スポンサードリンク
 

 

NHKアンドウ(アポ電・不審電話)の音声・手口・詐欺手法は?静岡県警の映像動画は?

こんにちは!

特殊詐欺って年々その被害の手法が多様化・複雑化してますよね。

海外を拠点に詐欺をはたらくなど記憶に新しいのではないでしょうか。

さて、また注目すべき詐欺の手法が明らかになりました。

なんでも、NHKのアンドウを名乗る犯人から、詐欺につながる不審電話が急増しているとのことです。

スポンサードリンク

NHKのアンドウから不審電話!詐欺の前兆か

NHKのアンドウを名乗る犯人から、詐欺につながる不審電話が急増しているのは静岡県。

なぜNHKのアンドウは静岡県をターゲットにしているのか不明ですが、

名簿などを持っているのでしょうか。

2019年に入りNHKアンドウを名乗る者が、統計調査を名乗り、

資産状況を聞き取っているそうなんです。

資産状況を聞き取る目的は、特殊詐欺の事前準備。

ただでさえ、警察官や金融機関をかたる従来の手口に加え、

「令和」への改元を利用したものが増えていると言うのに

困ったものです。

最近では、高齢者の資産状況などを事前に聞く「アポ電」って怖いですよね。

家に現金がいくらあるかを聞き出し強盗に押し入る、アポ電強盗。

  今年(2019年)1月、高齢の夫婦が襲われ、

現金2,000万円が奪われる強盗事件が発生しています。

翌月には80歳の女性が強盗に入られ、殺害されています。

高齢者だけではない問題かもしれません。

そのこともあり、今回のNHKのアンドウと名乗る不審電話について

被害を防ぐため、

県警は4月から実際にかかってきた

電話の録音データ音声公開に踏み切っています。

スポンサードリンク

NHKのアンドウの詐欺(不審電話)の手口・手法

 

NHKのアンドウを名乗る不審電話、アポ電はどのような手法なのでしょうか。

その手口を知ることで事前に詐欺を防ぐことができるかもしれません。

静岡県警が4月8日からホームページ(HP)上でその手法を公開しています。

 

NHKアンドウを名乗る「実録・サギ電話」の一幕。

県警として初めて、資産状況を聞き出す電話の音声データを公開したようです。

「番組内で今、お一人暮らしの方を対象に統計調査を行っていまして」

から始まるその音声。

 

 3月上旬、静岡市内に住む80代の女性宅に電話をかけてきた男が、そう切り出した。NHK静岡放送局職員の「アンドウ」と名乗る男は、実在する情報番組の調査と説明。物腰柔らかいトーンに、女性は警戒する様子もなく、「はい」と返していく。

女性が1人でいるか確認するため、男は「お買い物行く際もお一人で行かれたりするんでしょうか」などと聞き出し、女性も「おかげさまで」と笑いながら返す。終盤には、県の統計調査で老後を見越した預貯金が平均で600万円だったとし、「個人的な数字を聞くわけにはいきませんので上か下という形でお願いします」と質問。わずか1分30秒のうちに、女性の資産状況を聞き出した。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASM4D5240M4DUTPB011.html

スポンサードリンク

『音声』NHKアンドウのアポ電、静岡県警公開の音声・映像動画は?

NHKアンドウからのアポ電について静岡県警が実際に公開した音声がこちら。

実際にNHKを騙って家族や資産状況等の個人情報を聞き出す

サギ電話の内容が録音できたので、

被害防止用に動画として音声を掲出しているようです。

NHKアンドウ【実録】サギ電話動画・音声(静岡県警)

 

県警生活安全企画課によると、

今年1月~4月14日に県内で確認された不審電話は1352件。

1月に176件(前年比81件減)だったのが、

2月に349件(同28件増)、3月は704件(同331件増)と急増しているそうです。

十分にご注意ください!

 

 

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です