スポンサードリンク

山本てる南米パラグアイ移住理由は?!89歳おばあちゃん世界ナゼそこに日本人

こんにちは。

2019年9月23日(月)  21時00分~22時48分に放送される

世界ナゼそこに日本人 【秘境で暮らす日本人】強烈キャラSP!

南米パラグアイに住む89歳で元気すぎる超破天荒おばあちゃんが登場!

スポンサードリンク

山本てる南米パラグアイ在住が世界ナゼそこに日本人に登場!

世界で活躍する知られざる日本人を取材し

「ナゼそこで働くのか」「ナゼそこに住み続けるのか」

という理由を探るドキュメントバラエティー「世界なぜそこに日本人!」

今回の番組予告によると、南米パラグアイに住む89歳で元気すぎる超破天荒おばあちゃんが登場するそうです!

何が破天荒かというと・・まず番組予告によるとなんと13人の子供がおり、世界中に総勢81人もの子孫がいるんだとか!

他にも山本てるさんの破天荒ぶりが世界なぜそこに日本人では放送されるんでしょうね♪

山本てるの南米パラグアイ移住理由や経歴は?世界なぜそこに日本人

今回、世界なぜそこに日本人に登場する、南米パラグアイに住む89歳で元気すぎる超破天荒おばあちゃん、山本てるさん。

南米パラグアイの場所をまずチェック!

南米の中央下部の方にあり、パラグアイは日本の真反対にあるんですね!

素朴でのどかな国のパラグアイは

南米でも有数の親日国で日系移民も7000~8000人いるそうです。

そんなパラグアイに住む、山本てるさんもその一人。

パラグアイの首都は、アスンシオンという都市ですが、山本てるさんが住むのは片田舎の町イグアス。

そこで、山本てるさんは60年以上も住み続けているそうです。

スポンサードリンク

パラグアイの山本てるさんが世界なぜそこに日本人に再登場

実は、世界なぜそこに日本人の番組は、山本てるさんのパラグアイ生活を2014年ころに取材されているようですね。

今回はその時の再放送?それとも再取材?のようですね。

13人の子供がおり、世界中に総勢81人もの子孫がいるパワフルな山本てるさん。

世界なぜそこに日本人では、山本てるさんのパラグアイでの破天荒な様子が放送されます。

御年89歳ながら週4日のゲートボールが趣味で、夜な夜なカラオケバーに通い、エステサロンで日を磨く山本てるさん。

現在は、13番目の末娘・絹子(きぬこ)さん一家と共に暮らしおり、人生を楽しく過ごされています。

しかし、その裏には、パラグアイでの過酷な人生の苦難があったようです。

山本てるはなぜ南米パラグアイに?世界なぜそこに日本人

世界なぜそこに日本人に登場する、南米パラグアイに住む山本てるさん。

山本てるさんが生まれたのは大正14年(1925年)の日本。

第二次世界大戦前に、一人目の夫と結婚するも夫は徴兵、一人で子供を育てる極貧生活だったそうで、次女はこのとき栄養失調で亡くなられています。

終戦し、夫が生還。

しかし、戦後の混乱の中山本てるさん一家は極貧生活を引き続き強いられ、その打開策として政府が推奨する南米パラグアイへの移住へと希望を見出します。

しかし、実際に新天地パラグアイに行ってみると、未開のジャングルを開墾し農業をする過酷な片道切符。

必死にパラグアイの山林の開拓をすすめるも、夫が事故で亡くなります。

このとき山本てるさんは、8人目の子供をお腹に宿していたそうです。

途方に暮れる山本てるさん。

しかし、いつまでも途方に暮れるわけにはいかず、生きていくため二人目の夫と結婚。

しかし、その夫も病気により先立たれます。

そして、最後の夫と出会い結婚、46歳で13番目の末娘・絹子(きぬこ)さんを危険を承知で出産!

現在は、山本てるさんはその夫にも先ただれパラグアイで穏やかな生活を送られているとの放送内容でした。

今現在、山本てるさんはどのような生活をされているのでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です