スポンサードリンク

人生の楽園/かつお節職人(静岡御前崎市)手火山式製法本枯れ節通販お取り寄せ!のマルミツ鰹節店の澤入広美さん

こんにちは。

2019年9月21日(土)  18時00分~18時30分

人生の楽園

香り受け継ぐかつお節職人~静岡・御前崎市

江戸時代から続く“手火山式(てびやましき)”製法を受け継ぎ、かつお節作りを始めた澤入広美さんが登場します。

スポンサードリンク

人生の楽園のかつお節職人(静岡県御前崎市)は手火山式(てびやましき)製法本枯れ節のマルミツ鰹節店の澤入広美さん!

「自分にとっての人生の楽園」を見つけ、充実した第二の人生を歩む人たちの暮らしぶりを紹介する番組、『人生の楽園』。

毎回、『人生の楽園』では魅力的な第二の人生を紹介してくれ、自分の生き方を見直すきっかけになるかたもいるのではないでしょうか。

さて、今回『人生の楽園』に登場するのは、父の入院をきっかけに農協を早期退職し、江戸時代から続く全国的に希少な“手火山式(てびやましき)”製法を両親から受け継いで、静岡県御前崎市で本枯節のかつお節作りを始めた澤入広美さん(59歳)と、それを支える妻の登代子さん(59歳)。

ん?「手火山式(てびやましき)」?聞いたことがない言葉ですね。

人生の楽園の番組予告によると、静岡県御前崎市にある「マルミツ鰹節店」のかつお節職人澤入広美さんは、まきをたいてせいろでいぶす作業を何度も繰り返し、カビを付けて天日で干して熟成させる方法なんだそうです。

その要する時間は、なんと6ヶ月以上!

手火山式(てびやましき)製法の本枯節の鰹節とはとても手間暇がかかる鰹節の作り方なんですね。

日本独自の繊細な味わい。先人たちが残してくれた、大いなる遺産鰹節。

鰹節というとパックに入った一般的には削ったかつお節のことを指しますよね。

しかし、あえてかつお節をご自身で削って利用されている料理通の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

包装技術が進み、「削りたて」とほぼ遜色がない状態で品質を維持しながら、 削り節を流通させる事が出来る気密包装を施すのですが、やはり「削りたて」の味・香りには劣んですよね。

人生の楽園に登場する手火山式(てびやましき)製法の本枯節の鰹節制作の職人がひとつひとつ手作りで長い時間をかけ作り上げ、香り、味、形、色、全てにこだわり抜いた鰹節を自分の手で削って食すと、どれだけ鰹節の旨味が素晴らしいんでしょうか?!

ぜひとも味わってみたいですよね。

気になったので、人生の楽園に登場する静岡県御前崎市にあるマルミツ鰹節店のかつお節職人の澤入広美さんが作る手火山式(てびやましき)製法本枯れ節の鰹節について調べてみました。

スポンサードリンク

人生の楽園のかつお節職人(静岡県御前崎市)澤入広美さんがマルミツ鰹節店で手火山式(てびやましき)製法本枯れ節を作るまでの経歴は?

人生の楽園に登場する手火山式(てびやましき)製法本枯れ節の鰹節を作る静岡県御前崎市にあるマルミツ鰹節店のかつお節職人の澤入広美さん。

その経歴を追ってみたいと思います。

かつお節職人の澤入広美さんがいらっしゃるのは、静岡県御前崎市。

地図で確認すると、このあたり。

人生の楽園に登場する手火山式(てびやましき)製法本枯れ節の鰹節を作る澤入広美さんが住む静岡県御前崎市は、明治の初めから鰹の町として発展してきた漁師町なんだそうです。

御前崎海鮮なぶら市場には、御前崎港に水揚げされる海産物をはじめ、全国から直送された海産物がとどきます。

その中でもかつおは特に有名で、「御前崎生かつお」は、春先から初夏にかけて黒潮に乗り静岡県沖を北上する初鰹の群れを伝統的漁法である一本釣により漁獲する事で魚に与えるストレスも少なく、凍結処理も施さないため「初かつお」本来の味が堪能できるんだとか。

