人生の楽園ピアノ調律師は大阪市鶴見区ミヤモト楽器!事務所の場所や電話番号連絡先は?生演奏&生歌唱や花苗プレゼント

こんにちは。

2020年3月21日(土)  18時00分~18時30分に放送される

人生の楽園 おとんはピアノ調律師~大阪市

大阪市鶴見区で、定年退職後に若き日の夢をかなえてピアノの調律師になり『ミヤモト楽器』をオープンした宮本教三さん(68歳)と、それを支える妻でピアノ講師の壽賀子さん(70歳)の物語が放送されます。

スポンサードリンク

人生の楽園にピアノ調律師『ミヤモト楽器』大阪市鶴見区の宮本教三さんが登場!

人生の楽園では、これまでの人生の一区切りをつけ、また新たな第二の人生を踏み出した方々の人生の楽園を紹介してくれます。

自分だったらどんな人生を歩んでいきたいかなぁと人生の楽園を自分の人生を見直すきっかけにしてとても楽しみに視聴しています。

さて、今回人生の楽園の舞台となるとのは、大阪市鶴見区。

地図で大阪市鶴見区の場所を確認してみるとこのあたりです。

鶴見区(つるみく)は、大阪市を構成する24行政区のうちのひとつで、最も東に位置する区。

大阪の中では比較的治安もよく住みやすい地域として認知されているようでですね。

そんな大阪市鶴見区で人生の楽園の主人公として登場するのが、定年退職を迎え

ピアノ調律師になるという昔からの夢をかなえた宮本教三さんです。

人生の楽園の番組予告によると、年上の奥様の賀子さんはピアノ講師としてご活躍されており

ピアノ調律師のご主人と二人三脚で素敵なサービスを提供しているんだとか。

今回の人生の楽園の主人公、大阪市鶴見区でピアノ調律師としてご活躍する宮本さんについて

簡単にその経歴や、依頼先となる事務所の連絡先・電話番号など公開されているのかチェックしてみました。

スポンサードリンク

人生の楽園のピアノ調律師『ミヤモト楽器』wiki経歴プロフィール!

人生の楽園の主人公である宮本さんは、なぜ大阪市鶴見区でピアノの調律師になることを夢見ていたのでしょうか。

その経歴をチェックしてみたいと思います。

宮本教三さんは、地元の大阪で18歳の時に電子楽器の会社に勤務します。

仕事の内容は電子ピアノの営業やエンジニアでしたが、その技術を磨くため

専門学校に通い、ピアノの調律を学び、次第にその調律の世界の魅力に惹かれていきました。

ある日、ピアノ奏者として勤務先に訪れた女性と出会い、恋に落ちます。

それが現在の奥様、壽賀子さん。

調律師の技術を磨くかたわら、壽賀子さんからピアノの演奏についても学び続けたそうです。

そんな人生の楽園の主人公、宮本教三さんですが、実は奥様とのご結婚はとても大きな障壁があったそうですよ。

奥様の母親は当初、お二人のご結婚に対し大反対!

母親が出した条件は、「大学を出て、安定した職業に就く」ことでした。

宮本教三さんはその条件を受け入れ、猛勉強の末に、音楽大学に入学し見事中学校の音楽教師となったそうです。

音楽の演奏家として活躍していたということもあるので、奥様のご家庭はとても上品なご家庭で現実的に娘の安定的な幸せを望んでいたんでしょう。

それに答えたご主人さんも素敵ですよね♪

そんな人生の楽園の主人公である宮本教三さんですが、音楽の教師となったのちも子どものころからの夢、調律師を失うことはありませんでした。

退職後、ついに2016年に大阪市鶴見区の自宅で調律師兼楽器店として、人生の楽園『ミヤモト楽器』をオープンし長年の夢をかなえました。

スポンサードリンク

人生の楽園のピアノ調律師『ミヤモト楽器』大阪市では生演奏&生歌唱!さらに花苗プレゼントも

人生の楽園の主人公である大阪市鶴見区でピアノの調律師として「ミヤモト楽器」をオープンした宮本教三さん。

大阪市鶴見区の自宅を拠点として、ピアノの調律の依頼を受けているようです。

ピアノの調律師といえば、音楽的原理に基づいた基本的な音程をつくる調律をはじめとして

最もよい状態で音が出る楽器に仕上げるための整調、イメージ通りの微妙な音色を創り出す整音など

音楽の知識や音感など総合的な音楽の力が問われる仕事ですよね。

しかしそれだけでなくミヤモト楽器では、サービスとしてピアノの弾き語りやお花の苗のプレゼントもしているそう。

生演奏と生歌唱がついてくるということで、一度依頼をしたら忘れられずもう一度ピアノの調律をしてほしいこと間違いありませんよね。

また、「ミヤモト楽器」の名前のとおり楽器の販売も行っています。

中古ピアノの買取りを行っており、人生の楽園・大阪市鶴見区の自宅はピアノだらけなんだそうです(笑

幼稚園の作曲依頼も舞い込むという、不思議なピアノの調律師。

ぜひとも大阪でピアノを所有している方はその連絡先など知りたいですよね。

いったいその事務所の連絡先。・場所はどこにあるのでしょうか。

 

大阪市/人生の楽園のピアノ調律師『ミヤモト楽器』の場所や連作先はどこ?電話番号は?

人生の楽園の主人公である大阪市鶴見区でピアノの調律師として「ミヤモト楽器」をオープンした宮本教三さん。

その連絡先・電話番号は公開しているのでしょうか。

調べてみたところ、その事務所の住所や電話番号は公開されていないようです。

おそらく自宅を事務所として事業を行っているので、プライバシーの関係上公開していないのではないでしょうか。

きっと、口コミでそのすばらしさが広がっている状況なんでしょうね。

人生の楽園の番組予告の口コミでは、ミヤモト楽器・宮本教三さんのピアノの弾き語りサービスに対し

「本格的!」「ピアノも喜んでいる」と大好評なんだそう♪

所有しているピアノにもう一度息を吹き返してくれるピアノの調律師って素敵なお仕事ですよね。

これからもお仕事を楽しんでください♪

まとめ

2020年3月21日(土)  18時00分~18時30分に放送される

人生の楽園 おとんはピアノ調律師~大阪市

大阪市鶴見区で、定年退職後に若き日の夢をかなえてピアノの調律師になり『ミヤモト楽器』をオープンした宮本教三さん(68歳)と、それを支える妻でピアノ講師の壽賀子さん(70歳)の物語についてまとめてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です