スポンサードリンク

山之内大(血管外科)医師は忍者で世界何故そこに日本人!経歴やプロフィール

こんにちは。

2019年7月1日(月)  21時00分~22時48分 から放送される

『世界ナゼそこに?日本人~知られざる波乱万丈伝~』。

アメリカで“忍者”の異名をとる日本人スーパードクターが登場します。

その名前は、山之内大(やまのうち だい)医師。

いったいどんな方なのでしょうか。

アメリカで、そこまで活躍できるなんて

相当な努力と苦労を重ねた来た方に違いありませんよね。

気になったので調べてみました。

山之内大(やまのうち だい)医師が世界ナゼそこに日本人に登場!忍者の経歴プロフィールは?

世界で活躍する日本人紹介の他にその国での社会問題や風俗、

流行などの国情も紹介する番組

世界ナゼそこに?日本人~知られざる波乱万丈伝~

知られざる日本人の活躍を、

波乱万丈な人生ドラマでわたしたちに伝えてくれるとても

興味深い番組ですよね。

山之内大(やまのうち だい)医師は忍者と称えられるスーパードクター

今回登場するのは、

「私は失敗しない」手術成功率驚異の99%!

アメリカで3千人の命を救い忍者と称えられるスーパードクターです。

手術成功率驚異の99%なんて信じられません。

私失敗しないので、なんてどこかで聞いたことがありますよね!

素晴らしい技術をお持ちなんだと思います。

その名前は、山之内大(やまのうち だい)医師。

どれほどの経歴を積んでこられたのでしょうか。

山之内大(やまのうち だい)医師の忍者プロフィール

世界何故そこに日本人に登場する、アメリカの忍者医師こと、山之内大(やまのうち だい)医師のプロフィールはこちら。

名前:山之内大(やまのうち だい)
生年:1974年前後
年齢:45歳
出身:不明
職業:血管外科専門医
所属:ウィスコンシン大学附属病院

 

山之内大(やまのうち だい)医師が働く病院はどこ?

山之内大(やまのうち だい)医師が働いているのは

アメリカの数ある大学病院の中でも

トップクラスの人気を誇る

アメリカ中西部、ウィスコンシン州の州都マディソンの

ウィスコンシン大学附属病院。

山之内大(やまのうち だい)医師は血管外科のスペシャリスト

山之内大(やまのうち だい)医師が得意とする医療の専門分野はなんなのでしょうか。

しらべてみると山之内大(やまのうち だい)医師は、

血管を専門に治療する血管外科のスペシャリストのようですね。

日本ではあまり聞き慣れない言葉ですよね「血管外科」。

日本では血管外科の認知度がいまだ低く、

東京や名古屋などの一部の大学を除けば、

ほとんどの血管外科は心臓血管外科の一部門として

診療しているのが現状で、5軒のみ。

一方でアメリカでは、

血管外科は非常に注目を集めるホットな診療科で

肥満体国アメリカにはその32倍、160軒もの病院があるそうです。そんな医療の最先端で、山之内大(やまのうち だい)医師は

困難とされる手術を何度も成功させてきたんですね!さすが忍者!

山之内大(やまのうち だい)医師の経歴!

世界何故そこに日本人に登場する、アメリカの忍者医師こと、山之内大(やまのうち だい)医師の経歴はこちら

群馬大学医学部に進学した山之内大(やまのうち だい)医師は、

群馬大学医学部第1外科に所属。

その後、2003年から名古屋大学医学部附属病院血管外科で研修積まれます。

山之内大(やまのうち だい)医師はコーネル大学の血管外科へ留学

そして、ついに2007年4月、33歳のときにアメリカへ渡米。

コーネル大学の血管外科教室にリサーチフェローとして留学しました。

ウィスコンシン大学で血管外科フェローシップ

その後、ウィスコンシン大学へ。

当時、全米の血管外科フェローシップのプログラムに

日本人は1人もいない状況で

山之内大(やまのうち だい)医師は血管外科の知識を高めていきます。

そもそも、アメリカで血管外科のフェローシップに

入ろうとする日本人がほとんどいなかったそうですよ。

忍者こと山之内大(やまのうち だい)医師は

アメリカの血管外科のフェローシップの日本人の開拓者なんですね。

 

 

山之内大(やまのうち だい)医師が学んだ血管外科がアメリカで人気の理由は?

日本ではあまり認知度が無い血管外科ですが

アメリカでは医師の中でも血管外科は、かなり人気の分野だそう。

忍者こと山之内大(やまのうち だい)医師はその理由を

「血管外科がいまだ大きな変革期にある」からだと読み解きます。

そのため、血管外科では若手に大きな伸びしろが残されているそうですよ。

血管外科においては、より新しい技術を習得した新しい年代にフェローシップを終えた外科医が、古くからの技術と経験に基づいて診療しているベテラン外科医にに対し優位性を持つ。

それは、若手が育っていきやすいアメリカの風土に支えられたものなんだそうです。

しかし、日本も次第にその波がやってくるのではないでしょうか。

2010年7月から、ウィスコンシン大学血管外科アシスタント・プロフェッサー

として活躍されています。

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です