スポンサードリンク
 

 

高橋藤一(杜氏)の酒造りの経歴!雪の芽舎の酒蔵は齋彌(さいや)酒造店!味や口コミは?【プロフェッショナル】

こんにちは!

2019年3月4日(月)  22時25分~23時10分に放送される

プロフェッショナル

伝説の杜氏、高橋藤一さんが登場します!

スポンサードリンク

伝説の杜氏、高橋藤一(たかはしとういち)がプロフェッショナルに登場!

番組 『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、

さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を

徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組。

毎回、私たちが普段知ることができないプロフェッショナルな仕事の流儀を紹介してくれるのですが、

今回は、杜氏(とうじ)の世界を紹介してくれるようです。

杜氏?何?と思われた方もいるかと思います。

杜氏とは・・・

酒造りの最高責任者である杜氏は、蔵内の管理はもちろん、原料の扱いから、酒しぼり、貯蔵、熟成まで、全ての工程に目を配っています。杜氏のもとで酒造りに携わる蔵人は10名ほどで、作業別に役職が決められています。杜氏の補佐役となる頭(かしら)は、実際の作業の指揮をとり、人員の配置を担当します。麹造りの責任者は代師(だいし)、酒母製造工程の責任者は、もと廻り、もと屋と呼ばれます。この杜氏・頭・代師、あるいは頭・代師・もと廻りの3人を三役と呼んでいます。
三役以下の役人(やくびと)としては、米を洗ってから蒸すまでの作業を担当する釜屋(かまや)、出来上がったモロミをしぼる係を船頭(せんどう)、炊事の担当者は広敷番、飯屋(ままや)と呼ばれます。酒蔵に入りたての蔵人は炊事の仕事などからはじめ、厳しい作業に耐えながら仕事を一つひとつ覚えていったのです。

引用:http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/sake/industry/industry03.html

 

つまり、その酒蔵で作る酒の味は杜氏にかかっているというわけですね!

日本酒の酒蔵は、全国で1,400以上といわれていますが、

今回特集される高橋藤一さんは、「伝説の杜氏」と言われているようです!

酒蔵の杜氏さんは、相当なプライドを持ち仕事をされているかと思いますが、その酒造業界の中で「伝説」と言われるには物凄い技術やこだわりがあるんだと思います。

彼が働く酒蔵(酒屋)の名前は、齋彌酒造店。

雪の芽舎という銘柄の日本酒を製造しています。


伝説の杜氏、高橋藤一さんはどのような経歴を辿られたのでしょうか。

 

また、日本酒雪の芽舎は一体どんな香りで味がするのでしょうか。

一度は飲んでみたいですよね~!

どのように購入することができるのでしょうか。

お取り寄せ方法、通販の有無、価格など調べてみました。

また、齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)の場所はどこでしょうか。

スポンサードリンク

高橋藤一(たかはしとういち)は伝説の杜氏!wikiプロフィール!年齢・受賞歴は?

 

プロフェッショナル仕事の流儀に出演する

伝説の杜氏と呼ばれる、

高橋藤一さんのプロフィールをまとめてみました。

  • 名前:高橋藤一(たかはしとういち)
  • 生年月日:1945年
  • 年齢:74歳(2019年現在)
  • 出身:横手市
  • 在住:秋田県由利本荘市

 

プロフェッショナルに出演する高橋藤一(たかはしとういち)さんは

1945年生まれと言うことで、現在73歳。

先にご紹介しましたが、

高橋藤一(たかはしとういち)さんは

日本酒の醸造工程を行う職人集団の中の、

最高製造責任者という立場の、

杜氏(とうじ)という立場で働かれています。

日本酒作りは、いくつもの工程をかけて製造されるので

日本酒は一人じゃ造れません。

たくさんの手を介するからこそ複雑な味になる日本酒。

杜氏(とうじ)という立場は、

多くの職人である蔵人が下に集結するため

的確な指示を出す必要があるそうです。

時には、蔵人同士や蔵元との不和を解消したり、

相談役も買って出る必要があり、調和をとった日本酒作りのため、

杜氏は人間的に大きい人が適任だそうですね。

もちろん技術と経験も大切なので、

高橋藤一(たかはしとういち)さんはきっと人間的にも優れ、

また、素晴らしい杜氏の技術も経験も兼ね備えたからこそ

伝説の杜氏としてあがめられているのではないかと思います。

高橋藤一(たかはしとういち)さんは

いったいどのような経歴でそのような伝説の杜氏と呼ばれるまでになったのでしょうか。

 

齋彌酒造店の杜氏として

現在も雪の茅舎を造ることに携わる続けている

高橋藤一(たかはしとういち)さんの経歴を追ってみたいと思います。

 

高橋藤一(伝説の杜氏)の経歴は?:プロフェッショナル

 

杜氏として働いた酒蔵遍歴

 

プロフェッショナルに出演する高橋藤一(たかはしとういち)さんは、

19歳で北仙酒造(旧角館町)に入り、酒造りに携わり始めました。

現在73歳。

30歳の頃には、吉井酒造(弘前市)に勤めており、

杜氏資格を取得します。

 

プロフェッショナルに出演する高橋藤一(たかはしとういち)さんが、杜氏資格を取得されてのは

1975年高橋藤一が吉井酒造で働いていた

30歳のときから計算すると、杜氏歴は40年、

酒屋で働いている年数は50年を越えるんですね!

