スポンサードリンク

升田鉄三医師は礼文島診療所の令和の赤ひげ先生!おらが村の名医SPたけしの家庭の医学

こんにちは。

2019年11月12日(火)  19時00分~21時48分に放送される

名医とつながる!たけしの家庭の医学

密着ドキュメント!北海道・離島の名医!おらが村の名医SP!と題し

北海道・礼文島の島民約2500人の命を守る令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三(ますだてつぞう)医師が登場します。

スポンサードリンク

升田鉄三(ますだてつぞう)医師は離島・礼文島で令和の赤ひげ先生!おらが村の名医SPたけしの家庭の医学

「健康寿命」にスポットを当て、「元気で長生きするために」今からやっておくべき、今知っておくべき情報を、どこよりも早く、どこよりも丁寧にご紹介する番組

名医とつながる!たけしの家庭の医学!

今回は、密着ドキュメント!北海道・離島の名医!おらが村の名医SPということで

北海道・礼文島の島民約2500人の命を守る令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三(ますだてつぞう)医師が登場します。

スポンサードリンク

升田鉄三(ますだてつぞう):礼文町国民健康保険船泊診療所所長

今回おらが村の名医SPの舞台となるのは

北海道の北部、稚内の西方60kmの日本海上に位置する礼文郡礼文町に属する離島「礼文島」

地図で確認すると・・

くぅーーーめちゃくちゃ寒そうですよね。

しかしとっても自然豊かで、素敵な場所みたいです♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

礼文島ならでは美しさ。 #島の人 #礼文 #礼文島#れぶん #礼文島からの利尻富士

島の人/レブニーズ公式Instagram(@shima.no.hito)がシェアした投稿 –

そんな離島「礼文島」で医師として働いているのが礼文町国民健康保険船泊診療所所長「升田鉄三(ますだてつぞう)」先生です。

なんと、これまで34年間も、令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師は離島「礼文島」で働いてきたそうです。

離島の名医!おらが村の名医SPの番組予告

名医とつながるたけしの家庭の医学「離島の名医!おらが村の名医SP」に登場する北海道の離島・礼文島の診療所で医師として働く令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師。

その番組予告はこちら。

升田鉄三医師(令和の赤ひげ先生)におらが村の名医SPが密着

名医とつながるたけしの家庭の医学「離島の名医!おらが村の名医SP」では、令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三(ますだてつぞう)医師が立ち向かう離島の治療の苦労に密着します。

最近、医療とは、より地域に密着し、地域というひとつの枠組みのなかで、住民の医療ニーズに対して医療者が何を提供できるのか考える方向性へ進んでいます。

そのため、令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師が働く礼文島のような離島での医療のあり方は、今後の少子高齢化を先取りし将来の日本像を考える上で、地域医療の最前線としてより注目が高まっています。

私達、医療の素人にとっても身近な地域医療の未来を考える上で、今回の名医とつながるたけしの家庭の医学「離島の名医!おらが村の名医SP」の令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師の医療従事者の活躍について考えることも必要ですよね♪

「Dr.コトー診療所」のような離島の医療従事者って、どんな生活をしているのでしょうか?

番組予告によると、急患への対応、内科、皮膚科、整形外科など全ての診療科の治療を一人でこなし、大動脈瘤など重篤な患者にも対応されているようです。

何でもこなせる実力と自信、責任感、島民とのコミュニケーション能力などすべてが備わらないとやっていけないですよね~。

令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師はいったいこれまでどのような経歴を経て、現在礼文島で働かれているのでしょうか。

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

升田鉄三(ますだてつぞう)医師は北海道の礼文島で離島医療!wiki経歴プロフィールおらが村の名医SPたけしの家庭の医学

名医とつながるたけしの家庭の医学「離島の名医!おらが村の名医SP」に登場する北海道の離島・礼文島の診療所で医師として働く令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師。

礼文島の診療所の概要や升田鉄三医師の経歴を追ってみたいと思います。

礼文島の診療所「礼文町国民健康保険船泊診療所」

令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師が働く診療所の名前は「礼文町国民健康保険船泊診療所」と言います。

昭和29年に船舶国民健康保険船舶病院として誕生し、平成14年10月に病院規模の診療所として改築されました。

島民2500人すべての命を預かる病院ですが、急患への対応、内科、皮膚科、整形外科など全ての診療科の治療を令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師一人で行っているそうです!

