東京うど畑/青空レストランを東京都立川市から通販お取り寄せは?伝統野菜のウド畑

こんにちは。

2020年2月1日(土)  18時30分~19時00分に放送される

満天☆青空レストラン

東京の地下に広がる「うど畑」に宮川&劇団ひとりが潜入します!

いったい東京都立川市で出会った伝統野菜「うど」とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサードリンク

東京うど畑/青空レストランは東京都立川市の伝統野菜!

東京都立川市の地下で、怪しげな姿をした伝統野菜「東京うど」が青空レストランに登場します。

ウドといえば、タラの芽などと同じウコギ科の植物で、数少ない日本原産の野菜の一つで、主に山野に自生しています

春・冬の旬野菜ウド … ウド. 若芽を食す山菜部位ごとに使い分けて楽しんで. 根株に土をかぶせて栽培される、やや緑がかったウドを「山ウド」といい、

一般的にはこちらのイメージのほうが大きいですよね。

しかし、青空レストランに登場する、東京都立川市の伝統野菜の東京うどは、地下の不気味な畑光の入らない室(むろ)と呼ばれる地下3mの穴ぐらで育てることによる、白い色が特徴です。

立川市にある須崎農園の須崎雅義さんは、東京ウドを50年近く栽培。

須崎さんは自分の畑で育てた種株を委託している群馬の畑に運び、根株を育成。その後、掘り上げて持ち帰り、この根株を室(ムロ)と呼ばれる暗くて暖かい穴蔵の中で30~40日かけて育てているそうです。

ウド栽培はお父様から始めたそうで、昔ながらのつくり方。

地面に3メートルの穴蔵(ムロ)を手で掘ったそうです

青空レストランでもこちらの農家さんが東京うどを紹介してくれるのでしょうか。

複数の農家さんが栽培しているようなのでどうなのでしょうか。

  • 旬の時期:12月中旬~4月
  • 効能:利尿作用や血行促進、便秘改善など

ということで、通販お取り寄せしてでも食べてみたいですよね♪

スポンサードリンク

東京うど畑/青空レストランの通販お取り寄せは?

立川市は「東京うど」の最大の産地でぜひともその味を味わってみたい。。

香りがよくシャキシャキした歯ごたえが特徴で、江戸時代から栽培が始まったそうで、一度食べるとその味が忘れられないという方もいるほど。

青空レストランに登場する東京都立川市の伝統野菜の東京うどは通販お取り寄せで購入することができるのでしょうか。

まず、青空レストランの公式ホームページの日テレポシュレで、東京うどの通販お取り寄せができるのかチェックしてみたところ

まだ表示されていないようですね。

東京うどは通販お取り寄せに対応していないのでしょうか。

次に、楽天で東京うどの通販お取り寄せをチェックしてみましたがこちらも把握することはできませんでした。

ウドを育てる、室(むろ)と呼ばれる地下の蔵「うどくら」で自然派ワインを楽しむイベント「うどくらワイン」など現地で行われているようなので

現地で購入して楽しむということが一番かもしれませんね。

現地には、「ウドの味噌和え」や「ウドの皮のきんぴら」、「ウドと豚肉の炒め物」などの料理を提供するお店もあるようです!

一度は味わてみたいですよね。

通販お取り寄せの方法がありましたら追記していきたいと思います。

まとめ

2020年2月1日(土)  18時30分~19時00分に放送される

満天☆青空レストラン

東京の地下に広がる「うど畑」に宮川&劇団ひとりが潜入し出会った東京うどについてまとめてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です