スポンサードリンク

佐賀県基山町ハンドメイドショップ TSUKURUつくるのバッグが可愛い!取越奈緒美さんの人生の楽園!場所やカフェや画像も

こんにちは。

2019年6月8日(土)  18時00分~18時30分に放送される

人生の楽園。

両親が営んでいたテーラーを改装し、

バッグや小物の手作り工房を始めた取越奈緒美さん(61歳)

が登場します。

スポンサードリンク

佐賀・基山町の取越奈緒美さんが人生の楽園に!思いつなぐ仕立ての技!

「自分にとっての人生の楽園」を見つけ、

充実した第二の人生を歩む人たちの暮らしぶりを紹介する番組、

人生の楽園

「自分だったらどんな人生を歩んでいきたいな」

と思うと同時に、

いろんな方の老後を見ているうちに

「こんな老後もいいなぁ」「先週はあんな老後だったけどこちらも捨てがたい」

と優柔不断なわたしは考えちゃうこちらの番組。

また今日も新たな人生の選択肢を見せてくれます。

今回登場するのは、佐賀県基山町に住むご夫婦

 

かつて両親が営んでいたテーラーを改装し、

両親から引き継いだ足踏みミシンを使って、

バッグや小物の手作り工房を始めた取越奈緒美さん(61歳)。

どうやら、工房にたんすで眠っていた思い出の着物や帯、

洋服などが持ち込まれ、

世界に一つだけのバッグやポーチなどに作り変えるそうです。

そして、併設するカフェで支えるのは夫の正弘さん。

いったい、どんなハンドメイドショップなのでしょうか。

気になったので、調べてみました。

スポンサードリンク

佐賀県基山町でハンドメイドショップ TSUKURU(つくる)経営する取越奈緒美さん

 

今回人生の楽園に登場するのは、

基山町小倉の駅前通商店街に、ハンドメイドショップを運営する

取越奈緒美さん、正弘さん夫妻。

以前、ホンダスマイルミッションというラジオ番組にも出演されていたようで

こちらの笑顔がとってもよかったので

こちらのお二人の画像を掲載させていただきます。


佐賀県基山町とはこのあたり

 

ハンドメイドショップをオープンさせたのはは2015年のこと。

ハンドメイドショップ TSUKURUをオープンさせました。

取越奈緒美さんの経歴

ハンドメイドショップ TSUKURUを経営する取越奈緒美さんは

どのようにしてお店をオープンさせようと思ったのでしょうか。

その経歴を見てみたいと思います。

取越奈緒美さんがハンドメイドショップで

服をバッグなどに作り変えることができる服飾の技術を学んだのは

若い頃にその技術身につけたことによるものです。

今では青山やフタタなど、紳士服は大規模チェーン店で購入する時代ですが

昔は、個人の洋服店で販売されていました。

ハンドメイドショップ TSUKURUを経営する取越奈緒美さんの父も

その一人で、基山町に店舗を構え紳士服の販売をされていたそうです。

埋金洋服店というお店で地元ではとても有名だったそうですよ。

その父の経営する洋服店を継ぎたい、

その思いで、高校卒業後東京の紳士服専門学校で技術を学びます。

そして地元出身の会社員、正弘さんと出会い、23歳で結婚。

3人の子供に恵まれます。

取越奈緒美さんは、基山町に戻り父のお手伝いをし、

技術を学んでいくことになりますが、時は、大量生産・大量消費の時代を迎えます。

次第に、個人経営の紳士服のお店は経営が苦しくなっていったそうです。

娘さんご夫婦の将来のことを考えてのことでしょうね。

後を継がなくても良いと両親からも言われたそうです。

その後、パートにでるようになり、

2008年、両親が営んでいた洋服店「埋金洋服店」は55年で幕を下ろしました。

スポンサードリンク

ハンドメイドショップ TSUKURUをオープンさせるまで

そしてときはながれ、正弘さんの定年退職が近づきます。

あの、閉めたままの店をそのままにしておくのはもったいない。

どうにかしたい、そうご夫婦で考え直します。

ご両親の『うめがね洋服店』その思い出の地で、

オーダーメイドのスーツを縫っていた業務用の足こぎミシンなどを使い、

奈緒美さんがオリジナルのバッグや小物を作ることを決意。

昔とった杵柄の服飾の技術、足踏みミシンの技術それを活かし

足踏みミシンを使ってカバンや小物を手作りする店を始めたいと

家族に提案。

すると東京でグラフィックの仕事をしている長男が、

自らデザインをした看板を送ってきたそうです。

現在、お店の外観としてはこのような外観なので

このミシンの丸いデザインが息子さんのデザインなんでしょうね。

足踏みミシンでの手作り感がよく出ている

いい感じのデザインですね!

きっとその息子さんの応援の気持ちにも

背中を押されたのでしょう、店舗の改装に着手。

そのデザインを最大限に活かすため、

いとこが営む木工所で改装を依頼したそうですよ!

そして、喫茶店でバイトをした経験を持つ夫である正弘さんが、

カフェコーナーを始めることになったのです。

家族全員で作り上げた、『ハンドメイドショップ TSUKURU』

2015年7月に晴れてオープンすることになりました。

 

人生の楽園での放送内容

 

番組では、オリジナルのバッグを販売する奈緒美さんの姿が。

お客さんの意見を聞きながらバッグを作るそうです。

背広の両玉縁のおケットの作りを、バッグに応用する姿が放送されました。

 

他にも、思い出のネクタイを、小物入れにする同級生の依頼主も。

とっても満足されていましたよ!

いとこの「埋金木工所」も番組で登場

さらに、基山町の玄関である基山駅に基山の手作り職人たちの作品を展示するスペースをオープンされる様子も放送されました!

とってもいいアイディアですよね♪

ご近所に住む夫の正弘さんの母や、奈緒美さんの母さんも登場。

そして、息子のケイタさんも登場し、チラシのリニューアルする姿も

家族、そして親戚も含めてハンドメイドっショップTSUKURUの作品が

生み出されているんですね!

 

 

スポンサードリンク

佐賀県基山町「ハンドメイドショップ TSUKURU」の手作りバッグなどの画像(Facebook)

こちらが、人生の楽園に出演されている

取越奈緒美さんが佐賀県基山町で経営する

『ハンドメイドショップ TSUKURU』で販売されている

バッグです。

こちらは、着物の帯を利用したバッグですね!

着物ってずっと使っているので、その方の思い出が詰まっていますよね。

こうやって、素晴らしく作り変えてくれる方が

近くに住んでいると羨ましいですね!

 

夫正弘さん担当のcafe(カフェ)は?場所は?

ご主人さんのお兄さんがカフェに登場する一幕も。

イタリアのホットサンドパニーニを提供されているようです!

 

 

佐賀県基山町「ハンドメイドショップ TSUKURU」の場所

場所:〒841-0201佐賀県三養基郡基山町大字小倉511

 

取越奈緒美さんの「ハンドメイドショップ TSUKURU」営業時間やアクセス方法

 

 

  • 場所:〒841-0201佐賀県三養基郡基山町大字小倉511 地図
  • 営業時間:9:00~19:00
  • 定休日:月曜
  • 駐車場:2台
  • JR鹿児島本線「基山」駅より徒歩1分
    ※以前、うめがね洋服店があった場所です

 

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



1 個のコメント

  • こんばんは。人生の楽園拝見しました。お父様のお店素敵です。ご主人やご家族の協力羨ましいです。私も近くの友人と手作り楽しんでいます。お店お邪魔したいですが遠すぎていろいろな作品見たいです。今日は田植えしてきました.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です