スポンサードリンク

ペルセウス座流星群2019はいつ?何日?何時?方角や天気は?

こんにちは。

夏の風物詩ペルセウス座流星群。

毎年豊富な出現を見せ,夏休みの一大イベントとして定着しています。

そんなペルセウス座流星群の観測時期となり、ネット上でも大きな話題となっています。

スポンサードリンク

ペルセウス座流星群の観測時期はいつ?何日?何時?

夏の定番天文現象「ペルセウス座流星群」。

ペルセウス座流星群は1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ3大流星群のひとつといて知られていますよね。

今年のペルセウス座流星群2019の観測できる時期はいつののでしょうか。

何日が極大で、何時ころが見頃なのでしょう。

ペルセウス座流星群の極大時刻

調べてみたところ、2019年のペルセウス座流星群の流れ星が最も多く流れる「極大時刻」は、8月13日16~17時(午後4~5時)ごろ。

つまり昼間ですね。

となると、極大のときに2019年のペルセウス座流星群の観測はできません。

よって、一番見やすい時期は、8月12日の深夜から13日の明け方ごろと、13日の深夜から14日の明け方ごろというわけですね。

・出現期間:7月17日(水)~8月24日(土)
・ピーク :8月13日(火)16時頃

というわけです。

スポンサードリンク

ペルセウス座流星群の天気は?

西日本や日本海側のエリアを中心に、流星がよく見られそうです。

関東や東北太平洋側は台風10号の影響で雲が広がるようですね。

しかし、今年は8月15日が満月ですので、その数日前となる13日前後は未明から明け方ごろまで月が夜空にあるということで、あまり観測には適していないようですね。

ペルセウス座流星群の方角は?

ペルセウス座流星群が見れる方角はあるのでしょうか。

ペルセウス座流星群は全天にまんべんなく流れるのが特徴なので特定の方角というものはあまり考えなくてよいようです。

見つけにくい方は、北東の空を中心に広く空を見ると良いそうですよ。

スポンサードリンク

ペルセウス座流星群の流れ星の様子を動画で

2019年8月12日から14日ごろを中心に、ペルセウス座流星群の流れ星が見るということで、youtube条に天文ソフト「ステラナビゲータ」で、北東方向の空の見え方をシミュレーションした動画が投稿されていました。

 

スポンサードリンク

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です