それだけでも、培ってきた経験や技術は相当なものだということが

想像できますね。

まさしく、レジェンド!

吉井酒造から始まり、京野酒造、

そして1984年から現在の齋彌酒造店で経験をつまれています。

 

高橋藤一(たかはしとういち)の日本酒受賞歴は?

 

プロフェッショナルに出演する齋彌酒造店は、2001年オーガニック工場の認定。

その翌年、無農薬米を使用した、

日本初のオーガニック日本酒を醸造します。

 

また、全国新酒鑑会、秋田県清酒品評会、

東北清酒鑑評会などで多数の受賞歴があります。

 

齋彌酒造店の平成以降の主な受賞歴

全国新酒鑑評会 金賞 19回
東北清酒鑑評会 【吟醸酒】優等賞 22回 【純米酒】優等賞 19回
その他 IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)
ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)
JOY OF SAKE(全米日本酒鑑評会)
など

 

 

現在、齋彌酒造店取締役製造部長として活躍している

高橋藤一(たかはしとういち)さん。

日本酒の発展のためにどれだけ貢献されてきたのでしょうか。

日本酒の歴史の教科書があるなら、

きっと掲載されるでしょうね♪

スポンサードリンク

高橋藤一の酒屋・酒蔵はどこ?齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)場所やアクセスや歴史は?

 

高橋藤一(たかはしとういち)の酒屋・酒蔵

 

プロフェッショナルに出演する高橋藤一(たかはしとういち)さんが働いている酒屋・酒蔵はどこなのか

気になる方は多いのではないでしょうか?

おさらいすると、高橋藤一(たかはしとういち)さんが働いているのは

齋藤彌太郎が由利本荘市に創業した蔵元である「齋彌酒造店」です。

 

明治35年(1902年)創業と歴史ある酒蔵ですね!

 

齋彌酒造店(さいやしゅぞうてん)の場所やアクセス

  • 株式会社齋彌酒造店
    秋田県由利本荘市石脇字石脇53
    0184-22-0536(代表)
    営業時間:午前8時~午後5時
    土・日・祝日、年末年始、盆は休み
    羽後本荘駅から1,239m

 

高橋藤一(伝説の杜氏)の日本酒の銘柄は?雪の芽舎とは?

 

プロフェッショナルに出演する伝説の杜氏、高橋藤一さんが作る代表的な日本酒の銘柄は

雪の芽舎です。

 

齋彌酒造店は、「由利正宗」の銘柄で長年親しまれてきた酒蔵ですが、

近年、「雪の茅舎」という銘柄を醸しています。

「雪の茅舎」シリーズは齋彌酒造店で造られている

日本酒の中でも上質なお酒に使用されている銘柄です。

蔵を訪れたある作家が「雪に埋もれた茅葺き屋根の農家が点在している冬景色」から命名したそうですよ!

雪の芽舎の中にも値段や、種類も様々です、

使用するお米は「秋田酒こまち」。

純米酒以上の日本酒を作るときにはこだわりがあり、

「櫂入れをしない」「濾過をしない」「割り水をしない」の「三無い造り」を守っているそうです。

 

雪の芽舎[日本酒]の味や口コミや評判は?プロフェッショナル

 

プロフェッショナルに出演する日本酒・雪の茅舎は齋彌酒造店の高橋藤一(たかはしとういち)さんが作る最高の日本酒!

となると、その味や評判や口コミが気になりますよね~!

美酒の設計よりさらに香り穏やか…

口当たりの柔らかさ甘味旨味酸味のバランスが素晴らしい そうですね!

辛味が甘さと同時くらいに来るほどのバランスで美味しいようですね♪

 

雪の芽舎(ゆきのぼうしゃ)のお取り寄せ(通販)購入方法は?値段は?

 

雪の芽舎[ゆきのぼうしゃ]は、どこで購入できるのでしょうか?

お取り寄せ(通販)やその値段を調べてみました。

調べてみると、楽天市場で購入できるようですね。

値段

純米大吟醸

・・・1.8L 化粧箱入 7,560円
720ml 化粧箱入 3,456円

大吟醸

・・・1.8L 化粧箱入 5,292円
720ml 化粧箱入 2,700円
180ml 648円

純米吟醸

・・・1.8L 化粧箱入 3,024円
720ml 化粧箱入 1,620円
300ml 734円
180ml 400円

やはり、日本全国からこの美味しい日本酒と取り寄せられるというのはうれしいですよね!

幅広いファンをつけているんでしょうね!

 

高橋藤一と酒場ライター吉田類がプロフェッショナルに!

 

イラストレーター・作家の吉田類さんは、

飲み歩き番組『吉田類の酒場放浪記』(BS-TBS)で

酔っ払い姿を毎週見せ、その楽しげな様子から、

酒好きのみならず下戸からも愛されています。

そんな吉田類さんが、今回のプロフェッショナルに登場します。

 

お茶の間ではアイドル的な人気をもっている吉田類さん、

どんなトークが繰り広げられるか気になりますよね!

 

プロフェッショナル仕事の流儀では

吉田類と高橋藤一のトーク内容はとても濃ゆそうですね!

見逃せませんね!

 

まとめ

今回は、

2019年3月4日(月)  22時25分~23時10分に放送される

プロフェッショナルに出演する

伝説の杜氏、高橋藤一さんについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です