スポンサードリンク

カイハラデニム&ジーンズ生地メーカーがカンブリア宮殿に!ユニクロ&リーバイスも

こんにちは。

2019年9月19日(木)  22時00分~22時54分に放送される

カンブリア宮殿

【ユニクロ&リーバイスが頼る「究極の生地」】メーカーが登場します。

そのメーカーとはユニクロからハイブランドまで300社が頼る「究極の生地メーカー」カイハラ。

いったいどんな会社なのでしょうか。

カイハラ/カンブリア宮殿のデニム・ジーンズ生地メーカーはカイハラ!貝原良治 社長が登場

ニュースが伝えない日本経済を、村上龍・小池栄子が“平成カンブリア紀の経済人”を迎えてお伝えする、大人のためのトーク・ライブ・ショー「カンブリア宮殿」

カンブリア宮殿は企業のトップや団体の代表などが出演し、己の経営哲学や半生を話してもらえマネジメント目線で成功者のストーリーを見れるので、勉強になりますよね。

今回カンブリア宮殿に登場するのはユニクロ&リーバイスが頼る「究極のデニム・ジーンズ生地」メーカーカイハラ!

正直あまり聞いたことがない会社ですよね・・・

しかし驚いたことに、ユニクロの他、リーバイスにエドウインなど国内外300超のブランドがカイハラの生地でジーンズを作っているんだそうです。

なんとそのカイハラの生地の国内シェアは50%以上!

カイハラのデニム・ジーンズ生地の品質の良さを物語っていますよね。

そのカイハラの拠点は広島・福山市にあり、126年続く老舗企業なんだそうです。

いったいその歴史はどのようなものなのでしょうか。

貝原良治はカイハラ社長!カンブリア宮殿でデニム・ジーンズ生地メーカーを紹介!その歴史とは

カンブリア宮殿に登場する、ユニクロ&リーバイスが頼る「究極のデニム・ジーンズ生地」メーカーカイハラ。

カイハラが創業したのは1893年とかなり昔のこと。

太平洋戦争等の危機を乗り越えながら、126年続く老舗企業となりました。

そんなカイハラがデニム生地を本格的に作り始めたのは、1970年のこと。

日本初のロープ染色機が完成させ、本格的なデニム生地製造の足がかりを築いたそうです。

ベトナム戦争の反戦運動からブームとなった平和の象徴ジーンズに注目が一気にあつまり、需要が高まり、デニム生地に注文が殺到したそうです。

何が今後流行るのか、先を見越す力がカイハラ株式会社 会長 貝原良治 さんにはあったんですね。

なんと、翌年にはジーンズ約30万本分もの発注が寄せられたそうです。

そして極めつけはあのリーバイス社からオーダー!

1973年にリーバイスから注文を受けたことにより、デニム生地メーカーとして世界から注目を集めることになったんですね。

その後も、カイハラはデニム生地メーカーとしての飛躍を続け、現在では海外にも工場を新設し、日本同等の品質のデニム生地を生産しているそうです。

 

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です