山形県上山市の人生の楽園!納豆あぶり餅(大黒屋)茅葺き宿場町ばあちゃんずくらぶが登場!

こんにちは。

2019年12月28日(土)  18時00分~18時30分に放送される

人生の楽園

みんなで守る茅ぶき宿場町~山形・上山市

福島県から青森県に至る羽州街道の宿場町、楢下宿のかやぶき屋根の景観を守りたいと、地域おこしを始めた佐藤司郎さん(63歳)と妻のはるみさん(62歳)の物語が放送されます。

スポンサードリンク

茅ぶき宿場町/山形県上山市の楢下宿(ならげしゅく)研究会&ばあちゃんずくらぶは人生の楽園!

「自分にとっての人生の楽園」を見つけ、充実した第二の人生を歩む人たちの暮らしぶりを紹介する番組、『人生の楽園』。

毎回、『人生の楽園』では魅力的な第二の人生を紹介してくれ、自分の生き方を見直すきっかけになるかたもいるのではないでしょうか。

さて、今回『人生の楽園』の舞台となるのは山形県上山市。

山形県上山市の場所を地図で確認するとこのあたり。

上山市は、山形県南東部にある市。

江戸時代には上山藩の城下町や羽州街道の宿場町として栄え、現在は上山温泉でも知られています。

そんな福島県から青森県に至る羽州街道の宿場町の山形県上山市で、楢下宿のかやぶき屋根の景観を守りたいと、地域おこしを始めた佐藤司郎さん(63歳)と妻のはるみさん(62歳)の物語が人生の楽園で放送されます。

羽州街道は江戸時代の街道で、奥州街道と並ぶ東北の二大街道のひとつ。

人生の楽園の主人公佐藤司郎さんは、楢下宿研究会の会長として、羽州街道の宿場町でその日本の伝統的な技、茅葺き屋根を保存し、かやぶき文化を後世へ残してゆこうという活動をされているようです。

現代でも地方の集落や人気の古民家でみられ、昔話の童話や映画などの一場面を連想する茅葺き屋根ですが、だんだんその数は減ってきていると言われています。

日本人としてその茅葺きの文化がなくなると残念なのでその活動は素敵ですよね♪

また、奥様のはるみさんも、山形県上山市で「ばあちゃんずくらぶ」なる団体に加入され、築200年の旅籠(はたご)・大黒屋でランチを提供されています。

特に人生の楽園の番組予告で気になったのは、人気の楢下宿の食文化、「納豆あぶり餅」!

いったい、納豆あぶり餅とはなんなのでしょう?

納豆あぶり餅を食べることができる山形県上山市で「ばあちゃんずくらぶ」旅籠(はたご)・大黒屋の場所など色々と調べてみました♪

スポンサードリンク

茅ぶき宿場町/山形県上山市の佐藤司郎が人生の楽園に登場!経歴は?

人生の楽園に登場する山形県上山市・羽州街道の茅ぶき宿場町の楢下宿研究会会長の佐藤司郎さん&「ばあちゃんずくらぶ」に加入し築200年の旅籠(はたご)・大黒屋で「納豆あぶり餅」を提供する妻はるみさん。

その経歴を追ってみたいと思います。

人生の楽園の主人公、佐藤司郎さんは山形県上山市出身。

26歳のときに楢下地区出身のはるみさんとご結婚され、子供さんも2人産まれます。

佐藤司郎さんのご職業はスポーツ施設の勤務でしたが、歳を重ねるにつれて、妻の故郷である楢下宿への想いが強くなります。

一方で、はるみさんも保険会社に勤務されていましたが、楢下宿への景観を未来に残していきたいという想いが深くなっていたようです。

楢下宿を人生の楽園に!楢下宿研究会の会長に就任!人生の楽園

そこで、人生の楽園の主人公の夫・佐藤司郎さんは国の史跡に指定されている楢下宿を活動拠点とする『楢下宿研究会』に参加。

古くから宿場町として栄えた「楢下宿」に残る茅葺屋根の古民家を舞台に地域資源を活かし、地域の仲間と石垣を整備したり、体験イベントなどを多岐にわたる活動を積極的に展開していきます。

こちらは、その『楢下宿研究会』が提供する動画です。

小正月の伝統芸能行事である「だんごさし」の開催や「いわいわ(どんと焼)」の支援の開催の様子や、妻はるみさんが提供する「納豆あぶり餅」や「大黒屋」も登場しますよ♪

2016年には、人生の楽園の主人公の夫・佐藤司郎さんはなんと『楢下宿研究会』の会長となっていらっしゃるようです。

ばあちゃんずくらぶが大黒屋で納豆あぶり餅ランチ提供!人生の楽園

人生の楽園に登場する佐藤司郎さんは山形県上山市・羽州街道の茅ぶき宿場町の楢下宿研究会会長となった一方で、妻のはるみさんも活動を開始!

納豆あぶり餅を大黒屋「ばあちゃんずくらぶ」で提供!

