スポンサードリンク

新津春子は清掃プロフェッショナル!羽田経歴プロフィールと年収と国籍中国人?仕事の流儀

皆さん、こんばんは。

今日7月2日の「プロフェッショナル仕事の流儀」にはカリスマ清掃員と呼ばれている新津春子(にいつ はるこ)さんがご出演されます。

新津春子(にいつ はるこ)は羽田空港の清掃プロフェッショナル!仕事の流儀に登場

 

新津春子(にいつ はるこ)さんは、

今回「プロフェッショナル仕事の流儀」に2回目の出演とあり、

羽田空港のカリスマ清掃員、新津春子の名前が日本、

そして世界に広く知れ渡ったことがうかがえます。

新津春子(にいつ はるこ)さんは書籍を出されているほどの

羽田空港のカリスマ清掃員ということをご存知の方も多いとは思います。

そんなカリスマ清掃員の新津春子さんの本業は、世界一清潔な空港と言われている日本が誇る、羽田空港の清掃員。

なんと500人の頂点にいる方なんです。

羽田空港は2016年に世界の国際空港で「最も清潔な空港」として賞を受賞しており今年の2019年まで4連覇しています。

その功績を支えている方が新津春子(にいつ はるこ)さんなんですね。

羽田空港カリスマ清掃員の新津春子さんには4年前にも「プロフェッショナル仕事の流儀」から取材が行われています。

「プロフェッショナル仕事の流儀」で知名度がグンと上がり、今では世界中で新津春子さんは紹介され、なんと新津春子さんのお名前は道徳の教科書にまで掲載されているというから驚きです。

そこで今日は、羽田空港カリスマ清掃員新津春子(にいつ はるこ)さんの経歴プロフィールや掃除方法、結婚や家族、子供、年収について調べていきたいと思います。

果たして、日本の表玄関ともいわれている羽田空港を清潔に保っているカリスマ清掃員でもある新津春子さんはどのような女性なのででしょうか?

スポンサードリンク

新津春子の経歴プロフィールや結婚、家族と掃除清掃方法とは?【プロフェッショナル仕事の流儀】

今日の【プロフェッショナル仕事の流儀】にはカリスマ清掃員、新津春子さんが出演されます。

羽田空港の清掃員500人の頂点にいるカリスマ清掃員、新津春子さんについて調べたことをまとめてみました。

新津春子は羽田空港の清掃員!経歴プロフィール「プロフェッショナル仕事の流儀」

プロフェッショナル仕事の流儀に登場するカリスマ清掃員、新津春子(にいつ はるこ)さんの経歴プロフィールはこちら

新津春子(にいつはるこ)はカリスマ清掃員!プロフィール

プロフェッショナル仕事の流儀に登場するカリスマ清掃員、新津春子さんは1970年生まれの49歳です。

出身は中国で趣味や特技は掃除と清掃

資格はビルクリーニング技能士や清掃作業監督者

そして職業は書籍も出版するほどの言わずとしれた清掃員です。

新津春子(にいつはるこ)の清掃の経歴!国籍は中国人?

