スポンサードリンク
 

 

人生の楽園!菅原常司のミニヤギ&みかん農園の広島広島県呉市下蒲刈島

こんにちは!

2019年1月5日(土)  18時00分~18時56分に放送される

人生の楽園。

この番組「人生の楽園」は

自分にとっての人生の楽園”を発見し、
充実した第二の人生を過ごす人たちの暮らし方を
美しい風景や美味しい食べ物などと共に紹介する番組。

そして、様々なセカンドライフを紹介しながら
新しい生き方を提案する、
『いい人生の歩き方発見番組』として人気です。

その「新春スペシャル~絶景楽しむ海暮らし山暮らし」に

広島県呉市下蒲刈島でミニヤギを育てながらミカンを栽培する菅原常司さん(63歳)が出演します。

どのような人生を歩まれているのか、

人生の楽園に出演しミニヤギを育てながらミカンを栽培する菅原常司さんを

調べてみました。

 

菅原オレンジ農場&広島ミニヤギ牧場

広島県呉市の瀬戸内海に浮かぶ下蒲刈島。

故郷の島でミニヤギを飼いながら、ミカンとレモン栽培を始めた菅原常司さん。

ご年齢は、63歳。

そしてそれを支えているのは妻の広子さん、60歳です。

本土で小学校の先生をしていた常司さん。

父が亡くったことをきっかけに、

荒れてしまった実家のミカン畑を蘇らせようと、

平成26年3月小学校教諭を早期退職!

当時、不登校児童対策で飼い始めたミニヤギとUターンし

実家のみかん畑を継ぐことになりました。

そして子どもたちの癒やしの場にしようと、

ミニヤギと触れ合える

菅原オレンジ農場&広島ミニヤギ牧場

を始めることとなったんですね!

広島県呉市下蒲刈島でミニヤギを育てながらミカンを栽培し

そこを人生の楽園にしたかったんですね。

スポンサードリンク

広島県呉市の瀬戸内海下蒲刈島のミカン畑でミニヤギ飼育の目的

 

ミニヤギを利用した除草と有機栽培,

紅みかん・レモン園の観光を楽しめる場所にしたい

そして人生の楽園にしたいと考えた菅原常司さん。

ミニヤギとのふれあいや販売とレンタル,

小・中学生を対象にミニヤギと出張授業もされているようです。

なんと、愛玩動物飼養管理士1級も修得。

動物介在活動にも行っているようです。

ふるさとの文化と風土,自然を守り継ぎ,

未来に生きる子どもたちへ残していくことが願いだそうです!

広島県呉市の瀬戸内海に浮かぶ下蒲刈島が大好きなんですね!

「広島ミニヤギ牧場&みかん畑」のフェイスブックやツイッター、インスタは?

広島県呉市下蒲刈島でミニヤギを育てながらミカンを栽培する菅原常司さんはツイッターや、インスタ、フェイスブックなどを利用しているのでしょうか。

調べてみるとフェイスブックを利用しているようです!

 

 

「広島ミニヤギ牧場&みかん農園」へのアクセス

広島県呉市下蒲刈島でミニヤギを育てながら

ミカンを栽培する菅原常司さんの経営する

広島ミニヤギ牧場&みかん農園へのアクセスです。

 

◆県外から車で行く場合
山陽自動車道の東広島呉道路 ※無料を利用すると便利!
山陽自動車道の『高屋ジャンクション・インターチェンジ』を降りる→呉市(阿賀IC)→左折し、185号線を「竹原方面」に向かって進む→
仁方第2トンネル→蒲刈方面へ左折→「安芸灘大橋有料道路」(片道¥720円/軽¥560円)→コメリ→(松濤園(しょうとうえん)蘭島閣美術館の看板を左に下る。下ったら右折→「梶ヶ浜ビーチ」へ→牛ヶ首トンネルをぬけると大地蔵漁港→広いロータリーのある『松風園』から右折し,大地蔵診療所へ。せまい農道を真っ直ぐに上りきったみかん園

まとめ

2019年1月5日(土)  18時00分~18時56分に放送される

人生の楽園に出演する

広島県呉市下蒲刈島でミニヤギを育てながらミカンを栽培する菅原常司さんについてまとめてみました!

 

よい、今後をお過ごしください♪

同番組のこちらもどうぞ!

人生の楽園!吉本淳のパン屋美麻ベーカリーwiki長野県大町市の場所や評判は?

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です