ボランティアグループ『ばあちゃんずくらぶ』に加入し、楢下宿を人生の楽園とするべく、その魅力を伝える活動を始めます。

『ばあちゃんずくらぶ』は茅葺屋根の古民家「大黒屋」で、昔ながらの囲炉裏を囲みながら完全予約制の“おもてなし御膳”を提供しています。

豆乳茶わん蒸しや揚げた麩の煮付、酢の物、根菜豚汁など、楢下宿の様々な古き良き伝統料理を食べさせてくれるようですが、その中でも特に気になったのが「納豆あぶり餅」!

郷土料理一度食べるとやみつきになる、楢下宿冬の名物「納豆あぶり餅」ということですが、『ばあちゃんずくらぶ』の大黒屋「納豆あぶり餅」の味やレシピが気になるところですよね。

いったいどのようにして『ばあちゃんずくらぶ』の大黒屋「納豆あぶり餅」は作っているのでしょうか。

『ばあちゃんずくらぶ』の大黒屋「納豆あぶり餅」を実際に行って食べてみたい!そんな方もいるのではないでしょうか。

そこで、『ばあちゃんずくらぶ』の大黒屋「納豆あぶり餅」とは一体なんなのか、その味やレシピ、大黒屋の場所などをチェックしてみました。

 

スポンサードリンク

納豆あぶり餅って何?味やレシピは?人生の楽園

「ばあちゃんずくらぶ」に加入し築200年の旅籠(はたご)・大黒屋で「納豆あぶり餅」を提供する妻はるみさん。

いったいどのようにして「納豆あぶり餅」を作っているのでしょうか。

納豆あぶり餅を作っている動画がありましたので、ばあちゃんずくらぶのレシピとちょっと違うかもしれませんがご紹介します。

こちらの動画内の納豆あぶり餅の作り方をまとめてみると

  • もち米を4時間ほど水につけたあと、ザルに上げて水気を取る
  • 餅をついたあと、冷蔵庫で40分ほど冷ます。
  • 餅を一口大にちぎり、納豆と絡める
  • 一晩置いて餅を固める
  • 2つずつ串にさす
  • いろりであぶって出来上がり

という流れのようです。

人生の楽園では、一晩タレに漬け込み、2時間かけてじっくり焼きあげ、外はカリカリ、中はモチモチの納豆あぶり餅が出来上がるようですよ♪

納豆あぶり餅の材料レシピは?

「ばあちゃんずくらぶ」の大黒屋でも提供されている伝統料理「納豆あぶり餅」

その材料がネット上で公開されていたので簡単にご紹介します。

【材料】(5人分)

  • もち米2.5合。
  • 納豆90グラム。
  • 青菜漬け1束。
  • ネギ適量。
  • 楢下地区のしょうゆ店でつくっただししょうゆを適量

 

餅をついたり、囲炉裏が必要だったりとちょっとハードルが高いところもありますが自分なりにアレンジして作ってみたいですよね♪

納豆あぶり餅ランチのばあちゃんずくらぶ大黒屋の場所は?

「ばあちゃんずくらぶ」に加入し築200年の旅籠(はたご)・大黒屋で「納豆あぶり餅」を提供する妻はるみさん。

その場所をチェックしてみました。

納豆あぶり餅ランチのばあちゃんずくらぶ大黒屋の場所や、電話番号、アクセスは?

  • 名称 羽州街道 楢下宿 ばあちゃんずくらぶ 『おもてなし料理』
  • 所在地 楢下宿 大黒屋(上山市楢下32)
  • 電話番号 023-672-0839
  • 定休日 毎週水曜日は楢下宿の休館日です
  • アクセス かみのやま温泉駅より車で約20分

 

おもてなし料理のランチの金額は?

「ばあちゃんずくらぶ」の「納豆あぶり餅」は、秋から冬にの旅籠(はたご)・大黒屋で食べることができるようです。

お値段は、お一人1,650円(税込)2019年10月現在で、5名から要予約だそうです。

2人から食べれないのがちょっとつらいところですが、一度は食べてみたいですよね。

スポンサードリンク

楢下宿研究会の蕎麦屋の場所は?人生の楽園

一方で、『楢下宿研究会』の新たな試みとして、予約なしでもお客さんを受け入れる期間限定の蕎麦屋も試みとして行っているようです。

地元の蕎麦名人が手打ちした十割蕎麦と地元野菜の天ぷらを、茅葺屋根の家で頂くことができると人生の楽園で紹介されるので大黒屋のことでしょうか?

こちらの蕎麦の情報につきましては人生の楽園で可能であれば追記したいと思います。

美味しいお餅の通販お取寄せは?人生の楽園

人生の楽園では、「納豆あぶり餅」が登場しますが、楽天で通販お取寄せできるのでしょうか。

調べてみましたら納豆あぶり餅そのものはありませんが、美味しいお餅が販売されているようなので参考にご紹介します♪

 

 

 

 

 

まとめ

2019年12月28日(土)  18時00分~18時30分に放送される

人生の楽園

みんなで守る茅ぶき宿場町~山形・上山市

羽州街道の茅ぶき宿場町の楢下宿研究会会長の佐藤司郎さん&「ばあちゃんずくらぶ」に加入し築200年の旅籠(はたご)・大黒屋で「納豆あぶり餅」を提供する妻はるみさんについてまとめてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です