スポンサードリンク

ノルウェー王女の霊媒師の交際相手は誰?インスタやシャーマンでプリンセスやめる?

こんにちは。

ノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女(47)が、公務を除いて「プリンセス(王女)」の肩書を返上することをインスタで発表したそうです。

インスタってw

そして、その理由が衝撃的!ノルウェー王女の交際相手である霊媒師(シャーマン)と一緒に活動している内容に批判を受けたからだとか。

いったいなぜ、このような事態におちいったのか。

そして、その霊媒師(シャーマン)とは誰なのか。

調べてみました。

スポンサードリンク

ノルウェー王女の霊媒師(シャーマン)の交際相手って誰?

公務を除いて「プリンセス(王女)」の肩書を返上するノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女とはどんな方なのでしょうか。

ノルウェー王女プリンセス返上!マッタ・ルイーセ王女

公務を除いて「プリンセス(王女)」の肩書を返上するノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女は、ノルウェーの王様、ハラール5世とソニア王妃の長女です。

ちなみに王位継承順位は第4位。

ちなみに、バツイチで2002年30歳で、ノルウェーの人気作家アリ・ベーンと結婚。

その後、14年間の結婚の後に2016年に離婚。

現在、3人の子供がいらっしゃいます。

スポンサードリンク

霊媒師(シャーマン)が交際相手で誰?デュレク・ヴェレット

そのバツイチのノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女の交際相手が霊媒師(シャーマン)のデュレク・ヴェレット。

この霊媒師(シャーマン)のデュレク・ヴェレットさんは、セレブ御用達のスピリチュアルガイドと名乗っていらっしゃいます。

実際に、ツーショット写真も公開されているんで交流があるんでしょうね。

ノルウェー王女がプリンセスやめる理由は何?霊媒師(シャーマン)との活動は?

では、なぜノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女が公務を除いて「プリンセス(王女)」の肩書を返上することになったのか。

霊媒師(シャーマン)のデュレク・ヴェレットさんと交際しているだけでは、そうはなりませんよね。

実は、交際相手で「シャーマン(霊媒師)」を名乗るデュレク・ベレット氏と共に「王女とシャーマン」と題したツアーの参加を有料で募集したそうなんです。

王室の名前を商業利用に使っちゃったんですね。

それを見た国民は批判殺到。

霊媒師の売名行為と金儲けに、ノルウェー王室という肩書が利用されるのが納得行かない!というわけですね。

ノルウェー国民は王室大好きなので、その行為が許せなかったんですね。

でも、霊媒師(シャーマン)のデュレク・ヴェレットさんのことが大好きでベッタリなノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女は謝罪するも、

じゃぁ公務を除いて「プリンセス(王女)」の肩書を返上すれば解決するよね?!と予想外の行動に出たわけですね。

それもインスタで発表。

これまで文化活動に積極的に取り組んできたが、最近はスピリチュアル(精神的)な活動にも関心を寄せているんだとか。

スピリチュアルにハマったのが先で、霊媒師(シャーマン)のデュレク・ヴェレットさんと出会ったのか、それとも逆かわかりませんが、今後どのような展開となるのでしょうか。

今後は交流サイト(SNS)を通じて社会に影響を与える活動がしたいらしいですが、王女の肩書持ってたほうが明らかに社会に影響は与えられると思うのは私だけでしょうか。

スポンサードリンク

ノルウェー王女のインスタ画像

さて、そんなノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女のインスタをチェック!

これが、王女やめます宣言のインスタの投稿ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Det har vært mange diskusjoner om min bruk av tittel i kommersiell sammenheng i det siste. Det at jeg brukte Prinsesse i tittelen på min turné, har jeg sagt tidligere at jeg er veldig lei meg for, og det står jeg fortsatt ved. Det var et feiltrinn og jeg skjønner at det provoserer når prinsessetittelen blir brukt på denne måten. Diskusjonene er noe jeg har tatt seriøst, og i samarbeid med min familie har vi funnet ut at det er best at vi gjør noen endringer. Vi har derfor i fellesskap kommet fram til at jeg bruker tittelen prinsesse når jeg representerer Kongehuset, gjør mine offisielle oppdrag i inn og utland og i private sammenhenger. Jeg skal fra nå av ikke bruke min prinsessetittel i kommersiell sammenheng. Det vil si at jeg i alle kommersielle sammenhenger, bruker kun Märtha Louise. Dette opplever jeg som en god løsning der det blir et tydelig skille mellom min næringsvirksomhet og min rolle som representant for Kongehuset og at jeg dermed har skapt rom for større frihet i min næringsvirksomhet. #livsendringer #livet @martha.louise.intuitive

Princess Märtha Louiseさん(@princessmarthalouise)がシェアした投稿 –

こちらが交際相手の霊媒師(シャーマン)のデュレク・ヴェレットさん

交際相手の霊媒師(シャーマン)のインスタ

こちらが、交際相手の霊媒師(シャーマン)のインスタ&フェイスブックです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

There is a grace and beauty about life when you fall in love. Something softens in you that’s unspeakable, however felt in the very depth of your soul. Then your eyes see more clearly yourself and everyone else with the same reflection the heart feels. To be loved or not to be loved for I’d rather be loved unconditionally then not to be loved at all. This is what I feel from @princessmarthalouise, pure acceptance of my multidimensional self. Not just the Shaman, however the woman in me, the strong man in me, the little boy, ET, the jaguar, the scientist and the angel and more. All loved by this Goddess, who I honor and worship. Where I can cry in her arms when I’m sad or hurt and laugh about life and its many complexities. A strong woman who lets me be me without judgement or confinement. I’m free when I’m with her, free to be me and love a women who is a bright light of wisdom and profound grace and immense beauty. Happy Mothers Day powerful women of the world. I honor you and your devotion to life. Thank you @dhendersonphoto

Shaman Durekさん(@shamandurek)がシェアした投稿 –

スポンサードリンク

 

まとめ

ノルウェー王室のマッタ・ルイーセ王女(47)が、公務を除いて「プリンセス(王女)」の肩書を返上することをインスタで発表した理由についてまとめてみました。

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です