スポンサードリンク

中村逞珂(ゆたぼん)wiki経歴やyoutube動画!少年革命家ゆたぼんチャンネルで不登校は不幸?幸福?ネットの意見

こんにちは!

yahooニュースで気になるニュースがありましたので

記事したいと思います。

それは、「俺が自由な世界をつくる」と

自由を求めて学校に通わない選択をした小学生がいるというのです。

その小学生ユーチューバーは中村逞珂(ゆたか)君。

なぜ、彼は学校に通わない、つまり不登校となったのでしょうか。

また、なぜユーチューバーとしての活動をするようになったのでしょうか。

確かに、今の学校では同級生からのいじめ

時には学校の先生からのいじめも発生し、

自殺につながってしまう悲しい現実もあるので、

多様な生き方があるのは不思議ではありません。

中村逞珂(ゆたか)君の運営する「少年革命家 ゆたぼん」は

いじめや不登校に悩む子や親に

「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信しているそうです。

簡単に中村逞珂(ゆたか)君のプロフィールと経歴をまとめてみました。

スポンサードリンク

中村逞珂(ゆたか)君(少年革命家ゆたぼん)のwikiプロフィール経歴

 

ユーチューバーとなった経歴

大阪生まれの中村逞珂(ゆたか)君が1年ほど前に移住してきたのは

沖縄本島中南部の中央に位置する市宜野湾市。

地図で言うとこのあたり。

スポンサードリンク

不登校となったきっかけは、いじめではない?

中村逞珂(ゆたか)君が不登校となったきっかけは何なのでしょうか。

大阪生まれ、沖縄在住の

中村逞珂(ゆたか)君が学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。

宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いたそうです。

学校の担任の先生の話を聞く同級生もロボットに見えてしまい

「俺までロボットになってしまう」と不登校になることを選択したそうです。

んー・・・

学校でいじめにあって不登校を選んだのではなく

宿題をしたくなくて、居残りでさせられたことに不満を抱いて

ユーチューバーになってしまったんですね・・。

現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いているそうです。

夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、

戦争をなくすこと。

子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、

子どもを集めたライブを開催する計画も練っているそうです。

スポンサードリンク

中村逞珂(ゆたか)君(少年革命家ゆたぼん)のyoutubeチャンネル動画は?

それでは、中村逞珂(ゆたか)君が運営しているyoutubeのチャンネルをチェックしてみたいと思います。

「少年革命家 ゆたぼん(中村逞珂(ゆたか)君)」

中村逞珂(ゆたか)君が運営しているyoutubeのチャンネルは、

「少年革命家 ゆたぼん」というそうです。

そこで、実際にyoutubeでユーチューバーとして活動しているチャンネルをご紹介します。

「少年革命家 ゆたぼん」のチャンネルには
活動をしていると「死にたい」という子どもから相談が寄せられることもある。そういう時は友達になり「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくてもいい」と言い続けている。

という相談も寄せられるそう。

 

 

両親(父・母)や兄弟、姉妹は?

yahooニュースには

パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。

との記載がありました。

父親のお名前は、幸也さんというのですね。

どうやら、心理カウンセラーとしての活動をされています。

ユーチューブの説明欄には

大阪から沖縄に引っ越してきた「うちなーYouTuber」のゆたぼん、ゆぅゆ、みーちゃん、ここさま、です!みんなで色んなことに挑戦しています(^O^)

との説明がきがあり、現在子供3名でユーチューバーとしての活動をしているようです。

母親と思われるかたもユーチューブにはときおり出演されています。

少年革命家ゆたぼんとしてインターネットラジオの活動も

人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね

「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、

4日にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の活動もされているようです。

最年少パーソナリティーに就任。

毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送。

 

不登校に対するネットの反応は?

 

yahooニュースコメント欄

これは違うと思うよ。色々違うと思う。子どもだけでピースボートは進まない。すぐにあなたも大人になるし。知識の土台がないのに民衆を煽ってはいけない。

 

凄い子が出てきたな。親も同じ様にに考えてるんだろう。
そして不登校からどういう経緯でこうなったのかな。プロパガンダの為に担ぎ出されてる様にも見えるのだけど。
宿題をやらないから怒られた、周りがロボットに見えるから、って理由で不登校ならそれは無いでしょ。親が不登校の理由として間違っていると教えてあげないといけない。周りをロボットと見下すのもおかしい。
そもそも10歳の、そんな子供が安易に嫌なら学校行かなくていいって何様?責任取れますか??
親も彼を支援してる人も問題ありますよ。こんなことしてる暇あるなら義務教育受けさせなさい。

 

不幸だよね。適応も出来ず、我慢や忍耐力も協調性も無くて、身につける努力すら放棄して逃げてるのを親子で正当化してるだけでしょ。
うちは中どの発達障害で公立の支援学級に本人の意思で在籍してたけど、2年でギブアップした。三学期、最後は不登校。本人も頑張って限界で落ち込みもそれなりで、親子で苦しんだ。先生や対人で色々あったし不安もあった。支援学校に転校して頑張ってる。学校は勉強するだけの場じゃない。将来、働けば対人や適応や我慢や忍耐、協調性はどうしても必要になる。そこでやれる土台作りだと思う。必要だから義務教育になるんだし。不登校でも勉強や経験をさせて支えられる親ばかりじゃない。片親、共働きであれば仕事で子供に平日在宅されたら困る場合もあるし、虐待隠しに登校させないとか誤解されたり負担がかかる。病気や怪我とかいじめならまだ親も納得いくけど、好きなことや興味があること以外嫌だからやらない!じゃダメだ

 

ユーチューブコメント欄

自称「革命家」なら、最低限の勉強しろよ。 無知についていくやつなんかいねーから。

 

義務教育ぐらい果たせないで偉そうなこと言ってんじゃないよ。

 

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



2 件のコメント

  • 沖縄県民です。彼は沖縄に移住してきてまだ1年も経ちません。『沖縄で育った』という表現はやめてください。
    沖縄の普通の子供は真面目に楽しく学校に通ってます。
    中村君が学校に通わないのは本人の自由ですが、沖縄で地元の同級生やコミュニティーに溶け込むことは、大事だと思います。
    動画を見ましたが、彼の周りには本州からの移住してきた『都落ち』のような人ばかり。ヒッピーのような根無し草。
    ハッキリ言って、そういう移住者は沖縄に元々住んでいる人からしたら迷惑以外の何物でもありませんよ。
    ホント、怒りを覚えます。『沖縄県民を舐めるな!!優しいからと言って全て受け入れてワガママが通ると思うな!!』

    • ご指摘ありがとうございます。
      ご指摘の通り記事内容を「1年ほど前に移住」と訂正させていただきました。
      ルールや規則を守って生活して欲しいものですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です