スポンサードリンク

新一万円のデザインのバランスが気持ち悪い!フォントがダサイと話題に!

こんにちは!

「新元号」発表と時期が重なった紙幣のデザイン刷新。

9日に、政府が2024年をめどに、1万円札と5千円札、千円札、そして500円貨幣を新しいデザインに変えるという発表を行いました。

ネット上には、こんなTシャツが販売されるほど

新紙幣には注目が集まっているようです♪

 新紙幣Tシャツ

しかし、ネット上には、新紙幣、特に新一万円札の数字フォント(書体)がダサい、デザインのバランスが悪く、

見ていて気持ち悪いと話題になっています。

いったいどういうことなのでしょうか。

新紙幣新一万円札の渋沢栄一のデザインとは?比較してみると?

特に批判が集まっているのは、渋沢栄一氏が印字されている新一万円札。

これまでは、福沢 諭吉さんが印字されていましたよね。

新紙幣1万円札デザインのバランスが気持ち悪い

コピー技術が年々高度化する中、

偽造を防止するため政府は約20年ごとに紙幣のデザインを一新しています。

今回デザインを一新したポイントとしては

「昔の絵ではなく写真が残っている方が望ましい」と、

明治以降の著名人のうち、軍人や政治家以外から選んだそうです。

新紙幣の裏面の図柄には、

1万円が東京駅丸の内駅舎、5千円が藤の花、

千円が葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」(神奈川沖浪裏)が採用されています。

しかし、そのデザインについてバランスが悪いと批判の声が上がっています。

数字のフォントがダサい

また、使用されている数字のフォントに対し、ネットでは不評が相次いでいます。

これまで紙幣の表に大きく表示していた「壱万円」「五千円」「千円」の漢数字。

日本らしくってとても素敵でした。

しかしその漢字は小さくなって左上へ移動し目立たなくなります。

そしてその代わりに「10000」「5000」「1000」の算用数字が

目立つ位置に配置されることに。

重厚感がうすれちゃっている気がしますよね。

正直紙幣としての価値がちょっと薄れた感がハンパないです。

 

一方で、新紙幣の偽造防止技術の為等と擁護する声も

しかし、一方でこういった声も・・!

そう、新紙幣は、傾けると肖像が立体的に浮かび上がるホログラムを世界で初めて採用したんです!

指の感触で判別できるマークを券種ごとに異なる位置に配置。

これは、視覚障害者に配慮したものなんですね。

額面数字を大型化し、高齢者や外国人にも使いやすくしたそうです。

 

んー・・それでも私は前のデザインのほうが

日本のお札!って感じがして好きですね。

 

新紙幣には別の候補が良かったとの声も!

こちらはおまけ。

新紙幣の政府の候補には、間違いなく挙がっていないでしょう!

でも想像しちゃいました(笑)

新紙幣のデザイン&数字フォントはダサいまとめ

政府が2024年をめどにデザインを変える、

1万円札と5千円札、千円札への批判についてまとめてみました。

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です