スポンサードリンク

柾屋美緒まさやみお医師は岩手県普代村おらが村の名医!年齢、結婚や子供、経歴学歴大学は?

こんにちは。

2019年12月3日(火)  19時00分~20時54分に放送される

名医とつながる!たけしの家庭の医学

驚きビフォーアフター頭痛めまい改善&村名医

台風19号で陸の孤島となった岩手県・普代村で生まれ故郷を絶対に無医村にしないと奮闘する医師・柾屋美緒(まさやみお)さんが登場します。

スポンサードリンク

柾屋美緒(まさやみお)医師が岩手県・普代村でおらが村の名医・たけしの家庭の医学に登場!

「健康寿命」にスポットを当て、「元気で長生きするために」今からやっておくべき、今知っておくべき情報を、どこよりも早く、どこよりも丁寧にご紹介する番組

名医とつながる!たけしの家庭の医学!

今回は、生まれ故郷を無医村にしない!村民の命と健康をたった1人で守る若き女性医師に密着という企画で

岩手県・普代村で生まれ故郷を絶対に無医村にしないと奮闘する柾屋美緒(まさやみお)医師が登場します。

柾屋美緒(まさやみお):普代村国民健康保険診療所所長

今回おらが村の名医の舞台となるのは、岩手県・普代村。

地図で確認すると、このあたり。

岩手県普代村は岩手県の海沿いで、リアス式海岸を持つ美しい場所として知られています。

しかしかつて震災を受け、現在は2600人が居住しています。

そんな岩手県普代村で村の健康を支える唯一の診療所「普代村国民健康保険診療所」の医師として働いているのが柾屋美緒(まさやみお)医師というわけです。

人手が不足しているため医師、技師、薬剤師といった役割を一人で担っているそうです。

凄いですよね。

そんな名医とつながる!たけしの家庭の医学!の番組予告を見ると、柾屋美緒(まさやみお)医師はかなりお若くて美人な方のようです。

いったいなぜ、柾屋美緒(まさやみお)医師は岩手県普代村で診療所の所長となろうと思ったのでしょうか。

こちらの記事では、名医とつながる!たけしの家庭の医学!のおらが村の名医企画に登場する、柾屋美緒(まさやみお)医師の経歴やプロフィール、診療所の場所、結婚して子供は?家族は?などの情報についてまとめてみました。

それでは行ってみましょー!

スポンサードリンク

柾屋美緒(まさやみお)医師のwiki経歴プロフィール!岩手県・普代村のおらが村の名医

名医とつながるたけしの家庭の医学のおらが村の名医企画に登場する、岩手県普代村の診療所の所長として働く柾屋美緒(まさやみお)医師。プロフィールや経歴をご紹介します。

柾屋美緒(まさやみお)医師wikiプロフィール

  • 名前:柾屋美緒(まさやみお)
  • 職業:医師(診療所所長)
  • 勤務場所:普代村国民健康保険診療所
  • 出身:岩手県普代村

ご年齢は、2016年3月6日の動画で33歳と表記されていましたので現在は36歳~37歳と思われます。

柾屋美緒(まさやみお)医師の経歴

名医とつながるたけしの家庭の医学のおらが村の名医企画に登場する、岩手県普代村の診療所の所長として働く柾屋美緒(まさやみお)医師の経歴をご紹介します。

医師を目指したきっかけ、ホスピス医へ

柾屋美緒(まさやみお)医師は、診療所がある岩手県普代村出身。

そのため、幼い頃からこの普代村国民健康保険診療所にお世話になっており、存在の重要性を感じていたそうです。

そんな柾屋美緒(まさやみお)さんが医師を志したのは小学校5年生のときに、祖父喜代治さんを食道がんの末期で亡くしたことがきっかけでした。

柾屋美緒(まさやみお)さんは、字を教えてもらったのも時計の読み方もすべて祖父とおじいちゃん子で大好きでした。

しかしその祖父が食道がんの末期の治療による副作用で苦しみながら亡くなって行く姿を目の前で見て、本当に祖父らしい最後だったのかと悔しく思うようになりホスピスドクターになりたいと思うようになります。

ホスピスとは、悪性腫瘍等で治療が困難になった患者が尊厳を持って過ごしていけるように支援していく緩和ケア病棟のこと。

最低限痛みをとる治療緩和医療に興味を持ち、岩手にホスピスがないということでホスピス医になり、岩手にホスピスを作りたいと思うようになったそうです。

岩手大学医学部卒業後、普代村国民健康保険診療所へ

また、柾屋美緒(まさやみお)医師には、過疎化高齢化が進む普代村を無医村にしたくないという想いがありました。

医師になったらいつかは幼い頃からお世話になった診療所に来て少しでも地元に貢献したいという思いがあったそうです。

そこで、柾屋美緒(まさやみお)医師は岩手医科大学を卒業後、臨床研修医として2年間、その後岩手医大の糖尿病代謝内科で1年間の経験を経て、生まれ故郷の普代村の診療所の所長になったそうです。

