スポンサードリンク

鳥井一平はNPO代表プロフェッショナル仕事の流儀!NPO外国人労働者支援でヒーロー賞

こんにちは。

2019年9月17日(火)  22時30分~23時20分に放送される

プロフェッショナル 仕事の流儀

「外国人労働者に何が?支援の第一人者に密着」と題し

外国人労働者を支援するNPOの代表を務める鳥井一平さんが登場します。

スポンサードリンク

鳥井一平は外国人労働者支援NPO/NGO代表でヒーロー賞!プロフェッショナル仕事の流儀

仕事の流儀には、その人の生き方が現れる。 『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。

今回プロフェッショナル仕事の流儀に登場するのは、外国人労働者支援NPO「移住者と連帯する全国ネットワーク」の代表をつとめる鳥井一平さん。


これまでに約4000人もの外国人労働者の支援を行ってきたそうです。

日本は人手不足解消のため、政府は外国人雇用の枠組み拡大を進めています。

確かに、東京だけでなく、地方においても最近外国人よく見ますよね。

調べてみると、移民社会にかじを切ったと言われる日本は、なんと在留外国人は270万人を超えているそうです。

コンビニエンスストアからファストフード店、工場や建設現場、介護の現場・・・

少子高齢化の進展と日本の総人口の減少にとも. なう労働力人口の急減を背景として,日本におい. て,今後人材不足の深刻化が予測される中で,外国人労働者の活躍はかかせませんよね。

しかし、一方で多くの問題が累積しています。

低賃金・長時間労働、賃金不払い、パワハラ、セクハラ、労働災害、強制帰国など、頻発。

その対応に鳥井一平さんは尽力し、2013年、アメリカ政府から日本人として初めて「ヒーロー賞」を贈られたそうです。

鳥井一平さんのNPO/NGO移住者と連帯する全国ネットワークとは

プロフェッショナル仕事の流儀に登場する鳥井一平さんが代表を務める、外国人労働者支援NPO「移住者と連帯する全国ネットワーク」

その活動内容をみてみたいと思います。

 

移住者と連帯する全国ネットワークとは、略して「移住連」と呼ばれ、

  • つくる
  • つながる
  • つたえる

をスローガンに活動されているようです。

 

「つくる」とはDV、労働問題などに対する法律・制度・政策への提案活動を行うこと。

そして、「つながる」とは移民の問題に取り組む団体や個人をつなぎ、情報共有と議論を深めるために、全国フォーラムと全国ワークショップを開催すること。

「つたえる」とは、書籍等を発行しそのような方々の姿を社会に伝えることを意味しています。

スポンサードリンク

 

鳥井一平・移住者と連帯する全国ネットワークの動画

プロフェッショナル仕事の流儀に登場する鳥井一平さんが代表を務める、外国人労働者支援NPO「移住者と連帯する全国ネットワーク」

こちらの動画は、外国人の権利保護運動を続けてきた鳥井氏が、外国人受け入れ政策の変遷をたどりながら現制度の問題点を指摘した際の動画です。

ちょっと長いですが、ご興味がある方はどうぞ!

 

 

スポンサードリンク

鳥井一平さんがプロフェッショナル仕事の流儀出演の反応

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です