プロフェッショナル仕事の流儀に登場するカリスマ清掃員、新津春子(にいつ はるこ)さんは1970年に中国で生まれています。

日本人残留孤児の2世として誕生されたカリスマ清掃員、新津春子さんは差別を受けて育ってきたそうです。

当時の中国では日本人の血がまざっていることでいじめがあったのでしょうね。

今でこそ「国宝級の日本人」としてアジア各国で紹介されるまでになったカリスマ清掃員、新津春子さんですが

幼い頃は心を痛めてこられていたのですね。

そんなカリスマ清掃員、新津春子(にいつ はるこ)さんに転機が訪れたのが

1987年でした。

この年にカリスマ清掃員、新津春子さんは父親の願いでもあった家族5人での日本移住が叶います。

それまでは中国名で呼ばれていたカリスマ清掃員、新津春子(にいつ はるこ)さんはこのとき初めて日本名を付けてもらいました。

その時に田中春子さんとなられたそうです。

新しい日本名を持ち日本での生活に楽しみと不安が子供ながらにあったはずですね。

予感が的中したのか今度はカリスマ清掃員、新津春子さんは日本の高校でも、いじめにあってしまったそうです。

その理由は「中国人だから」。

中国では日本人だからとイジメられ、日本では中国人だからとイジメられ

差別の怖さを感じますね。

よくハーフの芸能人あるあるでイジメや、からかいの話がでていますが

まさに現在でもそんなことが起こっていることは残念です。

そして日本で生活していくうえで今度はカリスマ清掃員、新津春子(にいつ はるこ)さん家族は金銭面でダメージを受けてしまいます。

バブル期に入る前かバブル期であった日本では外国人からの移住者であったが新津春子さん家族が日本で暮らすには容易ではありません。

プロフェッショナル仕事の流儀に登場するカリスマ清掃員、新津春子さんは家族のために、この頃に初めて清掃員のバイトを開始します。

まさかこれこそ運命の始まりですね。

その後カリスマ清掃員、新津春子さんは高校を卒業し清掃とは違う職業に就職していますが

清掃の仕事に魅了され新津春子さんは清掃の知識や技術取得のためになんと職業技術専門学校で

清掃を学びだします。

それからは皆さんご存知の通り、日本空港テクノ株式会社へ入社されています。

ここでもカリスマ清掃員、新津春子さんは男性しか募集がなかった入社に女性である自分を入社させてほしいと頼み込んでいます。

行動力がすごいですよね。

スポンサードリンク

新津春子(羽田空港清掃員)の結婚や家族と子供は?「プロフェッショナル仕事の流儀」

プロフェッショナル仕事の流儀に登場するカリスマ清掃員、新津春子(にいつ はるこ)さんの結婚や、家族、子供について調べてみたところ、1998年にご結婚されていることがわかりました。

しかしお相手が誰なのか見つけることができませんでした。

そして子供については、いないそうです。

その理由が「子育てと清掃の仕事を両立できない」から。

上記理由でカリスマ清掃員、新津春子さんは子供は作らないと決めて生きてこられた方なんですね。

女性が夢や、やりたいことのために生きていくことはカリスマ清掃員、新津春子(にいつ はるこ)さんの若い時代には「子育てと清掃の仕事を両立できない」との理由で

子供を作らないという選択が珍しい時代だったと思います。

カリスマ清掃員、新津春子さんの清掃の仕事に対する強い志しと決意が伝わりますね。

そしてもしかしたら、1998年にご結婚されている夫でもある旦那さんは

子供が欲しかったかもしれませんが妻でもある新津春子さんの意見や意思を尊重されているよき理解者だということがわかります。

ご主人ととにつくったカリスマ清掃員、新津春子さんの誕生だと思えます。

今後の女性の生き方、働き方にカリスマ清掃員、新津春子さんの考えは学ぶことが多いように思えます。

新津春子(羽田空港カリスマ清掃員)の書籍

プロフェッショナル仕事の流儀に登場するカリスマ清掃員、新津春子(にいつ はるこ)さんは、清掃の技術をかわれ書籍も出版しています。

実は我が家にも1冊ですが「ラクラクお掃除汚れ落とし術」を持っています。

そこで今回はカリスマ清掃員、新津春子さんの書籍もまとめてみました。

「清潔な暮らしは1枚のタオルから始まる」

「ラクラクお掃除汚れ落とし術」

「掃除は「ついで」にやりなさい!」

「ほしのさんちのおそうじだいさくせん」

「掃除はやさしさ」

「世界一清潔な空港の清掃員」

プロフェッショナル仕事の流儀に登場するカリスマ清掃員、新津春子さんの書籍はたくさんありますが今日は一部のみマトメています。

よく掃除で何かが変わると言われていますが

まさにそのことを清掃、掃除のプロでもあるカリスマ清掃員、新津春子さんがあらわしているように思えますね。

スポンサードリンク

新津春子(羽田空港清掃員)さんの「新津春子のハウスクリーニング思う心」のホームページもある

プロフェッショナル仕事の流儀に登場するカリスマ清掃員、新津春子(にいつ はるこ)さんは【新津春子のハウスクリーニング思う心】の清掃員です。

日本空港テクノ株式会社の提供するハウスクリーニングの利用条件を定めるものとしてホームページには書かれていますので

カリスマ清掃員、新津春子さんの会社というわけではありませんが

世界一の綺麗な羽田空港で清掃品質を自宅でも味わえるサービスが提供されています。

ホームページにはカリスマ清掃員、新津春子さんが全面的に掲載されており

信頼度がましてくる内容でした。

サービス内容はエアコンクリーニング、キッチンクリーニング、レンジフードクリーニング、浴室クリーニングがあり14,300円~となっていましたので

高額なこともなく自宅が近ければカリスマ清掃員、新津春子さんのノウハウのつまったクリーニングをぜひお願いしたくなります。

カリスマ清掃員、新津春子の年収は?「プロフェッショナル仕事の流儀」

プロフェッショナル仕事の流儀に登場するカリスマ清掃員、新津春子さんの年収は公表されていません。

パートの清掃員の場合自給1000未満が全国的には目立っていますが

羽田空港の清掃スタッフの頂点にいることや書籍も数々出版されてテレビにもご出演されている新津春子さんですから

1千万は超えている気もしますね。印税が大きそうなイメージです。

スポンサードリンク

まとめ「プロフェッショナル仕事の流儀」

今日は「プロフェッショナル仕事の流儀」にカリスマ清掃員の新津春子(にいつ はるこ)さんがご出演されるにあたり

新津春子(にいつ はるこ)さんの経歴プロフィールや家族結婚子供や年収等を調べてまとめてみました。

カリスマ清掃員の新津春子さんが働いている羽田空港をいまいちどすみずみまで目を通して感動してみたと思える内容だと思いますので

「プロフェッショナル仕事の流儀」を楽しみにご覧ください。

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です