そんな柾屋美緒(まさやみお)医師、いや東北に住む多くの方々にとってにとても大きな試練が襲います。

故郷への赴任が決まり実家に戻ってきた直後に震災に見舞われたのです。

しかし、柾屋美緒(まさやみお)医師は震災があったからこそやるしかないという想いで2011年4月に、まだ28歳という若さで17代目の診療所長として赴任。

一人しか医師がいないので外科や内科など全領域に及ぶため果たして自分の力でできるんだろうかという不安は大きかったそうですが、住民の方も一番大変な時期で、やるしかないという気持ちのほうが大きく、ともに歩んできたと答えられています。

スポンサードリンク

柾屋美緒(まさやみお)医師が岩手県普代村で目指すものとは!たけしの家庭の医学のおらが村の名医

名医とつながるたけしの家庭の医学のおらが村の名医企画に登場する、岩手県普代村の診療所の所長として働く柾屋美緒(まさやみお)医師。

岩手県普代村の診療所の所長としてどのような治療を行われているのでしょうか。

番組では、柾屋美緒(まさやみお)医師が午前中に40人もの患者を診療する様子が放送されます。

なんと、着任後は昼食を外食したことが一度もないんだとか。

過去のインタビューでは、

28歳という若さで診療所の所長となり、そんな未熟な自分をサポートしてくれたスタッフ、また患者さんにも育ててもらったと感謝の言葉を述べられています。

患者さんにも育ててもらったとはどういう意味か、他の動画も拝見すると

岩手県普代村の診療所に来て初めて人を看取るということを知った。
人が老いていく過程、亡くなっていく過程を訪問診療所を通じて学んでいった。
患者だけ見ても把握できないが、背景にあるものも含めて家族をサポートしていきたい。

とも述べられていました。

 

このように、地域に根付き本当に求められている医療を提供する地元出身の柾屋美緒(まさやみお)医師がいるということはこの岩手県普代村の方々にとって本当にありがたいですよね。

柾屋美緒(まさやみお)医師は、インタビューで

健康寿命を伸ばして元気で過ごしていただくためにリハビリの充実を図り、リハビリをしていく中で診療所をコミュニティエリアのような形にしていきたい。

そして、行政と介護と医療を連携してやっていけたらと思っていると述べられていました。

柾屋美緒(まさやみお)医師の診療所「普代村国民健康保険診療所」の場所は?たけしの家庭の医学のおらが村の名医

名医とつながるたけしの家庭の医学のおらが村の名医企画に登場する、柾屋美緒(まさやみお)医師が働く「普代村国民健康保険診療所」の場所をご紹介します。

普代村国民健康保険診療所は、旧診療所(昭和30年開設)平成3年に現在の場所に新築移転されました。

  • 普代村国民健康保険診療所
  • 岩手県下閉伊郡普代村第10地割羅賀4−1

診療所から40分ほどのところに県立久慈病院があります。

柾屋美緒(まさやみお)医師は、普代村国民健康保険診療所で一人で治療ができるのも研修医として過ごした地域の中核病院「久慈病院」の存在が大きいと述べられています。

久慈病院で糖尿病外来としても働いていらっしゃり、連携して地域医療を支えていらっしゃるようです♪

スポンサードリンク

柾屋美緒(まさやみお)医師は結婚して子供は?家族は?

名医とつながるたけしの家庭の医学のおらが村の名医企画に登場する、岩手県普代村の診療所の所長として働く柾屋美緒(まさやみお)医師。

ご結婚して子供さんはいらっしゃるのでしょうか。家族構成はどのようなもので医療関係者などいらっしゃるのでしょうか。

調べてみると、柾屋美緒(まさやみお)医師は三姉妹の長女で、特に医療関係者はご家族にはいらっしゃらないそうです。

柾屋美緒(まさやみお)のお父さんはなんと普代村の村長として働かれているようです。

また、名医とつながるたけしの家庭の医学のおらが村の名医の予告では、シングルマザーとして紹介されています。

子供さんが産まれてしばらくして離婚を経験し、現在はご実家のお母様とともに9歳になる子供さんを育てられているようですね。

なんと、今年同じ礼さんと再婚され、来年1月に出産予定なんだそうです!

おめでとうございます♪

産休中は、代わりの先生が来てくれるそうで番組ではそのために細かなカルテの作成する様子が放送されました。

こんなに患者のことを考えてくれるなんて嬉しいでしょうね♪

同番組で放送された「コマ体操」の方法はこちら♪

コマ体操(頭痛体操)で頭痛改善?!肩こりからの頭痛に効く体操も!名医とつながる!たけしの家庭の医学

まとめ

2019年12月3日(火)  19時00分~20時54分に放送される

名医とつながる!たけしの家庭の医学

驚きビフォーアフター頭痛めまい改善&村名医

台風19号で陸の孤島となった岩手県・普代村で生まれ故郷を絶対に無医村にしないと奮闘する医師・柾屋美緒(まさやみお)さんについてまとめてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です