スポンサードリンク

吉冨隆安は競馬予想の神様予想士!wiki経歴や妻!実走着差予想方法は?

こんにちは!

2018年12月31日(月)  11時25分~11時50分に放送される

ノーナレ「“勝利”を売る男」には

競馬予想の神様と言われる予想屋である吉冨隆安さんが

特集されます。

独自の競馬理論で次々と当り馬券を的中させるプロの予想士である吉冨隆安さん。

「競馬に勝って自由な人生を手に入れろ!」

哲学者のような売り口上で客をひきつけ自分の予想を売っているそうです。

競馬予想の神様と言われる予想屋である吉冨隆安さんは

どのような経歴や予想方法を持っているのでしょうか。

気になったのでまとめてみました。

吉冨隆安は予想の神様場立ち予想屋!wiki経歴プロフィール

 

競馬予想の神様と言われる予想屋である

吉冨隆安さんは1947年鹿児島県生まれ。

大井競馬場公認予想「ゲート・イン」を主宰されています。

公式ホームページもあるようですね。

経歴!競馬予想の神様と言われる予想屋になるまで

 

競馬予想の神様と言われる予想屋である吉冨隆安さんの経歴を追ってみます。

大学は、大阪市立大学法学部に進学するも大学を中退。

水洗トイレ工事会社の事業を起こしましたが25歳の時に借金を抱え不渡り。

26歳で学習塾を経営したが競馬にはまります。

28歳の時に予想士を始め、数年後に上京されます。

一時期、学習塾講師と競馬予想屋を両立させていたこともあるそうです。

平成元年から「ゲート・イン」の屋号で、

大井競馬場で場立ち予想を行うようになりました。

 

こちらの動画では、波瀾万丈の人生と、長きにわたる予想士人生で培われた勝負師哲学が語られています。

 

吉冨隆安の予想方法とは?実走着差理論とは

競馬予想の神様と言われる予想屋である吉冨隆安さんの信念は

「競馬が市民の投資対象たる金融商品なら、僕の予想は商品説明である」

 

採用する理論は確固たる軸馬を1頭決める「実走着差」理論だそうです。

吉冨隆安さんは実走、着差と命名し分析を行っています。

競走馬が並走すると1メートル外を馬が回ります。

この段階でコーナーを曲がると円周率をかけるので、

約3メートル余分に外の馬は走る必要があり、それを計算しているとのこと。

うーん難しい。

言い方を変えると

「馬が通ったコースを計算し、内側を回った馬が1着であっても、外々を回った馬の方が平均速度が速ければそちらを上位に評価する」という理論だそうです。

もっと言い方を変えると、

「馬がロスなく走ったと仮定したら、計算上での着差はどうなのか?

タイム差、枠順を重視し、計算してレースでの「馬身差」を出す方法」

だそうです。

 

 

競馬と聞くと博打のようなイメージもありますが、

実践のデータを評価し、次のレースの馬の順位予想に繋げているんですね!

 

競馬予想の神様と言われる予想屋である吉冨隆安さんは、計算方法と

それを投資商品として売る口上がずば抜けて素晴らしいんでしょう♪

スポンサードリンク

吉冨隆安の年収、売上は?

競馬予想の神様と言われる予想屋である吉冨隆安さんの年収は約1000万円だそうです。

予想屋なら、自分で馬券も購入しているのでしょうか・・?

吉冨隆安は結婚して嫁(妻)は?美人で画像も

競馬予想の神様と言われる予想屋である吉冨隆安さんは

結婚されて妻(嫁)はいらっしゃるのでしょうか。

調べてみると、ご結婚されていて、妻(嫁)もいらっしゃるようです。

 

なんと、妻は(嫁)は21歳年下の中国人でとても美人だとか

画像はこちら。

奥さんのお名前は秋さんといわれる方のようですね。

 

まとめ

2018年12月31日(月)  11時25分~11時50分に放送される

ノーナレ「“勝利”を売る男」には

競馬予想の神様と言われる予想屋である吉冨隆安さんについてまとめてみました。

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です