その日の内に市場に水揚げされるなど鮮度も良く、全国的にも高い評価を受けています。

そんなかつおの町、静岡県御前崎市で人生の楽園に登場する澤入広美さんが、手火山式(てびやましき)製法本枯れ節の鰹節の作り方を学び始めたのは5年ほど前のこと。

もともとご両親がマルミツ鰹節店を経営されていらっしゃって、そのあとを継いだんだそうです。

 

人生の楽園に登場する手火山式製法本枯れ節の鰹節を作る静岡県御前崎市にあるマルミツ鰹節店のかつお節職人の澤入広美さん

その人生を追って見ると・・・

 

釣り好きだった澤入広美さんは、高校卒業後調理師の道に進みホテルの調理場で働き始めます。

23歳の時に奥様とご結婚し、農協に転職されます。

その後54歳まで農協の職員として働き続けますが、お父様がご病気になり、手火山式製法本枯れ節の鰹節を作るマルミツ鰹節店のことを考えます。

この貴重な日本伝統の手火山式製法本枯れ節の鰹節を自分の代で、なくしてはならないと思い立ち、農協の職員から実家のマルミツ鰹節店を次ぐ決心をされました。

きっとご両親の背中を見て育ってこられたので、いつかは自分の代になると思いながら働かれていたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

手火山式(てびやましき)製法本枯れ節の鰹節って何?人生の楽園のかつお節職人(静岡県御前崎市)澤入広美

人生の楽園に登場する静岡県御前崎市にあるマルミツ鰹節店のかつお節職人の澤入広美さんが作る手「火山式(てびやましき)製法本枯れ節」の鰹節。

いったい「火山式製法本枯れ節」の鰹節とはどのようなものなのでしょうか。

調べてみると、そのかつお節の作り方の歴史は古くなんと発明されたのは江戸時代!

鰹を燻す火を職人の手で調整する方法で、完成まで6か月間を費やします。

火山式(てびやましき)製法では、常に手で火をはかりながら鰹節にあたる熱量を均等に調整していきます。

「手」で熱をはかり火を調整していく事から「手火山」の名前が付いたと言われます。

そして荒節が完成し、乾燥の段階に入ると、表面を削りカビ菌を付けて室に入れます。

荒節の水分をカビが吸い取り、そのカビを天日干しで殺し、また新たにカビを付ける。

この作業を繰り返すことで、水分がなくなり味が凝縮されていくんだとか。

この火山式製法は、鰹節を最も美味しくする焙乾方法の1つと言われていますが、最も効率が悪く
最も危険な焙乾方法とも言われているんだとか。

130度をこえる火に手を当て温度を調節しながら焼くのでそう言われるのもわかりますよね。

現在、手火山式焙乾製法で本枯れの鰹節を作っているのは、日本でも4~5店舗程しか無いと言われており手火山式焙乾製法は、幻の製法と呼ばれています。

しかし、その反面味の良さは他のかつお節と段違いに美味しいそうで、雑味が少なく、香りが強いのが特徴。

人生の楽園の手火山式鰹節の通販お取り寄せで購入は?

人生の楽園に登場する静岡県御前崎市にあるマルミツ鰹節店のかつお節職人の澤入広美さんが作る手「火山式製法本枯れ節」の鰹節。

その味の口コミなどを見てみると・・・


手火山式製法の本枯節の鰹節制作の職人がひとつひとつ手作りで長い時間をかけ作り上げ、香り、味、形、色、全てにこだわり抜いた鰹節ぜひとも通販でお取り寄せして購入してみたいですよね。

そこで楽天で、手火山式製法の本枯節の鰹節の通販お取り寄せを探してみました♪

こちらは、かつお節のみの通販お取り寄せとなっております。

 

 

 

 

 

こちらは、ふるさと納税での通販お取り寄せですね♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】田子丸の「手火山式鰹本枯れ 田子節詰め合わせ」
価格:10000円(税込、送料無料) (2019/9/21時点)

楽天で購入

 

 

 

こちらは、削り機とのセットのかつお節のセットです♪

 

 

まとめ

2019年9月21日(土)  18時00分~18時30分

人生の楽園

香り受け継ぐかつお節職人~静岡・御前崎市

江戸時代から続く“手火山式”製法を受け継ぎ、かつお節作りを始めた澤入広美さんについてまとめてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です