵母を抽出し、新たなビールを醸造する試みもされたこともあるようですw

そんな、海中に眠る海底都市や沈没船などの「水中遺産」から、人類の歴史や進化を調査・研究する『水中考古学』に取り組んでいるのが、今回世界ふしぎ発見に登場する

「沈没船」を調べ続ける若き日本人水中考古学者、山舩晃太郎(やまふねこうたろう)さんというわけです。

沈没船の水中遺跡(16世紀末にクロアチア沖で沈んだベニス商船の水中遺跡)

こちらはその水中考古学者、山舩晃太郎(やまふねこうたろう)さんの公式動画です。

沈没船の水中遺跡(16世紀末にクロアチア沖で沈んだベニス商船の水中遺跡)

クロアチアで16世紀後半に沈んだベネチア商船の水中沈没船遺跡の動画で、水中考古学者はこのような水中遺跡で働いています。

この水中沈没船遺跡の「3Dモデル」の動画は山舩晃太郎(やまふねこうたろう)さん「フォトグラメトリー」という最新技術を使って記録し作成したものなんだそうです。

このような動画を無料で公開してくれているなんて素敵ですよね♪

それにしても実際に沈んでいる船の時代背景、航路、人間関係などを分析し、それを復元保存を行う水中考古学。

とても興味深い学問ですよね。

今回の世界ふしぎ発見に登場する、山舩晃太郎(やまふねこうたろう)さんは、そんな沈没船を年間100隻以上も調査している水中考古学の第一人者です。

いったいどんなお話が聞けるのでしょうか。

スポンサードリンク

山舩晃太郎(やまふねこうたろう)水中考古学者のwiki経歴プロフィール!世界ふしぎ発見

世界ふしぎ発見「アドリア海に眠る沈没船、若き日本人学者と追う!ルネサンスの謎」に登場する、「沈没船」を調べ続ける若き日本人水中考古学者、山舩晃太郎(やまふねこうたろう)さん。

そのプロフィールを簡単にご紹介します。

山舩晃太郎(やまふねこうたろう)水中考古学者のwiki経歴プロフィール!

世界ふしぎ発見!に登場する水中考古学者の山舩晃太郎(やまふねこうたろう)さんは、法政大学文学部史学科を卒業。

そしてその後は、海事考古学における世界最高峰の研究機関であるテキサスA&M大学(Texas A&M University)大学院に留学し博士号まで取得されています。

米・テキサスA&M大学水中考古学研究所には「水中考古学の父」と呼ばれるジョージ・バス博士という方がいらっしゃったようですね。

これまでに山舩晃太郎(やまふねこうたろう)さんは、ヨーロッパからカリブ海、南北アメリカ大陸、ミクロネシアまでまさに世界中の沈没船を調査されています。

山舩晃太郎(やまふねこうたろう)さんのTwitterからもその様子が伺えます。

最近では、コスタリカ、スペイン、クロアチア、コロンビアなど様々な国に水中考古学者として活動をされているようですね。

山舩晃太郎/水中考古学者がアドリア海に眠る沈没船ルネサンスの謎に挑むまとめ

そんな世界ふしぎ発見に登場する「沈没船」を調べ続ける若き日本人水中考古学者、山舩晃太郎(やまふねこうたろう)さん。

番組では、クロアチアのパシュマン島沖、ルネサンス時代の沈没船の探索の様子が放送されます。

いったいどのような放送内容となるのでしょうか。

放送が楽しみですね♪

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク



関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です