スポンサードリンク

新幹線の大荷物置場を予約制!料金や予約方法は?何センチでいつから?期間は?

こんにちは。

JR東海が、新幹線に一定の大きさを超える大きな荷物を持ち込む場合、

事前予約で使える特大荷物置場を設置することを導入すると発表したことが話題となっています。

なぜこのような制度が生まれたのでしょうか。

その料金や予約方法はどのようにするのでしょうか。

また何センチから料金が発生し、いつからその制度はスタートするのでしょうか。

スポンサードリンク

新幹線の大荷物予約制の料金は何センチから発生するの?

こちらの制度がスタートするのはJR東海とJR西日本、JR九州。

事前予約で使える特大荷物置場を設置するということですが、いったいなぜこのような制度が生まれたのでしょうか。

こちらの制度が生まれた背景には、指定席の一番うしろの席後方スペーススペースに最後尾の座席じゃない人たちが特大のスーツケースやバギーなどを置くことが増えていて、リクライニングが使えないという問題が背景にあるようです。

 

新幹線の大荷物予約の事前予約が必要になるのは、縦、横、高さ3辺の合計が1メートル60センチを超え、持ち込みが可能な最大の大きさである2メートル50センチ以下の荷物です。

料金はというと、事前予約をしておけば最後尾の席と壁の間にあるスペースに、追加料金なく無料で荷物を置くことができるそうです!

無料ということで安心かというとそうでもなく、予約なしに大きな荷物を持ち込むと、手数料1000円の支払いが必要になるそうです。

これって、かなり周知徹底しないと知らない人とのトラブルが発生しそうですよね。

予約対象となる大きさより小さな荷物でも、最後尾の荷物スペースに置きたい場合は事前予約が必要ですし、他にもベビーカーなど荷物置場を必要とする事情のある人も対象のようです。

知らずにベビーカーを持って乗車したら1000円徴収・・・うーん。

外国人旅行客がスーツケース置き場として使っているけど、本当に周知できるのでしょうか。

スポンサードリンク

新幹線の大荷物予約方法は?

荷物置場は、客室内最後部の座席後ろにある既存のスペースを

「荷物スペース」として新たに指定するようです。

車両の最後尾の指定席とのセットでの事前予約ということで、インターネット予約サービスや券売機、「みどりの窓口」などで、特定の指定席とセットでの事前予約する必要があります。

スポンサードリンク

新幹線の大荷物予約制はいつから?期間は?

サービスは2020年4月中旬から予約受付を開始し、5月中旬から開始する計画となっています。

新幹線の大荷物予約制のネットの反応

良く訪日外国人の方が大きなスーツケースをそこに置いています。彼らにどのように周知するのでしょうか。予約無しで勝手に置いたら1000円(罰金)取ることについて、ご納得頂けるのでしょうか?

それとも新幹線車内にきちんとスーツケースを置けるスペースをデッキなどに整備したほうが良いのではないでしょうか。 JR在来線や私鉄の空港行き有料特急にあります。
車内販売を縮小しているのだから、スペースは捻出できるでしょう。

JR各社様、どうかご検討ください。顧客満足度向上、無用なトラブル防止のためです。

この前、出張で一番うしろの席を指定して新幹線に乗り込んだら
座席と壁の間にどこかの旅行者が大きなキャリーケース突っ込んでて
席が後ろに全く倒せずに難儀したわ
近距離だったので我慢したけど、最近大きすぎる荷物持ち込む人増えてるからいい試みだと思うよ

スポンサードリンク

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です