スポンサードリンク

丹道夫(たんみちお・名代富士そば会長)作詞家!?プロフィール経歴・著書を調査!坂上&指原のつぶれない店に出演!

皆さん、こんばんは^^

今日2019年11月10日(日)夜18時30分から放送の「坂上&指原のつぶれない店」では

年商100億円と言われている名代富士そば会長の丹道夫(たんみちお)さんが登場します。

名代富士そばと言えば関東では名の知れた名店ですよね。

この時期は特に名代富士そばの温かいうどんや、そばをいただきたくなりますが

会長の登場とあっていったいどんな方なのかとても気になります。

そこで今日は丹道夫(たんみちお・名代富士そば会長)さんのプロフィールや経歴、年収を調べてみたいと思います。

果たして丹道夫(たんみちお・名代富士そば会長)さんはどんな方なのでしょうか?

スポンサードリンク

丹道夫(たんみちお・名代富士そば会長)プロフィール

    • お名前     丹道夫(たんみちお)
    • 生年月日    1935年(昭和10年)12月5日
    • 出身      愛知県名古屋市生まれ
    • 育ち      愛媛県
    • 学歴      東京栄養食糧専門学校卒業
    • 趣味      作詞
    • 職業      名代富士そば会長 ダイタングループ創業者 作詞家
    • 作詞家名    丹まさと

丹道夫(たんみちお・名代富士そば会長)経歴

名代富士そば会長の丹道夫さんは、名古屋市で1935年に誕生し母親の実家がある愛媛県で育ちました。

そのため上京するまではそばに縁がなく、そばが好きなわけではなかったということです。

安定した収入を望み長く事業を行うことを夢見ていました。

4度の挫折と上京を繰り返した過去をお持ちで、埼玉県ではお弁当屋さんを行い不動産会社を起業!

困難にあいながらも青年実業家として成功。

その後、苦労と努力の結果立ち食いそば経営で成功し現在に至る。

名代富士そばと言えば、美味しいと評判ですが実は従業員を大切にする企業としても有名です。

その理由はアルバイトにも有給休暇やボーナスを支給するためスタッフからも多くの支持を受けておりホワイト企業として注目されています。

愛されている企業だということがわかりますね^^

名代富士そば会長、丹道夫(たんみちお)さんは、グループで134店、海外で15店展開をしています。(*2019年7月時点の情報です)

日本国内の客単価の平均は450円だということでなんと1日に7万食も販売している計算になるそうです。

7万食といれてもとてつもない数字で、想像できませんが多くの人たちが名代富士そばへ訪れているのだとか!!

スポンサードリンク

丹道夫(たんみちお・名代富士そば会長)は丹まさお?作詞家でもある!!

丹道夫(たんみちお・名代富士そば会長)さんは、名代富士そば会長やダイタングループ創業者として認知されていますが

実は丹まさお名義で作詞家としての顔も、もっています。

以前から作詞の趣味があり50代の時には作詞学校にも通われています^^

しかもこれまでに多くの演歌歌手の作詞を行ってきているということですよ!!

丹道夫(たんみちお・名代富士そば会長)著書

名代富士そば会長の丹道夫さんは、書著があります。

タイトルをみて、ぐっとひきこまれてしまいますね。

  • 「富士そば」は、なぜアルバイトにもボーナスを出すのか

まとめ

今日2019年11月10日(日)夜18時30分から放送の「坂上&指原のつぶれない店」に出演される

丹道夫(たんみちお・名代富士そば会長)さんのプロフィールや経歴、著書、作詞家としての活動を調べてみました。

皆さんが1番驚かれたのは、やはり作詞家としてもう一つの顔ではないでしょうか^^

成功されてもやりたいことをやる。かっこいいですね!

今夜の放送を楽しみ拝見したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です