スポンサードリンク

ねこのしっぽ釣り好き夫婦宿(北海道清里町/知床)は人生の楽園!忠類川カラフトマスフィッシング

こんにちは。

2019年10月12日(土)  18時00分~18時30分に放送される

人生の楽園

北の大地 釣り好き夫婦宿~北海道・清里町と題し

趣味が高じて定年退職後に北海道に移住し、釣りのガイドと宿を始めた金子哲也さん(61歳)が登場します。

スポンサードリンク

釣り好き夫婦宿(北海道清里町/知床)が人生の楽園に登場!ねこのしっぽで忠類川カラフトマスフィッシング

「自分にとっての人生の楽園」を見つけ、充実した第二の人生を歩む人たちの暮らしぶりを紹介する番組、『人生の楽園』。

毎回、『人生の楽園』では魅力的な第二の人生を紹介してくれ、自分の生き方を見直すきっかけになるかたもいるのではないでしょうか。

さて、今回『人生の楽園』の舞台となるのは北海道斜里郡清里町。

地図で確認してみるとこのあたり。

このとおり清里町は北海道の東部にある知床半島のつけ根に位置しています。

人生の楽園の舞台である清里町は、日本で最も美しい村連合に加入しており、

日本有数の清流でもある「斜里川」や神秘の湖「摩周湖」、

その伏流水が湧き出ていると言われる「神の子池」があります。


このように豊富な水資源に恵まれ、知床・阿寒の両国立公園をはじめとする観光資源に恵まれた町です!

そんな素敵な町、北海道斜里郡清里町に釣り好きが高じて移り住み、釣りのガイドと宿を初めたのが、今回の人生の楽園の主人公金子哲也さん(61歳)と妻の文江さん(62歳)です。

オープンした宿の名前は「知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽ」

人生の楽園に登場する定年退職を機に北海道斜里郡清里町へ移住し、ガイドと宿泊業「知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽ」をオープンされた金子哲也さんはどのようにして、現在に至るのでしょうか。

その経歴や、ガイドのコース、場所などをチェックしてみました。

それでは、いってみましょー!

スポンサードリンク

釣り好き夫婦宿(北海道清里町/知床)ねこのしっぽオーナー金子哲也が人生の楽園をオープンするまでの経歴

人生の楽園に登場する北海道斜里郡清里町へ移住し、ガイドと宿泊業「知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽ」をオープンされた金子哲也さんの経歴を追ってみたいと思います。

人生の楽園の主人公、金子哲也さんのご出身は栃木県。

小さい頃から釣りが大好きな少年でした。

高校を卒業してからは、旧国鉄に就職され、22歳のときに奥様と結婚。

一方で、さらに釣りへの情熱が加熱!

やはり自由にできるお金ができると、遠征や釣具の購入など楽しめるんでしょうね。

天然のイワナを追い求めて渓流釣りをメインに、清流では鮎、湖でのワカサギ釣りは自作の電動リールで、さらにはブラックバスやシーバスといったスポーツフィッシングも挑戦していきます。

当時のあだ名は、『釣りバカ日誌』の“ハマちゃん”だったそうですよ♪

知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽオープン

そんな金子哲也さんが人生の楽園「知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽ」をオープンされるきっかけが50歳のときに訪れます。

「もっと違う、大きな魚を釣ってみたい!」

そう思った金子哲也さんは、釣り仲間とともに北海道は知床へ。

そこで、北海道の大自然の中で鮭を釣る楽しみに魅了された金子哲也さんは、北海道に毎年訪れるようになり、ついに56歳のときに清里町にマイホームを取得されました。

思う存分北海道の自然の中で釣りを楽しんだ金子哲也さんは次第に、この釣りの楽しみを北海道に来る方々に伝えたい、釣り人のお手伝いがしたいと思うようになります。

そして、ついに哲也さんが定年退職を迎えた2018年4月、夫婦で清里町に移住。

敷地内に新居を建てて、以前購入していたマイホームを利用し、2019年5月『知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽ』をオープンされました。

スポンサードリンク

忠類川カラフトマスフィッシングをねこのしっぽ釣り好き夫婦宿(北海道清里町/知床)で!

