スポンサードリンク

 

 

 

肉醤(ししびしお)鹿肉発酵醤油の作り方は?廣川家の自給自足生活(徳島県・美馬市)を坂上どうぶつ王国3時間SPで紹介!

こんにちは。

2020年6月26日(金)  19時00分~21時55分に放送される

坂上どうぶつ王国3時間SP

【大人気!徳島どうぶつ大家族に3時のヒロイン潜入】と題し

徳島県・美馬市の山奥の集落で、動物29匹と7人大家族が登場します。

今回の放送では、3時のヒロインがホームステイし、鹿の肉から作られた醤油作りに密着。

さらに、炭酸ジュースも手作りするなど驚き自給自足生活が放送されるようです。

スポンサードリンク

徳島県美馬市の廣川家の肉醤(ししびしお)自給自足醤油作りに坂上どうぶつ王国3時間SPで3時のヒロイン驚愕!

人間と動物の楽園「どうぶつ王国」を作り上げる、スケール感たっぷりの新・動物バラエティーで

坂上忍さんがMCをつとめる人気番組「坂上どうぶつ王国」

時には涙無くしてみれない、人間と動物との絆にスポットを当て私たちに

改めて動物とのかかわり方を考えさせてくれるとても素敵な番組で、ほぼ毎週欠かさず視聴しています。

坂上どうぶつ王国3時間SP!舞台は徳島県・美馬市

今回の坂上どうぶつ王国は3時間SPということで、

【大人気!徳島どうぶつ大家族に3時のヒロイン潜入】と題し、

徳島県・美馬市の山奥の集落に、犬、猫、ヤギ、ウサギ、ニワトリなどあわせて

20匹以上の動物と暮らしている父と母、5人の子供たちの大家族にスポットが当てられます。

舞台となるのは、徳島県・美馬市。

徳島県・美馬市の場所を地図で確認してみるとこの辺りです。

坂上どうぶつ王国3時間SPの舞台徳島県・美馬市は、

清らかな水と豊かな緑に囲まれた自然に囲まれた美しいまちとして知られており

こちらの動画ではその素敵な映像が視聴できます。

そんな徳島県・美馬市で、とある自給自足の大家族に密着するそうです。

スポンサードリンク

廣川家の徳島県・美馬市の自給自足生活!3時のヒロイン

登場するのは、これでに2度特集が組まれた徳島県・美馬市の山奥の集落に、犬、猫、ヤギ、ウサギ、ニワトリなどあわせて20匹以上の動物と暮らしている、父と母そして3男1女の6人家族「廣川家(ひろかわけ)」

「廣川家(ひろかわけ)」は、築140年を経過した古民家をリフォームし、昔ながらの自給自足生活を送っています。

なんとガスの設備はなく、山で薪を拾い薪を割り、ご飯をかまどで炊くという生活。

自然の中でタケノコを掘り、魚を釣る程度ならわかりますが、調味料まで自給自足。

ちょっとした田舎生活を一週間程度味わうくらいならときめきますが、

実際、その自給自足の生活を行うとなるとかなり大変そうですよね。

例えば、廣川家(ひろかわけ)は酢は渋柿で作り、しょうゆは川魚から。さらに、味噌も手作りなんだそうですよ。

そして、かなりワイルドなのは鹿やイノシシを銃で撃ち、その肉を食材としているということ。

過去の放送では、廣川家(ひろかわけ)のワイルドな自給自足な生活をしていることに対し、親が子供に対し価値観を押し付けている

といったような意見も出るほどとっても凄い生活を送っている様子が放送されました。

スポンサードリンク

肉醤(ししびしお)作りに密着!鹿肉を発酵させた醤油とは?

