スポンサードリンク

 

 

 

ゴーンがレバノン逃亡の理由なぜ?関係性は?声明を発表

こんにちは。

なんと保釈中の日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が日本を出国し、中東レバノンの首都ベイルートに到着したという報道がなされています。

当のカルロス・ゴーン被告もその後、現在レバノンにいるという宣言を行っています。

保釈中であり、国外出国は認められていない中の無断出国の前例が、でき裁判所はなぜ保釈したのかその理由や、関係者の責任が問われることとなるのではないでしょうか。

ところでなぜ、ゴーン被告はレバノンに逃亡したのか理由が気になるところですよね。

カルロス・ゴーン被告とレバノンとの関係はどのようなものなのでしょうか。

他の国ではなくレバノンを逃亡先とした理由は、きっと事前にレバノンと打ち合わせをし、かくまってもらえるという算段がついたからなんでしょう。

なぜ、レバノンではカルロス・ゴーン被告の逃亡に協力的なのでしょうか。

気になったので、カルロス・ゴーン被告がなぜ、他の国ではなくレバノンを逃亡先としたのかその理由について調べてみました。

スポンサードリンク

ゴーンがレバノンの理由はなぜ関係性は?カルロス・ゴーンが逃亡!?

なぜカルロス・ゴーン被告はレバノンを逃亡先としたのでしょうか。

実は、カルロス・ゴーン被告は、レバノンの国籍を持っているのです。

カルロス・ゴーン被告の祖父がレバノン出身であるため、幼少期をレバノンで過ごしたと言われています。

ゴーン被告はレバノン国籍の他にフランス国籍も取得していますが、さすがにフランスでは逃亡に協力してくれないでしょうし、レバノンに逃亡した理由と言えるのでしょうね。

実際レバノンでは、社会貢献に積極的で英雄的存在で扱われているんだとか。

そのためレバノンの国民は今回の日本の検察に逮捕された事件そのものを認めていない、ゴーン被告を援護するような声が上がっているようです。

また国民だけでなく、レバノンの外相がゴーン被告を援護する姿勢をとっています。

そのようにレバノンは国を上げてカルロス・ゴーン被告を援護している姿勢をとっておりレバノンを逃亡先としたことはわかりますよね。

スポンサードリンク

カルロス・ゴーンがレバノンで声明を発表

レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告ですが、国外出国に対し生命を発表しているようです。

それはこのような内容。

  • 「私はいまレバノンにいます。もはや私は有罪が前提とされ、差別がまん延し、基本的な人権が無視されている不正な日本の司法制度の人質ではなくなります」
  • 「私は不公正と政治的迫害から逃れました。ようやくメディアと自由にコミュニケーションできるようになりました」

このような声明を発表したカルロス・ゴーン被告に対するネットの反応をみてみましよう。

レバノンの理由はなぜ?カルロス・ゴーンが逃亡!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です