スポンサードリンク

キンコン西野の時計スピーチ動画は洗脳?近畿大卒業式に賛否両論!

こんにちは!

近畿大学って毎年、卒業式に今世間で話題となっている識者を招いて

スピーチすることが恒例となっています。

平成26年度は 実業家 堀江貴文氏のメッセージ

平成30年度は、芸人・芥川賞作家 又吉直樹氏のメッセージ

とそのスピーチ内容が卒業生に限らず実社会で働く方々にとっても心に響くと話題になりました。

これからの未来を担う方々にとって、卒業式でもらう言葉って忘れられないものになることが多いですよね。

で、今年の平成31年度のスピーチは誰かと言うと

漫才コンビ「キングコング」、西野亮廣氏。

通称、キンコン西野と略されることが多いこちらの方ですが、こちらのスピーチ内容に賛否両論の意見が集まっています。

今回、キンコン西野氏が行ったスピーチは、近畿大学がYouTube上の公式チャンネルに「キンコン西野 伝説のスピーチ 」として投稿しています。

こちらの動画は、約15分間あるのですが、意見が集まっているのは次の2点。

1点目は、キンコン西野氏が登場した際に大きな拍手喝采がなかった点に、卒業生へ向けてキンコン西野氏が放った言葉が、洗脳セミナーやカルト団体でよく使われる洗脳手法で「罪悪感を抱かせる事による支配術」の一つを使用されていて危険ではないの?という点

2点目は、「時計」を人生になぞらえて語るキンコン西野氏だが、時計と人生はまったく異なり、こちらも現実を抽象化して根拠のないたとえ話で説得力を持たせる洗脳セミナーと似ているのではないの?と言う点

どちらも、映像が切り抜かれてTwitterでも拡散されていてとても意見が分かれているようです。

 

なぜここまで、このスピーチが注目集めているのでしょうか。

気になったので動画を元に、ネット上の意見を調べて見ました。

 

キンコン西野スピーチ動画!近畿大学卒業式ゲストに登場

近畿大学の卒業式に出たキンコン西野さんのスピーチ動画を見てもらったほうが一番手っ取り早いのでその動画をご紹介します。

近畿大学がyoutube上に、動画を公開しています。

キンコン西野 伝説のスピーチ「人生に失敗など存在しない」平成30年度近畿大学卒業式

平成31年(2019年)3月23日(土)に挙行された「平成30年度近畿大学卒業式」での芸人・絵本作家 西野亮廣氏のメッセージとして投稿。

現在、こちらのキンコン西野氏の近大卒業式youtube動画は、250万再生でコメント数3600とかなり白熱した議論となっています。

キンコン西野近畿大学スピーチ登場時の拍手要請は洗脳?罪悪感を抱かせる事による支配術?

まず1点目に注目が集まっているのは、キンコン西野氏の登場シーン。

 

 

死刑は言いすぎですが、こちらの投稿上にはyoutubeの動画のキャプチャが掲載してあります。

そこのキンコン西野氏のスピーチ動画の文章を抜き出してみると

 

皆様のバラバラの拍手これで良いのかって話なんですよ

私が求めていたのは何なのか?
どういうことをしたら私のテンションは上がったのか?

この雰囲気のまま、しれーと終わっちゃっていいのか?
っていう問題がありますよね。

皆さんには二つの選択肢がある

バラバラの拍手で、キングコング西野を迎え入れるのか
それとも、全員立ち上がって

男は野太い声を出し、女は黄色い声援を出し
指笛鳴らせるやつは鳴らして大いに盛り上がって

もう一回ゲストスピーカーを迎え入れるのか
二つの選択肢がある。

僕はどちらでもいいです、僕は。

皆さんの人生だから好きなようにしてください。
このまましれーっと卒業式を終えても、僕は問題ない。

どっちだっていいです。
登場やり直します もう一回いきましょう。

~再登場~

ワーワーキャーキャー

やればできんじゃん!

 

このキンコン西野氏が登場した際に大きな拍手喝采がなかった点に、卒業生へ向けてキンコン西野氏が放った言葉が洗脳ではないのか?との話題になっています。

この手法は洗脳セミナーやカルト団体でよく使われる洗脳手法で「罪悪感を抱かせる事による支配術」だというツイートも

 

という意見が。

こちらの意見に対するネット上の反応をみてみましょう。

「時計」にかんする西野氏のスピーチは?

また、「時計」を人生になぞらえて語るキンコン西野氏だが、時計と人生はまったく異なり、こちらも現実を抽象化して根拠のないたとえ話で説得力を持たせる洗脳セミナーと似ているのではないの?と言う点も話題に。

 

”時計ってすごく面白くて、長針と短針があって、あいつらは1時間に1回すれ違うんですよ。重なるんですよ。1時5分で重なって、2時10分くらいで重なって、3時15分くらいで重なって、長身がもう1回追いついたかと思ったらまた4時何分かで重なる。毎時1回は重なるようにできているんですけど、11時台だけは重ならないの。11時台だけは短針が先に逃げ切っちゃって、2つの針って重ならないんです。次に2つの針が重なるのは12時。鐘が鳴るときですね。

伝えたいメッセージは何かと言うと、鐘が鳴る前は報われない時間があるということ。これはぼくにもあったし、今後皆さんにもかならずある。人生における11時台というのは、必ずある。でも大丈夫。時計の針っていうのは必ず重なる。だから挑戦して下さい。皆さんの挑戦がうまくいくことを願っています。頑張ってください。ぼくは、ちょっと先で待ってます”(前掲のYouTube動画より)

 

これに対するネットの反応は・・・

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です