スポンサードリンク
 

 

平孝臣医師の年収やwiki経歴!楽器演奏中に手術した勤務先は?結婚しプライベートは?

こんにちは!

2019年2月25日(月)  22時00分~23時07分に放送される

1番だけが知っている。

日本にスーパー医師が!頭蓋骨に穴…楽器を演奏させたまま手術

と題し、ある神の手を持つ脳外科の医師が特集されるようです。

平孝臣(たいらたかおみ)医師が1番だけが知っているに登場!

世の中のあらゆる業界に存在する“その道のNo.1”の人物から、

とっておきエピソードが語られるテレビ番組「一番だけが知っている」

毎回、驚がくのエピソードを持つ人物が登場するのですが

今回は、特に番組予告から衝撃を受けました!

その動画がこちら!

なんと、頭蓋骨を開けたまま患者と会話するのはもちろん

楽器を演奏させたまま手術をしている動画が予告動画として放送されています!

手術を受けているのは、バイオリンを弾けなくなったミュージシャン。

どうやら、バイオリンを弾けなくなった原因は脳の病気だったようで、

その手術を行った医師が特集されるようです。

海外のお話かと思いきや、その人物はなんと

日本人の脳神経外科医なんだそう!

驚きですよね!!

一体どこの病院で誰なのでしょうか?

また、なぜ楽器を演奏しながら手術をしたのでしょうか?

気になりますよね~!

ではいってみましょう♪

 

平孝臣(たいらたかおみ)医師のwiki経歴プロフィール!勤務先病院は?

頭蓋骨を開けたまま患者と会話するのはもちろん

楽器を演奏させたまま手術をしたのは、

東京女子医科大学の脳神経外科に勤務する平孝臣(たいらたかおみ)医師のようです。

平孝臣(たいらたかおみ)医師は、日本の機能的脳神経外科を代表する脳神経外科医。

専門とする分野は、機能的脳神経外科、難治性疼痛・痙縮・ジストニアなどの不随意運動の手術治療のようです。

ふむう・・ちょっと難しいですね(笑)

これまでに、国内外でも多くの手術を経験されており、国際学会の会長・役員も歴任されているようです!

海外からの評価も素晴らしいんですね。

これまでに、200回近い国際学会での発表・講演も行っていらっしゃるようです。

現在の勤務先は東京女子医科大学

現在、平孝臣(たいらたかおみ)医師は東京女子医科大学の脳神経外科に勤務されています。

 

楽器を演奏させたまま手術?!

今回、番組では楽器を演奏させたままの手術している光景が特集されるようです。

この衝撃的な手術は過去にも、ブラジル・サンタカタリーナ州の病院で行われているようです。

このときも、脳腫瘍切除の手術中に、

ギターを手にビートルズの名曲を演奏していたようです。

ではいったいなぜこのような、手術方法をとったのでしょうか?

患者は痛くないのでしょうか??

調べてみると、脳が痛みを感じないらしく、そのことを利用しこのような手術が可能となるんだそうです。

このときのブラジルの医師は、

「知覚や喋るための神経を傷つけないためにも重要です。患者が起きたまま行うことで、そういった神経に支障がないか確認しながら手術を遂行できます。今回の手術はとても画期的な挑戦だと言えるでしょう」

引用:https://news.nicovideo.jp/watch/nw1628004

と述べていました。

 

ミュージシャンGEN

 

局所性ジストニアとは?

突然手や首、体全体などが自分の意思通りに動かなくなる。それが難治性の脳神経疾患である局所性ジストニア。

局所性ジストニアとが発症すると、脳や神経系統の何らかの機能異常により、筋肉が異常に緊張します。

そして、その結果、無意識に異常な姿勢や動きをしてしまうんだそうです。

 

例えば、顔・頭・首などの体の一部がさまざまな方向にねじれる・口が開閉できない・体全体が歪んでしまう・手足が震えるなどの症状が持続して現れます。しかし、知能が侵されることはありませんし、生死に関わる病気ではありません。

ジストニアに対する定位脳手術

 

平孝臣(たいらたかおみ)の年収は?

 

結婚して妻(嫁)や子供は?

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です