スポンサードリンク

新井康平箱根駅伝で転倒!大東文化大一区の選手のwikiプロフィール!

こんにちは!

第95回東京箱根間往復大学駅伝が始まりましたね!

 平成最初(1990年)と2回目(1991年)の箱根駅伝を制した名門、大東大が平成最後の箱根駅伝で、早くも大ピンチに見舞われました。

スタートして数百メートルでまさかの転倒のアクシデント衝撃的でした・・!

転倒したのは、大東大の新井康平(4年)選手。

わずか200メートル地点でがまさかの転倒・・

足を路面に激しく打ちつけ負傷されたのです。

大東大の新井康平(4年)選手のwikiプロフィール

氏名新井 康平(あらい・こうへい)
生年月日:1996年8月30日
身長・体重:172センチ、52キロ
出身地:埼玉・上尾市
出身高:浦和実
大学 スポーツ健康科学部・3年
過去の箱根駅伝成績:16年1区19位
抱負:頑張る
1万メートル自己ベスト記録:28分50秒10

 

箱根駅伝1区での転倒の様子

何とか集団に追いつき、最後方付近から懸命のレースを展開したが、

7キロ付近で残念ながら遅れ始めます。

歯を食いしばりながら、蛇行しながらも走るその姿に誰もが応援の声をあげます。

監督の奈良修監督からは「大丈夫か」とマイクで声をかけられると、

手を挙げて応じていました。

「仕方ない。何とかタスキをつないでくれ」。

その言葉に、どのような思いをもって走っていたのでしょうか。

15キロ手前ころに、表情が一段と険しくなる転倒した、大東大の新井康平(4年)選手。

それでも左足を引きづりながら懸命に前を向く姿に誰もが心打たれたでしょうね。

私もつい手を握り締めました。

顔をゆがめ、左足を引きづりながらあきらめない姿

4年生という重圧に耐え、チームのために走る姿に感動しました!

今後の陸上人生に影響がななければいいのですが・・

大東大の新井康平(4年)選手のツイッター

 

残念ながら転倒という結果になりましたが

ゴールに向けて走る姿にとても感動しました・・!

まとめ

大東大の新井康平(4年)選手の転倒事故についてまとめてみました!

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です