田中正則のkyoto京都Banjaバンジャの古民家民宿の場所住所やクチコミ料金など!

こんにちは!

2018年12月22日(土)  18時00分~18時30分に放送される

人生の楽園では、

 

昔話に出てくるような囲炉裏やかまどのある暮らしを体験してもらいたいと、京都市右京区京北地区で古民家農家民宿を始めた田中正則さん(54歳)と、それを支える妻のなみさん(52歳)の物語

が特集されます。

番組予告では、築150年の宿で、

正則さんの田畑で取れた米や野菜をかまどで調理し、囲炉裏を囲んで会話を楽しみながら食事をすることができる素敵な民宿だとか。

さらに、宿泊客の約半数は外国人なんだそうです!

現代の日本では、日本人でさえ体験が難しい、

非日常体験が外国人に評判を呼び、人気がでているんですね!

経営している、田中正則さんや妻のなみさん経歴やプロフィール、

経営している民宿の名前や場所、行き方料金や口コミなど

きになったので調べてみました。

田中正則さんのwiki経歴プロフィール!古民家民宿Banja(バンジャ)を経営

 

古民家民宿Banja(バンジャ)があるのは京都市右京区京北。

古民家民宿Banja(バンジャ)を経営している田中正則さん(54歳)は、

9割以上を山林が占める自然豊かなこの地で、妻のなみさんと20年以上共に住まれています。

元々は、神戸市出身の田中正則さん。

もともと、旅をすることが大好きで、20代はデンマークに留学されました。

その後、海外旅行が趣味となり、

世界各地の文化や地元の方と触れ合いたく、なんと30カ国以上を巡ったそうです。

この旅行の中で、民宿を始めるきっかけとなる疑問が田中さんの中に出てきたそうです。

 

それは「日本人とは何だろう、自分はいったい何者なのか」という疑問。

辿り着いたのは、昔話に出てくるような、平和でシンプルな暮らしを送ること。

日本に帰国してからも日本各地を旅し、京都の京北の地にたどり着きます。

そして、32歳の時、なみさんと出会い結婚。

築数百年以上の古民家に移り、農協で働きながら3人の息子を育てたそうです。

おくどさんでご飯を炊き、囲炉裏を囲んで家族で食事をする毎日はとても充実したものだったそうです。

そのため、お試し移住のつもりが、気づけば20年近くが経過。

田舎に住むうちに、この自然と共にある生き方をみんなに知ってもらいたい

と思い始めるようになり、妻のなみさんと話し合い、民宿をやることを決意!

そして2016年、早期退職して農家民宿『Banja』をオープンされたそうです。

 

妻、田中なみさんのwiki経歴プロフィール!陶芸家「京の実」

夫、田中正則さんの思いがあり共に京都に移住されました。

夫同様割と都会育ちでしたが、田舎で焼き物をしたいという思いや

日本の原風景的な暮らしに憧れがあったので

移住は大賛成だったそうです♪

現在、奥さんは夢だった陶芸家になり「京の実」という屋号で陶芸をされています。

陶芸体験も大人気で、手ろくろでを使い、好きな作品1〜2点を製作するそうです。

京の実の陶芸は囲炉裏や薪ストーブの灰と自家製の藁灰等を調合したオリジナルの灰釉薬を施し、

素朴でやさしい色艶が大人気だそうです♪

料金は一名様  4600円 (+税)

連絡先

  • 陶窯 京の実 田中なみ
  • Tel 075-855-1700
  • Mobile 090-5361-8159
  • E-mail kyounominori@gmail.com


 

京都の古民家民宿Banja(バンジャ)の場所(行き方)や料金や部屋画像クチコミ評判、電話番号!

住所や場所、行き方、アクセス方法、地図、電話番号

 

古民家民宿Banja(バンジャ)への住所やアクセス方法などについてご紹介します。

  • 住所:〒601-0272 京都府京都市右京区京北下熊田町杉ノ谷31

JR京都駅、烏丸口バス乗り場3番より、JRバスで周山まで  約1時間20分(1180円)

京都駅発12:30→ 1:20周山着

  14:00→15:20

  15:30→16:50

  16:30→17:50

    17:30→18:50

​車では162号線を北へ 京都市内から 約1時間

引用:https://www.banja-kyoto.com/contact-review

  • 地図

 

  • 電話番号(Tel)  075-855-1700
  • mobile 090-8932-8269

料金、予約方法

古民家民宿Banja(バンジャ)の宿泊料金(素泊り)は、消費税、京都宿泊税込みで、こちらの価格だそうです。

  • 二名  22000円
  • 三名  26520円
  • 四名  33200円
  • ​五名  33400円

 

古民家民宿Banja(バンジャ)の宿泊基本料金には食事は含まれていませんが、

「囲炉裏で網焼きセット・朝食付き」もオプションでつけることができるそうです。

料金は、1名様 ¥4,500(+消費税 8%)

素泊り料金に人数分を加算されるそうです。

​民宿に宿泊する以上、この民宿に泊まる以上囲炉裏での食事をしない方は少ないと思いますので

2名で約32000円くらいと考えていたほうがいいですね♪

なお、食材の持ち込みもOKみたいです。

公式ホームページやじゃらんなどから予約が可能です。

部屋画像

古民家民宿Banja(バンジャ)の参考画像です。

日本古来のとっても懐かしい雰囲気がただよってますよね♪

外国人に人気なのも納得です!

https://www.banja-kyoto.com/

クチコミ、評判

予約サイトBooking.comから引用し、ご紹介します。

ちょっと極端かもしれませんが映画「となりのトトロ」や
「この世界の片隅に」のような古き良き日本の生活を体験できます。
かまどでご飯を炊いたり、囲炉裏で魚を焼いたり。
非日常を体験できる楽しさがありました。

 

囲炉裏が最高でした。貸し切りで子供連れには安心です。

 

囲炉裏で食べる晩御飯が最高にいい!
6月始めからホタルが近くを飛び交っており 雰囲気もいいところでした!

 

食事(朝食・夕食)は囲炉裏やかまど!部屋

 

冬の寒い季節には、この鍋はタマラナイでしょうね(笑)

 

 

 

人生の楽園に出演!猪鍋の猪肉が美味しそう!

 

人生の楽園では、イノシシ鍋を作る様子が放映されるようです。

他にも、アマゴとナメコもスタッフに好評だったようですよ!

 

 

 

Banjyaのフェイスブック(facebook)インスタ、ツイッター(Twitter)、ブログは?

古民家民宿Banja(バンジャ)は、こちらのサイトに埋め込んでいるとおり

フェイスブック(FaceBook)を主に利用しているようです。

他にもインスタやツイッターも利用しているようですが更新頻度は低いようです。

インスタ(https://www.instagram.com/kyounominori/)

ツイッター(https://twitter.com/banja)

 

古民家一棟貸しの「五右衛門(GOEMON)」

 

​Banjaから約50m位の所にある、五右衛門風呂もある古民家も経営されているようです。

こちらもかまどや炭火の囲炉裏、薪ストーブもあり雰囲気抜群!

こちらは、まるまる一棟貸しの古民家で、ファミリーやグループでご利用するのに便利ですね!

 

まとめ

今回は、2018年12月22日(土)  18時00分~18時30分に放送される人生の楽園に出演される

昔話に出てくるような囲炉裏やかまどのある暮らしを体験してもらいたいと、京都市右京区京北地区で古民家農家民宿を始めた田中正則さん(54歳)についてまとめてみました。

外国人が多いとのことですが、日本人であっても時には体験したい宿ですよね。

ご興味がある方は、訪れてみてはいかがでしょうか。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です