スポンサードリンク
 

 

雅子皇后さま即位ティアラの値段やブランドは?皇室ティアラの歴史

こんにちは!。

1日、皇居・宮殿では新皇后・雅子さまにとって初の儀式「即位後朝見の儀」が行われましたね!

映像で流れたのは、皇室で前の皇后である上皇后さまから引き継がれた皇后のティアラ!

きらきらと輝くティアラを着けたドレスで、新陛下を見まもる雅子さまの姿が、前皇后さまとかさなりとても美しかったですよね♪

以前、ヨーロッパの皇室に縁が深いブランドChaumetの展示会でティアラの現物を間近に見たことがあるのですが、

それ以上に皇室に受け継がれる新皇后雅子さまのティアラは光り輝いていたように思えます。

新皇后雅子様の頭上に輝いていた皇室のティアラはどのようなティアラなのでしょうか。

過去を紐解くと、第一ティアラが過去に行方不明になっていたかもしれないとのうわさもありますね。

 

また、ブランドやデザイナー、値段はいくらくらいするのでしょうか?

やはり、皇室には予算があるのでルールのようなものがあるのでしょうか??

気になったので、調べてみました.

スポンサードリンク

皇后雅子さまのティアラのブランドやデザイナーは?

今回新皇后雅子様の頭上に輝いていた皇室のティアラはこちらの画像のティアラです。

皇太子妃になられた雅子さまに美智子さまがティアラを贈られました。

 


皇太子妃、皇后陛下のみは御即位により、お召しになる皇室のティアラが変わります。位に応じて2段階のティアラをお召しになるそうです。

美智子さまがお持ちだったのが皇太子妃第一ティアラ、第二ティアラといわれている二つの宝冠。

今回着用するならもちろん皇室の第一ティアラですよね。

スポンサードリンク

皇后雅子さまの即位時のティアラは第一ティアラ?皇室ティアラの歴史

皇室ティアラの歴史

雅子さまが着用されたティアラは、皇后陛下が持つ3つのティアラのうちの最も由緒のある「第一」ティアラと言われています。

日本にティアラの文化が渡ってきたのが明治18年(ブランド:独・レオンハード&フィーゲル製)昭憲皇太后(明治天皇皇后)のときと言われ、国内において、約130年ほどの歴史があるそうです。

その際、皇室のティアラは、3連のダイヤモンドネックレスと星型のブローチがセットになっていたそうです。

代々皇室に引き継がれてきた第一ティアラ。

明治、大正、昭和、平成、そして令和の時代へ引き継がれていってるんですね。

https://www.fnn.jp/posts/00044995HDK

大正天皇皇后節子様(貞明皇后)が付けている、トップの部分は丸いダイヤモンドと星型のブローチと取り替える事が出来るそうです。

確かに、特にティアラの上部の形状や大きさも異なっているように見えますね。

皇太子妃の第一ティアラよくできていますよね~。

ネット上には、このティアラが日本の皇族の為に製作された最も古い伝統のあるティアラ(ブランド&デザイナー:大正12年ミキモト製)との記述もあります。

ティアラは時代を反映し、その時代に応じたデザインに変更する為、リメイクしたうえ、お譲りになることが多いそうです。

ということは製作=リメイクという意味でしょうか。

その際に使用されるのが、皇室に代々伝わる宝石の数々。

美智子さまから雅子さまはへ受け継がれた第一ティアラは、こちらもブランド:ミキモトがリフォームしたといわれたというネット上の情報です。

雅子さまのお手元にある、この第一ティアラ。

2003年一月一日の新年祝賀の儀以降、公の場にて、

一度もお召しになっていないということがネット上でうわさになっていました。

今回着用されていたのは、真の第一ティアラなのでしょうか。

この点については、ネット上では画像検証が行われています。

ニュース報道では、第一ティアラとの報道が当然なされていますが、ネット上では様々な意見がうわさされています。

真実は果たして?!

形が違っていてもリメイクということもあるんでしょうね・・?

 

スポンサードリンク

第二ティアラ、第三ティアラもあるの?

美智子さまがお持ちといわれているのが、

皇太子妃第一ティアラ、第二ティアラといわれている二つの宝冠。

皇后陛下はもともと、3つのティアラを持っているとの報道が流れています。

https://www.fnn.jp/posts/00044995HDK

明治以降の皇室の人数を考えると、

皇室全体では完全品で40個近くのティアラがあるのではないでしょうか?

こちらの本は、皇后美智子さまのご成婚から現在まで、

天皇陛下とともに歩まれた60年間の装い写真で振り返る一冊です。

美智子さまの国内・海外行事でのドレス姿、

お着物姿からご家族とのリラックスしたひとときの写真のほか、

大学時代のご学友との様子など秘蔵写真も多数掲載されているとのことで

人気のようですね♪

関連エピソードも掲載されているそうなので、ご興味があるかたはよろしければどうぞ。

 

 

ティアラのお値段はいくら?価格は?

 

 

女性皇族のティアラのお値段はいくらくらいするのでしょうか。

調べてみると、

  • 眞子さま 2856万円
  • 佳子さま 2892万円
  • 絢子さま(守谷絢子さん) 約1485万円
  • 典子さま(千家典子さん) 約1522万円

上記の値段なんだそうです。

秋篠宮家の長女、眞子親王のティアラは2011年に和光(WAKO)が製作。

2013年には「秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さま」の

ティアラの製造業者の企画競争入札があり

『MIKIMOTO』が約2900万円でティアラの製作を請け負う事が決定しました。

そのティアラは予算の中から作られているのですが、たとえば、佳子さまが作ったティアラについては公務を始めとした公的な活動に使われる「宮廷費」から製作されています。

佳子さまが2014年に2892万円で調製(皇室が所有する宝石を利用して製作)されたティアラの費用も、「儀礼に必要なため」との理由で宮廷費から支払われました。

このティアラは貸与扱いで、結婚して臣籍降下すれば皇室に返却するそうです。

雅子さまや残念ながら雅子さまや美智子さまのティアラの値段は、公表されていないようです。

しかし、おそらく数億円の価値はあることは間違いないのではないかと思われます。

まとめ

 

即位後朝見の儀で前の皇后である上皇后さまから引き継がれた皇后のティアラについてまとめてみました。

このような平和な日常があることはこれまでの皇室の国民へのたゆまぬ想いがあったからですよね。

ティアラ同様、わたしたちもこの時代をよりよいものに受け継いでいきたいものだと切に願います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です