人生の楽園に登場する北海道斜里郡清里町へ移住し、ガイドと宿泊業「知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽ」をオープンされた金子哲也さん。

人生の楽園では、数日間の撮影の中で、移住を決断したきっかけや私たちの生活の様子など、様々な角度から細かに取材・撮影をし放送されるようですね。

忠類川カラフトマスフィッシングが人生の楽園に

その中でも気になったのが、人生の楽園内でピックアップされる「忠類川カラフトマスフィッシング」。

カラフトマスとは一体何と思ったので調べてみると・・・

一般に日本で食用にされているサケ・マスの中で天然物は、大きく分類すると「太平洋サケ」とも言われるシロザケ・キングサーモン・ギンザケ・ベニザケ・カラフトマス・サクラマスの6種類になるそうです。

そして、力強い引きでスリリングなファイトを楽しめるカラフトマスは、釣っても楽しく食べても美味しい魚なので、北海道では人気の釣りのターゲットとなっているようですね。

全国で初めて河川での釣りによる鮭の釣獲調査でもある忠類川でのカラフトマスフィッシングは、素晴らしい河川環境での釣りが楽しめ、本場カナダやアラスカのようだと好評となっています。

知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽのFacebook

こちらは、人生の楽園に登場する『知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽ』のFacebookに投稿された写真です。

この季節、北海道の川にはサケやカラフトマスが遡上しするそうなので釣りがとっても楽しそうですよね♪

サクラマスのちゃんちゃん焼きも宿で食べられるそうですよ。

北海道のサーモン・鮭・カラフトマスの通販お取り寄せは?

人生の楽園に登場する『知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽ』で鮭・カラフトマスを見ていたら北海道の鮭・カラフトマス・サーモンが食べたくなってきました(笑

楽天通販でお取り寄せはの商品を見ていたら美味しそうな商品がたくさんあったので、もし気になったものがあったらよろしければどうぞ♪

グルメ大賞2年連覇[北海道産/上級品]こだわりのイクラ醤油漬け500g[送料無料]

まずは、いくら!

 

2年連続楽天グルメ大賞受賞の人気商品!
秘伝醤油に漬け込み熟成させたこだわりのイクラ醤油漬け

レビュー数がなんと2000件以上!

その口コミを見てみると・・・

美味しい
大変美味しく頂きました。
ありがとうございます。
2パックに分かれているので使い勝手がいいですね。

 

味付けも良く、おいしくいただきました。量も値段もお手頃でよかったです。

と、良さそうですね♪

 

いくら200g+トロサーモン半身約1キロ

こちらは、とろサーモン1kgといくらがセットになった商品です!

どっちも食べたい方にとってはこちらのほうが嬉しいですね♪

 

サーモン半身、脂がのっていました!いくらも味・量よかったです!
どちらもおいしかったです!

 

北海道産 新巻鮭(秋鮭)一本物 姿切り約3kg 送料無料 化粧箱入

たっぷりサーモンを食べたい方はこちら!

 

秋の訪れを彷彿させるオホーツク海の秋鮭漁で9月の最盛期に漁獲される銀毛の雄鮭のみを厳選し
水揚げから2時間以内に処理し、 塩漬けにし熟成したそうです。

何回も頼んでいますが、間違いないです。味、品の良さ、一級品です。

口コミも良さそうで、なんだか美味しそうですね♪

ねこのしっぽ釣り好き夫婦宿(北海道清里町/知床)は人生の楽園!料金やプランは?

人生の楽園に登場する北海道斜里郡清里町へ移住し、ガイドと宿泊業「知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽ」をオープンされた金子哲也さん。

どのような宿泊&ガイドプランを用意されているのでしょうか。

調べてみたところ、フィッシングガイド1日コースとご宿泊をセットにした大変お得なセットプランが用意されているようです。

例えば、こんなコースも

  • 知床渓流釣りコース(5月〜10月)
  • 知床忠類川サーモンコース(8月〜10月)
  • 海防波堤サーモンコース(8月〜11月)
  • 知床ビックトラウトコース(6月〜11月)
  • コテージご宿泊のみ

 

釣りをやったことがない方も、釣具一式を無料レンタルシてくれるそうなので嬉しいですよね。

サーモンの卵を冷凍し郵送してくれたり、釣った魚を剥製にするために郵送する様子がFacebook上に投稿されていました。

コテージは貸し切りなので、大自然の中ゆったりと過ごす贅沢な時間が楽しめると人気のようですよ。

ねこのしっぽ釣り好き夫婦宿(北海道清里町/知床)の場所はどこ?

人生の楽園に登場する北海道斜里郡清里町へ移住した金子哲也さんがオープンしたガイドと宿泊業「知床フィッシングガイド&コテージ ねこのしっぽ」。

その場所はどこにあるのでしょうか。

住所を調べてみると・・

〒099-4525 北海道斜里郡清里町緑町71-25

 

斜里郡清里町緑町、JR釧網線緑駅に近い温泉別荘地に建つ可愛いらしいコテージです。

ねこのしっぽ釣り好き夫婦宿(北海道清里町/知床)の人生の楽園口コミは?

 

赤い屋根の山小屋風のコテージでとても自然とマッチしていて素敵です😄徒歩で行ける川でオショロコマが釣れて楽しかったです🎵

まとめ

2019年10月12日(土)  18時00分~18時30分に放送される

人生の楽園

北の大地 釣り好き夫婦宿~北海道・清里町と題し

趣味が高じて定年退職後に北海道に移住し、釣りのガイドと宿を始めた金子哲也さんについてまとめてみました。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク



関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です