スポンサードリンク
 

 

登戸通り魔・川崎殺傷事件の岩崎隆一容疑者の携帯(スマホ)パソコンなし!居直り謎の引きこもり生活内容の全貌明らかに

登戸通り魔・川崎殺傷事件を起こした岩崎隆一容疑者は

自宅がある神奈川県川崎市の親類でもあるお叔父の自宅で引きこもり生活をしていたことは明らかにされています。

一緒に暮らしていた親類の叔父夫婦とは、住まいが同じであっても話すことはない状態がつづいており近隣とのトラブルも取り上げられています。

携帯(スマホ)、パソコンの所持もなかったと言われている岩崎隆一容疑者はどのような生活を日々おくっていたのか、

なぜ通り魔事件を起こし罪もない子供や保護者を襲わなければいけなかったのか疑問に思います。

今回は岩崎隆一容疑者の謎の引きこもり生活を調べていきたいとおもいます。

スポンサードリンク

登戸通り魔・川崎殺傷事件の岩崎隆一容疑者の引きこもり理由や引きこもり生活とは

登戸通り魔・川崎殺傷事件の岩崎隆一容疑者とはいかなる人物だったのでしょうか。

携帯(スマホ)、パソコンも所持せずどのような時間を過ごしていたのか、気になります。

岩崎隆一容疑者は幼い頃に両親が離婚し、同居していた叔父夫婦にひきとられ生活していたそうです。

幼いときの両親の離婚が岩崎隆一容疑者の心に闇をつくっていったのかはわかりませんがそれを理由にしてよいことではありません。

叔父夫婦と3人で暮らし、仕事をせずに引きこもり生活を行っており年老いた高齢の親類に支えてもらいながら居直り暮らしていたそうです。

叔父夫婦との奇妙な同居生活の中には会話が生まれることはなく食事は作り置きをたべ、お小遣いをもらう生活。

岩崎隆一容疑者の同居人でもある叔父は岩崎隆一容疑者を幼い頃からみてきた人物でもあるわけですから

岩崎隆一容疑者や高齢となった自分たち夫婦の未来を心配していたのでしょう。

外部ヘルパーの相談を市にしていた過去もあるそうです。

 

スポンサードリンク

登戸通り魔・川崎殺傷事件の岩崎隆一容疑者の謎!

登戸通り魔・川崎殺傷事件の岩崎隆一容疑者の自宅を捜査している神奈川県警の話では、岩崎隆一容疑者の交友関係はほぼないとのことです。

そして今では一人1台、または複数台所持しているとも言われている携帯電話(スマホ)やパソコンを持っていた形跡がないということで

驚きを隠せません。

携帯(スマホ)、パソコンないということはどうやってさまざまな情報を手に入れていたのでしょうか。

岩崎隆一容疑者の自室にはテレビやラジオといったものはあったのでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

今の社会で人とつながることはパソコンや携帯(スマホ)を所持していれば安易にできてしまえると言われています。

登戸通り魔・川崎殺傷事件を起こした岩崎隆一容疑者の闇がいかなるものだったのでしょうか。

 

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です