今回の坂上どうぶつ王国は、これまでになく廣川家(ひろかわけ)のワイルドな狩猟生活、調味料づくりに焦点を当てて紹介されます。

特に、捕獲した鹿の肉を発酵させて作る“肉醤(ししびしお)”という醤油を作っているそうで

廣川家(ひろかわけ)の子どもたちも大好物なんだそう。

確かに、魚醤というように、タンパク質の魚から作る醤油があるのでなんとなく理解はできそうですが

“肉醤(ししびしお)”という鹿の肉を発酵させた醤油かなり危険な香りがしますよね・・笑

いったい、廣川家(ひろかわけ)が作る鹿の肉を発酵させた醤油“肉醤(ししびしお)”とはどのようなものなのでしょうか。

また、鹿の肉を発酵させた醤油“肉醤(ししびしお)”の作り方や味は公開されているのでしょうか。

簡単にチェックしてみました。

肉醤(ししびしお)は鹿の肉を発酵し作る醤油!廣川家の作り方動画は?坂上どうぶつ王国

坂上どうぶつ王国で「3時のヒロイン」が1日ホームステイをして紹介してくれる

捕獲した鹿の肉を発酵させて作る“肉醤(ししびしお)”という醤油。

その作り方を動画でご紹介します。

肉醤(ししびしお)鹿の肉を発酵させてつくる廣川家(ひろかわけ)の醤油の作り方を動画で

自給自足をしている廣川家(ひろかわけ)はガス環境もないのに実は、公式ユーチューブを持つという不思議な家族。

現在、廣川家(ひろかわけ)の公式ユーチューブの登録者は3000人と収益化の1000人を超えているため

立派なユーチューバーとしてその自給自足生活を動画配信しています。

そのなかで、捕獲した鹿の肉を発酵させて作る“肉醤(ししびしお)”の作り方が動画で公開されていました。

かなり生々しい鹿肉の内臓の加工の様子が動画として公開されていますので、

抵抗がある方は動画自体の視聴は差し控えていただければと思います。

それでは、公開されている捕獲した鹿の肉を発酵させて作る“肉醤(ししびしお)”の作り方の動画はこちら。

スポンサードリンク

“肉醤(ししびしお)”の作り方!生々しい動画が苦手な方はこちら

鹿の肝臓や腎臓、心臓、肺臓、大動脈、脾臓、横隔膜、などありとあらゆる内臓を細かく切っていきます。

細かくした内臓を水につけて血抜きをし、水を何度か変えながら血抜きをします。

しっかり血抜きした内臓と海水から作った肉の2割程度の塩を混ぜ合わせます。

3年ほど常温で寝かせます。

その間何度かかきまぜた方が良いですが、廣川家(ひろかわけ)の作る鹿の肉を発酵させて作る“肉醤(ししびしお)”は

そのまま放置し、虫が入らないようにビニールで閉じているそうです。

3年寝かし、絞ります。

麹を入れると発酵が早く、進むそうですが保存性が下がるそうで使用していません。

砂糖を入れても美味しいそうですよ。

布袋に入れて圧をかけずに重力に任せておくと、最初は濁った肉醤が次第に澄んでいきます。

廣川家では、集落の人に頂いたジャッキと木桶で圧搾機を作ったそうですよ♪

そして絞った肉醤を80度で十分間火入れして完成!

実際に動画を視聴してみるとわかるように、出来上がった醤油は一見普通の薄口しょうゆのようです。

肉醤(ししびしお)の味は?自給自足生活の現在は?

内臓の消化酵素がタンパク質をうまみ成分であるアミノ酸やペプチドに分解し、独特のコクと風味ある肉醤ができあがります。

好みはありますが、肉醤よりも使いやすいそうです。

タレ、炒め物、煮物、スープなど万能!

漬けこむ前の血抜きをすることが美味しく作るポイントなんだそうです。

上記動画では、うどんを作り肉醤をかけて食べている様子が流れています。

まとめ

020年6月26日(金)  19時00分~21時55分に放送される

坂上どうぶつ王国3時間SP

【大人気!徳島どうぶつ大家族に3時のヒロイン潜入】と題し

徳島県・美馬市の山奥の集落で、動物29匹と7人大家族

廣川家(ひろかわけ)の作る鹿の肉を発酵させて作る“肉醤(ししびしお)作りについてご紹介しました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です