スポンサードリンク

すんずこ納豆/青森県は筋子納豆!レシピや通販お取寄せや意味は?所JAPANジャパン

こんにちは。

2019年12月2日(月)  22時00分~22時54分に放送される

新説!所JAPAN【サケが日本を作った?サケ愛する新潟村上でご当地グルメ調査】

全国各地にある、様々な部位を使った驚きの鮭料理の一つとして、青森の「すんずこ納豆」が登場します。

スポンサードリンク

すんずこ納豆/青森県は「筋子納豆」!鮭料理が新説!所JAPAN登場

世界と比べて非常に個性的な日本の特徴をテーマに、多彩なスペシャリストの解説を交えながら、所ジョージが「知っているようで知らない身近な謎」を楽しく解き明かしていく番組

新説!所JAPAN

今回番組で紹介されるのは、日本人と“鮭”の深~い関係。

どうやら、鮭は1人当たりの魚介類年間消費量で堂々の1位なんだとか。

確かに、わたしもサンマは秋だけだし、鯖もサバ缶で食べるくらいなのに鮭は年中食べている気がする・・!

それだけ鮭を食べる機会があれば日本中には様々なご当地料理がありそうですよね。

ということで、今回の番組では、青森県の「すんずこ納豆」にスポットが当てられるようです。

いったいどのような料理なのでしょうか。

すんずこ納豆/青森県は「筋子納豆」!

青森県のご当地鮭料理、「すんずこ納豆」とは調べてみると「筋子」と「納豆」を使った「筋子納豆」という料理が、青森弁で訛った料理のようです♪

筋子納豆、すじこ納豆、すんずこ納豆・・なるほど。

他にも「筋子納豆」は、津軽弁では「すんずごなっと」とも呼ばれているようです。

この青森県の「すんずこ納豆(筋子納豆)」は、あの太宰治が大好きだったと言われ、地元では愛される料理のようです。

青森県、津軽地方では、鮭やマスのすじこが醤油や塩漬けにしたものがスーパーで普通に売られているほど、ご飯のおともとしてド定番。

「すんずこ納豆」は過去には、ご当地の料理を紹介する企画として秘密のケンミンSHOWでも紹介されたほど有名なんだそうです。

すんずこ納豆・筋子納豆のレシピとは?

青森県の「すんずこ納豆(筋子納豆)」のレシピ作り方はというと、納豆に、小さめにほぐした筋子をトッピングするだけ。

塩分が多いので、タレは無しか少なめで作ると美味しいそうです。

スポンサードリンク

すんずこ納豆/青森県は「筋子納豆」の通販お取寄せで購入は?

新説!所JAPANに登場する青森県の「すんずこ納豆(筋子納豆)」

使用する筋子の通販お取寄せについてご紹介します。

すんずこ納豆に鮭専門店こだわり筋子を通販お取寄せ♪

 

レビューを見て心配でしたが、立派な美味しい筋子でした!東北出身で関西在住の私は、長年美味しい筋子が食べれず飢えていましたが、久々に筋子を食べることができました。絶対リピートします!小ぶりなものが7本届きました。半解凍状態だったので1本ずつ冷凍し、少しずつ楽しみます。ご飯が止まりません!

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/242075_10000984/1.1/?l2-id=item_review

と、とても美味しそうな筋子です♪

よろしければ購入して、ご自宅ですんずこ納豆(筋子納豆)を味わってみてはいかがでしょうか♪

 

まとめ

2019年12月2日(月)  22時00分~22時54分に放送される

新説!所JAPAN【サケが日本を作った?サケ愛する新潟村上でご当地グルメ調査】

に登場する全国各地にある、様々な部位を使った驚きの鮭料理の一つ、青森県の「すんずこ納豆(筋子納豆)」についてまとめてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です