スポンサードリンク

和田仁志(わだひとし)陸上記録が凄い!現在の職業や家族は?消えた天才

和田仁志(わだひとし)が消えた天才に登場!陸上記録が凄い!

33年間破られなかった不滅の大記録怪物と呼ばれた天才ランナーが登場します。

中学男子800メートルで33年間

長野の怪物ランナーと呼ばれ、雑誌でも特集されていました。

中学1年から自身の記録を10回以上も記録を塗り替えました。

スポンサードリンク

和田仁志(わだひとし)がすごかった理由!

周囲に比べてひときわ大きかった姿は

全身超マッチョ!

レースが始まると、周囲の選手を引き離すレース展開で独走していました。

番組消えた天才では、1983年の実際のレースを放送。

全国大会の決勝大会でもあるにも関わらず、

2位と5秒も差をつけてゴール!

高校1年でインターハイでも優勝しました。

誰もが、オリンピックの出場や日本代表で活躍することを期待されました。

しかし大学では急にその姿が消えることに・・

いったい何があったのでしょうか?

スポンサードリンク

和田仁志(わだひとし)の職業や現在は?

 

現在横浜に住む和田仁志さん。

陸上界のレジェンドが認める和田さんは現在何しているのでしょうか?

現在、和田さんは金融情報を配信する仕事をされているようです。

グループ売り上げ100億円を超える会社の役員

超高層ビル32回にオフィスがあり、超エリートなんですね!

ではなぜ、陸上競技から離れることになったのでしょうか。

和田さんは、早熟な成長のため、後に陸上の力が伸びなかったそうです。

中学時点で、既に大人以上の筋力があったそうです。

中学から大学まで記録が横ばいだったそうですが、

一方で他の選手は記録を伸ばしていきました。

今の自分があるのは、記録が伸びても伸びなくても続けてきたことが

今の自分があると振り返ります。

今は、子供がサッカーの世界で活躍されており

頑張って欲しいと応援されていました。

 

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です