スポンサードリンク

 

 

スペインのクリスタル洞窟プルピ晶洞で世界ふしぎ発見!場所や動画は?

こんにちは。

2020年1月11日(土)  21時00分~21時54分に放送される

世界ふしぎ発見!初潜入!クリスタル洞窟 世界を変えたスペインの宝

スペイン南部で発見されたクリスタル洞窟に日本メディア初潜入するそうです!

スポンサードリンク

スペインのクリスタル洞窟に世界ふしぎ発見!が初潜入!

「ヒトシくん人形」でおなじみの草野仁を司会者に、世界各地の「ふしぎ」をミステリーハンターがレポート。

人気番組、世界ふしぎ発見!に今回登場するのはスペイン南部で発見されたクリスタル洞窟「プルピ晶洞」です。

そのクリスタル洞窟の希少性から20年前に封鎖されていましたが、その封印が解かれ、世界ふしぎ発見!スタッフがスペイン南部で発見されたクリスタル洞窟「プルピ晶洞」へ初潜入するそうです。

世界ふしぎ発見の放送内では、スペインのクリスタルと古代文明との関係も明らかになるそうで、放送が見逃せませんね!

ここでは、世界ふしぎ発見!に今回登場するスペイン南部で発見されたクリスタル洞窟「プルピ晶洞」についてその場所や、形成過程などの謎についてチェックしてみたいと思います。

スポンサードリンク

スペインのクリスタル洞窟はプルピ晶洞!場所はどこ?画像は?世界ふしぎ発見!

世界ふしぎ発見!に今回登場するスペイン南部で発見されたクリスタル洞窟「プルピ晶洞」。

まず、その美しい画像をチェックしてみたいと思います。

スペイン南部で発見されたクリスタル洞窟「プルピ晶洞」の画像は世界ふしぎ発見のインスタに公開されていました。

とっても美しいクリスタルでまるで人がミニチュアになったようにも見えますよね。

こちらの世界ふしぎ発見の舞台となる、クリスタル洞窟「プルピ晶洞」。

場所は、スペイン南部アルメリア県プルピという地区にあり、1960年代に閉鎖された銀山「ミナリカ」の50メートル下にあります。

地図で、そのクリスタル洞窟「プルピ晶洞」の場所を確認してみましょう。

スペインのプルピにある巨大なクリスタル洞窟の正式な名前は、

「ピラル・デ・ハラビア(Pilar de Jaravia)」。

このクリスタル洞窟プルピ晶洞は、ヨーロッパで最大、メキシコの晶洞の次の大きさなんだそうです。

その大きさについては、こちらのクリスタル洞窟の動画をご覧いただければわかりやすいかと思います♪

透明な尖塔でできた神殿のようなクリスタル洞窟は感動的ですよね!

スポンサードリンク

スペインのクリスタル洞窟はなぜできた?形成過程は?世界ふしぎ発見!

世界ふしぎ発見!に今回登場するスペイン南部で発見されたクリスタル洞窟「プルピ晶洞」。

いったいどのような過程でこのクリスタル洞窟はできたのでしょうか。

調べてみるとこのような過程でできたようです。

 

研究結果によると、「プルピ晶洞」の結晶は、メキシコのナイカ鉱山にある晶洞と同様に、二水石膏(硫酸カルシウム・2水和物)であった。気候変動に伴う温度変動が影響を与える浅い深度において、摂氏20度程度で形成されたものとみられている。二水石膏の最大溶解度である摂氏40度未満の温度変動によって溶解と再結晶化が促され、微小な結晶が溶解してより大きな結晶に再沈着していく「オストワルド熟成」が増幅されたようだ。

うーん、難しいw

世界ふしぎ発見ではもっとわかりやすく説明してくれるかもしれませんね(笑

放送が楽しみです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です