スポンサードリンク

埼玉・入間市一杯5000円作るのは誰?お茶の通販お取り寄せは?ごはんジャパン狭山茶の比留間嘉章(ひるまよしあき)

こんにちは。

2019年6月1日(土)  18時30分~18時56分に放送される

ごはんジャパン 本物を探す旅へ~埼玉県入間市 日本の銘茶でパン作り~

今注目のパン職人・伊原靖友さんと潮田玲子が、

お茶の名産地、埼玉県入間市を訪問します。

伊原さんがこれまでにないお茶とコラボレーションしたパンを焼きあげるそうなんですが

そこに登場するお茶が衝撃的です!

なんと一杯5000円するそうです。

スポンサードリンク

埼玉・入間市一杯5000円のお茶を作るのは誰?狭山茶ごはんジャパン

 

埼玉県入間市へ向かい、

“極茶人(ごくちゃにん)”と呼ばれ、

茶師の最高栄誉とされる農林水産大臣賞を7度も受賞している

全国手もみ茶振興会の会長の茶畑へ。

その方のお名前は、狭山茶の比留間嘉章(ひるまよしあき)

そこでとれる丁寧に手摘みされた極上の茶葉は

3グラムあたりなんと5000円という超高級品なんだそうです。

スポンサードリンク

埼玉・入間市一杯5000円のお茶の通販・お取り寄せは?ごはんジャパン

極上茶仕掛け人こだわりの狭山茶を提供してくれる

比留間嘉章(ひるまよしあき)さん、

極上手もみ茶、花香や熟果香のある微発酵煎茶や半発酵茶など

魅力的なお茶を製造し、直接販売されているようです。

通販・お取り寄せはこちらのサイトで購入できるようですね。

https://gokuchaninshop.cart.fc2.com/

そこには、日本で一番高級なお茶と題して

価格:5,400円で3グラム販売されていました。

おそらくこれが一杯5000円のお茶なんでしょうね!

全国手もみ茶振興会 【18期茶聖】

埼玉県 中島毅作

第26回全国手もみ茶品評会で農林水産大臣賞を受賞した日本一の手もみ茶です

日本一の手もみ茶は全国手もみ茶品評会において1等1席に輝いた茶・・・出品量目400g、熟練した茶師が2日間かけて作り上げる芸術品です・・・入札販売会では審査に使用されなかった300gだけが販売されるという超限定品

当ショップだけの独占販売です!!

氷点下60℃冷凍保存

3gアルミ和紙袋

スポンサードリンク

萎凋香(いちょうか)茶葉にストレスを与え花の香!ごはんジャパン

 

茶葉にストレスを与えることで、花の香のお茶を作っているようです。

緑茶以外のお茶にも関心を持っていた、比留間さん。

日焼け止めのマシンを茶葉に当ててみた処味が変わったそうです。

 

機械に改良を重ね、UVT-HIRUMAを開発されます。

茶工房 比留間園
[ 極茶人 ]こと、比留間喜章さん。

長く萎凋のお茶を作ってこられた経験・知識による知識が

独自に開発したこちらの機械を生み出しました!

こちらの方も言われていますが

揺精機と紫外線による萎凋機で青い光がカッコイイですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【極茶人】 少し前のことになりますが、埼玉県入間市を訪れまして、ようやくお会いする事ができました。 茶工房 比留間園 [ 極茶人 ]こと、比留間喜章さん。 茶業界では超有名人。 萎凋させた茶の草分け的存在。 いえ、手揉み品評会の上位常連だったりと、もちろん萎凋だけの方ではないのですが、香り緑茶を作る上で、是非ともお話をしたいと思っていました。 「お茶のためには寝ない、マジで」なんて聞いていたものですから、どんな寡黙で頑固職人なのかと怖々の訪問でしたが… なんて気さくな方なんでしょう。 優しく丁寧に対談してくれました。 内容は書けばキリがないのですが、 長く萎凋のお茶を作ってこられた経験・知識による貴重な考え方が盛りだくさん。 また、独自に開発した機械も見せて頂きました。 写真は揺精機と紫外線による萎凋機です。 青い光がカッコイイ!! (許可を頂いたので掲載) 気がつけば、あっという間の半日。 話は尽きず、後ろ髪を引かれながらのお別れ。 とっても有意義な時間でした。 品種・蒸し・温度・天候・適期 etc… これから香り緑茶を作っていく上でのヒントをたくさん戴くことができました。 香り緑茶 本格製造初年度、1番茶シーズンを前に、 素敵で貴重な出会いに感謝。 ありがとうございました!! 余談。 埼玉県では30年以上前から萎凋香の茶製造に熱心で、県の品評会でも萎凋部門(正確な区分は分かりません)ができるそうですが、そんな話がほとんど伝わってこないのは何故なんでしょう…? (自分が情弱なだけとは思えないレベル) 業界の体質なのかなぁ、 その辺も考えなきゃいけないなぁ、、 #開拓茶農協 #勝間田開拓茶農協 #緑茶 #香り緑茶 #花ここち #静岡 #牧之原 #静岡茶 #牧之原茶 #greentea #shizuoka #茶園 #農園 #茶畑 #萎凋 #萎凋香 #埼玉県 #入間市 #狭山茶 #極茶人 #茶工房比留間園

開拓茶農協さん(@kaitakucha.n)がシェアした投稿 –

烏龍茶のような花の香りで、

口に含むと紅茶のような果実のよう。

そんなお茶を生み出しました。

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です