スポンサードリンク

太田光夫(おおたみつお)は詩人で太田三砂貴の祖先!経歴やどんな人?

5億人に1人!IQ188の天才・太田三砂貴(おおたみさき) 。

小学生で相対性理論を理解…3か月で英語をマスター…独学で交響曲を作曲

「自分はどうやって生まれたのか」日本史上最高と言われる頭脳を持つ天才が、

自分のルーツを辿り函館へ行きルーツを探りました。

スポンサードリンク

太田光夫(おおたみつお)が太田三砂貴の祖先

太田三砂貴(おおたみさき)の父は

太田三砂貴(おおたみさき)さんの祖先は太田光夫という詩人のようです。

自然観察力の強い人だったようです。

この点は、太田三砂貴(おおたみさき)と酷似しており、

番組では、自然現象の観察が鋭い太田三砂貴(おおたみさき)さんは

数式を用い自然現象を理解しようとする姿が放送されました。

スポンサードリンク

太田光夫(おおたみつお)の現在は?太田三砂貴との関係は?

 

太田光夫さんは、祖父の兄に当たる方で、

残念ながら14年前になくなられています。

若い頃からレコードを聴き、音楽にも興味があった太田光夫さん。

その太田光夫さんの妻は存命であったため、

番組では太田光夫さんの妻富江さんから話を聞ことになりました。

 

太田光夫(おおたみつお)の経歴は?

三男として生まれた太田光夫さん。

クラシックや絵画を愛していたということからも

高IQだったということが伺われます。

18歳に徴兵され軍隊に。

戦争がちょうど終了し、20歳となった太田光夫さん。

肺結核となり、病室で取り組んだのが短歌でした。

すぐに才能が開花、短歌結社の理事を務めることになったそうです。

2000首の短歌を作ったそうですよ!

生真面目で、仕事熱心だったという太田光夫さん。

平成13年に宮中に呼ばれ、皇室から勲章を受章されたそうです。

しかし、なんと詩人としての受賞ではないというから驚きです!

旭日章を受賞!臨床検査技師としての実績を評価

その受賞は医学の功績を評価されたものでした。

肺結核としての経験から、独学で勉強。

臨床検査技師として病原菌の研究に取り組んだそうです。

78歳でこの世を去りました。

 

もっとすごい人がいた?!英男も悲劇の天才!

7人兄弟で1番の天才だった太田英男さんが一番の天才だったそうですが

戦争で、なくなられています。

太田三砂貴(おおたみさき)さんの親戚自体才能にあふれた血筋で、

祖父の盛さんも建具職人、

叔母もエッセイの執筆や短歌、

父もかつては、花のコンテストなどで活躍しており、

フラワーデザインで函館一位となった実績があるそうです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




2 件のコメント

  • スゴイですね。でも、とても残念なのは、日本は、外国の方が、評価すると、日本でも評価すると言うことです。外国の方がではなく、日本は、本当に、いち早く、素晴らしい人材を、確保し、人材発見、発掘、育成、する事が非常に大事だと思います。また、そう言う人材の活躍する場所の提供も、必要だと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です