スポンサードリンク
 

 

デスハラって何?漫画あらすじ作者は?安楽死の法律やネットの反応は?

こんにちは。

こちらの記事では、普段の記事内容を変えて人の死にまつわる話題を取り上げたいと思います。

2019年6月2日、NHKの放送番組でとある番組が放送されました。

「彼女は安楽死を選んだ」

その番組内容は、

去年、一人の日本人女性が、スイスで安楽死を行った。女性は重い神経難病を患い、自分らしさを保ったまま亡くなりたいと願っていた。患者の死期を積極的に早める安楽死は日本では認められていない。そんな中で、民間の安楽死団体が、海外からも希望者を受け入れているスイスで安楽死することを希望する日本人が出始めている。この死を選んだ女性と、彼女の選択と向き合い続けた家族の姿は、私たちに何を問いかけるのか見つめる。

というもの。


最近、過剰な延命措置をせず、人としての尊厳を保った状態でを迎える尊厳死の話題って多いですよね。

クオリティ・オブ・ライフやらリビング・ウィルやら色々と考えることは多いですが、回復の見込みのない病人を苦痛から解放するための人為的な死、安楽死の話題も避けて通れないですよね。

それの是非は置いといて、ペットには安楽死という選択肢が認められています。

我が家もペットを飼っていて、これまで何度も死を受け入れて来たのですが、安楽死を選択したことはありません。

その時を迎えると何度も悩み苦しみます。

それが人間の死となると・・・どんな選択肢をとっても後悔しそう・・

そんなことを考え物思いにふけっていると、

10歩も100歩も未来ことを考え

それを漫画で公開されている方がいました。

その漫画のタイトルは「デスハラ」

気になったので、漫画「デスハラ」をチェックしてみました。

スポンサードリンク

デスハラ漫画が話題に!デスハラって何?

漫画「デスハラ」は、このようにTwitterで

公開されています。

漫画の作者は、「吉田より」さん。

これまでも、「人柱案山子」など考えさせられる漫画の作品を作られています。

デスハラ、略さないで言うと「デス・ハラスメント」

死にたいするハラスメントですよね。

ハラスメントとは、

ハラスメント(Harassment)とはいろいろな場面での『嫌がらせ、いじめ』を言います。 その種類は様々ですが、他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることを指します。

引用:https://www.osaka-med.ac.jp/deps/jinji/harassment/definition.htm

スポンサードリンク

漫画「デスハラ」あらすじ

漫画「デスハラ」のあらすじをざっくりと。

本当にざっくりなので、吉田よりさんの伝えたいことの1億の分の1も伝わらないと思いますので

ご興味がある方は、直接Twitterで漫画デスハラを御覧ください。

本当に深く考えさせられる漫画です。

 

時は20XX年、日本で安楽死が法律で明確に認められた時代を迎える。

当初余命半年の患者限定だったが、

その後、高齢化等の理由により法律の適用が拡大。

安楽死が保険適用可能になり自治体でもそのパンフレットを提供するようになった。

病床で死にたいが死ねない人間がQOLを保つ最期の手段の一つであった安楽死が

「あなたはいつ死ぬの?」と

“他人”から半ば強制されるものへと変化してく。

他人ならば受け流すことはできたとしてもそれが家族ならば・・。

終末医療・介護・痴呆・など様々な問題を抱えるこれからの

未来を暗示するような内容の漫画となっています。

スポンサードリンク

漫画デスハラの作者のTwitterコメント

 

漫画デスハラの作者のコメントを抜粋しています。

海外の尊厳死・安楽死の法律は?

 

追記予定

スポンサードリンク

デスハラ漫画のネットの反応

漫画「デスハラ」のネットの反応をみてみましょう。

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です