升田鉄三(ますだてつぞう)医師のwiki経歴プロフィール!

名医とつながるたけしの家庭の医学「離島の名医!おらが村の名医SP」に登場する北海道の離島・礼文島の診療所で医師として働く令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師。

実は、礼文島はご自身の故郷で升田鉄三さんは1954年礼文町の漁師の家に産まれました。

升田鉄三先生は、中学校までは中学生まで礼文島生活し、高校からは勉強をするために島を離れます。

高校ではとても頭がよく、1979年秋田大学の医学部を卒業されます。

無医村となりそうな故郷をなんとかしたいと思い、

そしてその7年後、なんと礼文町国民健康保険船泊診療所・所長に就任されたそうです。

それから34年もご自身の故郷のために働いてこられたんですね。

離島医療は、“医師探し”の歴史。と言います。

礼文島に限らず、診療所の医師が見つからず当初は半年間の約束だったが、気がつけば何十年も年も経ってしまった。という話も聞いたことがあります。

となると、地域医療の病院も将来的にそのようなこともある?と考えてしまいますよね。

スポンサードリンク

升田鉄三(ますだてつぞう)医師の礼文島で離島医療の診療所の場所や電話番号

名医とつながるたけしの家庭の医学「離島の名医!おらが村の名医SP」に登場する北海道の離島・礼文島の診療所で医師として働く令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師が働く心情所の情報です。

機関名 礼文町国民健康保険船泊診療所
郵便番号 097-1111
所在地 礼文郡礼文町大字船泊字ウエンナイホ413番地
電話番号 0163-87-2771

 

升田鉄三(ますだてつぞう)医師の病気は悪性リンパ腫のガン!おらが村の名医SPたけしの家庭の医学

名医とつながるたけしの家庭の医学「離島の名医!おらが村の名医SP」に登場する北海道の離島・礼文島の診療所で医師として働く令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師。

なんと、自らも低悪性のリンパ腫で血液のがんに蝕まれているそうです。

一体何が彼を突き動かすのでしょうか。

升田鉄三医師の治療の日常をおらが村の名医SPで特集

番組では、様々な病人が升田鉄三医師の元を訪れます。

膝の痛み、膀胱炎、皮膚炎・・昔だと婦人科や精神科など島外に出る必要があった病状も現在は、升田鉄三医師の神対応で診察してくれると嬉しそうな島民の姿が放送されます。

島民みんなのかかりつけ医として親身になって対応されているそうですよ。

65歳以上の割合が4割近くなった礼文島の島民の健康状態をすべて把握されているそうで、島民にとっては心強いですよね。

升田鉄三医師は午前中だけで連日30人以上もの診察を行っています。

午前の診療が終わると、ようやく昼の休憩に入り奥様の手料理で身体を癒やします。

午後1時半、診療所の待合室はすでに升田鉄三医師の治療を待つ人で一杯でした。

「離島の名医!おらが村の名医SP」では北海道の離島ならでわの苦労も放送。

流氷の関係で何日もフェリーが欠航となることもあり、なんと1000種類以上の薬をストックされているそうです。

他にも、診療所を訪れることができないご家庭が48人いるため自宅診療もされているそうです。

升田鉄三医師は結婚して子供は?

名医とつながるたけしの家庭の医学「離島の名医!おらが村の名医SP」に登場する北海道の離島・礼文島の診療所で医師として働く

令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師。

ご結婚した妻や子供さんはいらっしゃるのでしょうか。

番組予告によると、診療所を次男が引き継ぐと告知されています。

つまりご結婚され子供さんがいらっしゃるんですね。

息子さんはお父さんの島民を治療する姿を見て、あとを継ぎたいと思われたんですね。

素敵ですね♪

まとめ

2019年11月12日(火)  19時00分~21時48分に放送される

名医とつながる!たけしの家庭の医学

密着ドキュメント!北海道・離島の名医!おらが村の名医SP!と題し

北海道・礼文島の島民約2500人の命を守る令和の赤ひげ先生こと、升田鉄三医師についてまとめてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です