スポンサードリンク
 

 

東海林美保(しょうじみほ)wiki経歴プロフィール結婚は?地酒 三益酒店の場所!3姉妹がかわいい!セブンルール

こんにちは!

2019年3月26日(火)  23時30分~24時00分に放送される

セブンルール

地酒『三益酒店』の三代目店主である東海林美保さんが登場します!

お酒好きにはたまらない地酒!

その地酒をなんと500種類も扱っているこの

東海林美保さんが経営する『三益酒店』

全国にもファンが多く、かなりの珍しい地酒も扱うんだとか。

しかし、この地酒のファンだけでなく

東海林美保さん姉妹のとりこになり

遠方のお客さんが『三益酒店』に通っているんだとか。

そんな魅力満載の東海林美保さん3姉妹はいったいどんな方なのでしょうか。

地酒『三益酒店』はどのような特徴を持つ酒店なのでしょうか。

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

東海林美保(三益酒店)が『セブンルール』に登場!

今回放送されるセブンルールの番組予告によると

このような内容が放送されるようです。

東海林美保さんの経歴概要はこちら。

今回の主人公は、東京・赤羽の地酒専門店「三益酒店」店主・東海林美保(34)。全国から取り寄せた500種類以上の地酒の販売だけでなく、地酒とおつまみが楽しめる“角打ち”も開き、東京のみならず他県から訪れる人もいる程、多くのファンでにぎわう。 三姉妹の長女として赤羽で生まれ育った東海林。もともと父が経営していた「三益酒店」に小さい頃から親しみ、いつか自分が店を継ぐと考えていた。大学卒業後は両親の勧めで一般企業に就職するが、母の病気を機に25歳で実家の酒屋に戻ることを決意した。彼女の信条は、ただ酒を勧めるだけでなく、造り手が一本の酒に込めた思いをくみ取り、客に伝えていくということ。全国各地の酒蔵から集めた地酒と、彼女のアイディアで始めた角打ちで、三益酒店は地元以外でも知られる存在となっている。 三益酒店では、東海林が外回りと商品配達を行い、二女が在庫管理や経理作業などを、三女が角打ちを担当。三姉妹が、それぞれ得意な分野で店を盛り立てている。そんなお店の大黒柱、東海林美保の7つのルールに注目!

出典:セブンルール公式HP

 

地酒『三益酒店』は、東海林美保さんが

父親から引継ぎ、3代目の店主となります、

名前のとおり、女性の店主ということであまり一般的ではありませんよね。

東海林美保さんは3姉妹で、地酒『三益酒店』は、協力し経営しているようです。

女性特有の細やかなサービスやアイディアで、

店内の商品説明を行い、集客しているようです。

そのため、ファンはリピーターがかなり多いのではないでしょうか。

続いて、そんな女店主の東海林美保のプロフィールや経歴について追ってみたいと思います。

また、3姉妹の役割分担や、て地酒『三益酒店』の場所や経営時間など

チェックしていきたいと思います。

スポンサードリンク

東海林美保wikiプロフィール!年齢や出身地は?

セブンルールに出演する

地酒『三益酒店』の店主である東海林美保さんのプロフィールをチェックしてみたいと思います。

東海林美保さんのプロフィール

  • 名前 東海林美保
  • 愛称 ショウミホ
  • 生年月日 1984年9月9日
  • 出身地 東京都北区

 

東海林美保さんのご年齢は、1984年9月9日生まれということで

2019年現在でご年齢は35歳です。

とてもお若い方ですよね。

見た目もとてもはつらつとしていて綺麗な方です。

 

東海林美保さんは、東京出身で、

地酒『三益酒店』を経営する父親の元に生まれます。

地酒『三益酒店』で生まれ育ったということもあり

お酒は身近なもの。

お客さんとのふれあいもきっと昔からあり

コミュニケーションをとることも好きだったんではないでしょうか。

将来は、自営業の地酒『三益酒店』を継ぐのであろうと

自然と東海林美保さんは思っていたようですね。

『三益酒店』に戻ってきたのは東海林美保さんが25歳のとき。

父親の元で経営の修行を行い、

32歳のときに父親から酒店を引き継ぐことになりました。

 

東海林美保の経歴は?!前職は?

 

東海林美保さんは、高校を卒業後大学に進学。

大学を卒業後、エクセルヒューマン株式会社に就職されました。

EH株式会社は1964年の創業以来の「製造小売業(SPA)」のパイオニア

「製造小売業」(SPA)として、優れた良い商品のみを取り揃え、消費者の皆さまに直接販売できる会社なので

現在の酒販売につながるものがあったのではないでしょうか。

 

東海林美保が酒屋継いだ経歴は?きっかけ理由

 

東海林美保さんは父親から、

『三益酒店』を引き継ぎました。

しかし、会社員を辞めてまで『三益酒店』継ぐことになった

きっかけはなんだったのでしょうか。

東海林美保さんが『三益酒店』を継ぐ理由となったのは

母親の病。

2009年にお母さんが病気になり、それがきっかけで

東海林美保さんは2010年に会社を辞め、

実家に戻り『三益酒店』を手伝うようになったんですね。

修行を重ね、2016年11月には三代目の店主となります

父は、『三益酒店』を継ぐことは当初望んでおらず

一般企業に就職することを勧めていました。

それはきっと自営業という不安定な職業をあえて選ぶこと

広い世界を見てほしいことなど

色々な思いがあったかと思いますが、

実際会社を辞めてまで手伝うと決心した

東海林美保さんの思いについては父親は、

とても嬉しかったのではないでしょうか。

 

東海林美保の3姉妹の役割は?若くて可愛い!

 

東海林美保さんは、3姉妹協力し合い

『三益酒店』を経営されています。

長女・美保さんは外回りや商品の配達。

次女・由美さんは在庫管理理や経理を。

三女の美香さんは“角打ち”を担当。

“角打ち(かくうち)”?そう思った方もいるのではないでしょうか。

「角打ち(かくうち)」というのは、

酒屋さんで缶ビールやカップ酒、缶詰めや乾き物などを買い、

そのまま店内もしくは店先で飲むスタイルのことです。

お客さん同士や、3姉妹とのコミュニケーションが取れてとても

楽しいでしょうね。

『三益酒店』の場所や営業時間など

・住所〒115-0054東京都北区桐ケ丘1丁目9−1

・TEL03−3907−0727

・営業時間10:00〜20:00

・定休日月曜日

・“角打ち”のスケジュール毎週土曜日13:00〜18:00

東海林美保さんは結婚して子供は?

 

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です