スポンサードリンク

 

 

へそ大根を青空レストラン宮城県丸森町ひっぽから通販お取寄せは?乾燥冷凍干し大根!

こんにちは。

2020年1月11日(土)  18時30分~19時00分 に放送される

満天☆青空レストラン【へそ大根って何!?唯一無二の極上食感がクセになる!!】

宮城県丸森町の伝統食材の大根「へそ大根」が登場します。

スポンサードリンク

へそ大根(宮城県丸森町ひっぽ)は青空レストランに登場する干し大根!

宮川大輔が美味しい食材を求めて日本全国を飛び回る! 青空レストラン。

日本各地のおいしい料理・食材が紹介され、ついつい翌日の晩御飯が同じメニューになることもw

通販お取り寄せして食べたこともあったなぁ~。

さてそんな青空レストランですが、今回の舞台は宮城県丸森町。

地図で場所を確認してみるとこのあたり。

その中でも、今回青空レストランに登場する、干し大根であるへそ大根は、ひっぽ地区と呼ばれるところで作られています。

なんと、筆甫地区(ひっぽ)地区は、高齢化率40%・県内2位の宮城県丸森町、その中でも高齢化率50%を超える場所として「最先端限界集落」とも言われる場所。

そのヒッポ地区を盛り上げようと、現在筆甫の価値をあげていくための「筆甫ブランド」を確立しようという動きがあるようです。

その中核ともなっているのがこの「へそ大根」

ヒッポ地区には、「凍み大根(へそ大根)・凍み餅・凍み豆腐・山菜」など様々な地域特産物があり、その中でも青空レストランのへそ大根がもっとも有名なようです。

スポンサードリンク

へそ大根は(宮城県丸森町ひっぽ)冷凍乾燥干し大根!青空レストラン

青空レストランに登場する、宮城県丸森町の筆甫地区(ひっぽ)地区の伝統食材の「へそ大根」

いったいどのような食材なのでしょうか。

調べてみると、別名「凍み大根」とも呼ばれ、フリーズドライ方式で作られているとっても特殊な干し大根のようです。

この「へそ大根」が作られるのは青空レストランが放送されるまさにこの冬の時期。

宮城県丸森町の筆甫地区(ひっぽ)地区では、地域のお母様方が大根を大量に切り、大鍋で茹でます。

そしてその茹でた大根を、串に挿して寒い空気にさらし、約一ヶ月。

「へそ大根」と呼ばれる所以はその串が刺さっていた穴がおへそに見えることからのようですね。

このへそ大根は、青空レストランの舞台である宮城県丸森町の筆甫地区(ひっぽ)地区で作られている理由は、寒暖差と乾燥した空気がこの地区にマッチしているからなんだそうですよ。

宮城では大根の保存食である山奥の高地が生んだ凍み大根「へそ大根」 は、 凝縮した旨味と歯応えが自慢です。

縦切りと輪切りの凍み大根があるそうですが、今回青空レストランにも登場する輪切りにして干した凍み大根(へそ大根)はフワフワの食感が、たまりません!

ぬるま湯で30分戻したへそ大根、厚揚げ、人参、糸こんにゃく、水、のだしをを炊飯器に入れて調理すると絶品とのレシピもありました。

ちなみに、今年の凍み大根(へそ大根)は、丸森町筆甫地区は台風19号の影響で浸水や土砂が流れ込むなどして、ダイコン畑も被害を受けたそうです。

しかし、ボランティアで、大学生が特産品作りを手伝うなどして、生産量は例年の半分近くに落ち込んだようですが、とっても美味しいへそ大根ができたそうですよ。

それも、自分たちで育てた青首大根を輪切りにして茹で、. 朝の気温が氷点下になる冬に1カ月間、. 天日干しするという手間暇を惜しまないからなんでしょうね!

青空レストランでは、煮物・グラタンスープなど、へそ大根を使ったアイデアレシピが続々登場するようです。

見逃せませんね♪

スポンサードリンク

青空レストランのへそ大根を通販お取寄せは?

青空レストランに登場する宮城県丸森町の筆甫地区(ひっぽ)地区の伝統食材の「へそ大根」は通販お取寄せで取り寄せることはできるのでしょうか。

 

ほかにもへそ大根のような、乾燥大根は全国各地にあるようです!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です