スポンサードリンク

習志野サイン盗み動画で罪罰則は?!星稜抗議した証拠や方法は?処罰・処分の真実は?

こんにちは!

高校野球では熱い青春の真っ只中、

真剣勝負といえども相手チームを思いやるフェアプレーを

に心打たれることがあります。

緊迫した場面でも相手を思いやる気持ちを忘れず、

プレーする姿は見守る者たちの心に残るものとなりますよね。

そんな精神に反するかも知れない疑惑のプレーが話題になっています。

問題となっているのは

第91回選抜高校野球大会2回戦の習志野高校と星稜との対戦のことです。

習志野高校がサイン盗みをしたと

星稜が猛抗議!

結局、球審は「サイン盗みはなかった」と判断したようですが、

疑惑の動画には、多種多様な意見があがっています。

そもそも、サイン盗みとはいったいどんな行為なのでしょうか。

習志野高校がサイン盗みしたことが事実であれば

その処罰(罰則処分)が下されるのでしょうか。

 

ということでこちらの記事では

高校野球で習志野高校が、

星稜高校のサインを盗んだ問題の動画をチェックしてみたいと思います。

また、習志野がサインを盗んだ場合、

その処罰(罰則処分)はどのようになるのでしょうか。

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

習志野サイン盗み動画に星稜猛抗議!処罰(罰則処分)はどうなるの?

 

習志野サイン盗みの方法は?

 

問題となった高校野球の試合は、

2019年3月28日に実施された

第91回選抜高校野球大会2回戦、習志野VS星稜戦のことです。

いったいどんな方法で

習志野高校はサイン盗みをしていたのでしょうか。

その方法がこちらの記事に掲載されていましたので

星稜が猛抗議した方法をご紹介したいと思います。

 

 

「選抜高校野球・2回戦、習志野3-1星稜」(28日、甲子園球場)

ドラフト1位候補・奥川恭伸投手(3年)を擁する優勝候補の星稜(石川)は習志野(千葉)に惜敗し、準々決勝進出を逃した。

試合後、星稜・林和成監督が習志野の攻撃について「二塁走者が(打者に向けて)サインを出していた。最初から最後までずっと」と主張。「途中、サインを変えたり投手からサインを出すなど対策したが、それもあって浮ついたところが出てしまい、パスボールなどミスが起きてしまった」と話した。

星稜は奥川が九回に本塁打を浴びるなど、3失点。林監督は「試合前から、習志野の走者サインを出すというのを審判に伝えていたが、ずっと収まらなかった」。四回2死満塁の場面では、タイムを取って審判にアピールする場面もあった。

取材時間終了後、習志野の選手がストレッチをしている控え室で、林監督と習志野・小林徹監督とが直接話し合いを持つ事態となった。2~3分の話し合いの後、林監督は無言で控え室を出たが、数分後に再び習志野の控え室を訪れ、話し合いが持たれた
(引用元:https://www.daily.co.jp/baseball/2019/03/28/0012189379.shtml)

 

なんでも、星稜の林和成監督が習志野の部屋に乗り込むほど大激怒しており、証拠の動画もあるようです。

スポンサードリンク

サイン盗みとは?

野球に詳しくない方からすると

サイン盗みと聞いてもあまりピンとこないですよね。

実際わたしもあまり野球に詳しくないので

改めてサイン盗みという行為がどのようなものなのか

調べてみました。

サインってのは、ジェスチャーで伝える暗号のようなものです
相手に知られてはいけない情報を、味方の間だけで共有する際に用いるため、複雑な戦略的駆け引きが必要な団体スポーツでは多く見られます
当然、相手が見ても内容が分からないように、それぞれのチームでジェスチャーの出し方や暗号の割り振りに違いがあります

さて、野球でたまに耳にする「サイン盗み」ですが、これは守備側チームの捕手が投手に向けて出したサインを、攻撃側チームの二塁走者などが打者に伝える行為です

野球では、捕手は打者より後ろ側に座っているため、本来捕手の出すサインは守備についている選手にしか見えません
ですが攻撃側のチームも、塁上にいるランナーだけは唯一そのサインを覗くことが出来てしまいます

野球ではルール上、不正な手段で相手のサインを味方にリークすることは、スポーツの戦術性を大きく損なうため、ルール違反となっています
(一昔前までは一般的に行われていましたが、現在では完全に禁止されています)

ちなみに、去年の夏の甲子園で、花巻東の千葉くんがサイン盗みを働いたことが知れ渡り、各所で痛烈な非難を浴びました
http://www.youtube.com/watch?v=e58RENsV4PE

(引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11129832796)

 

なるほど、今回のサイン盗みとは

守備側チームの星稜の捕手が投手に向けて出したサインを、

攻撃側チームの習志野の二塁走者などが

そのサインを盗み、仲間の打者に伝えていたんですね!

確かに日本の野球は詳しい戦術性が必要とされているため

前もってその戦術の手の内を知っていると

かなり勝率はあがるでしょうね!

 

サインって各野球チームで異なりますし、

盗み見ても理解することはできないのかな?と思いきや

できるんですね。

真実ならば動画などで事前に研究したのでしょうか。

と言うことであれば、だいぶ前から偵察などして

動画で撮影していたのでしょうか・・?

野球の素人意見なのでチンプンカンプンなことを言っていたら

ごめんなさい(笑)

 

習志野がサイン盗みした動画は?真実や証拠は?

果たして、習志野は本当に星稜のサインを盗んだのでしょうか。

結局、球審は「サイン盗みはなかった」と判断したようですが

実際に動画を見て判断したいと思います。

習志野サイン盗み疑惑の動画はこちらの動画です。

うーん。よくわかりません

問題となった星稜の林監督が指摘したシーンは、

習志野が初めて二塁走者を置いた四回表、1死二塁のとき。

 

4番打者の打席中に、

捕手・山瀬が北田球審に相手がサイン盗みを

しているのではないかと指摘しました。

 

その後、1-1となってなお2死満塁の場面で、

8番打者が初球をファウルすると、

今度は林監督自身が「二塁走者!」と声を張り上げ、

審判団に抗議したんだそうです。

そこで、審判は話し合いを行い、習志野に注意を促したが

最後までサイン盗みを続けていたそうです。

きっとこの行為は一回戦から行っていたんでしょうね。

だから、星稜の監督は、こんな言葉を述べたんだと思います。

 

 「二塁走者がサインを出していた。それは(習志野の1回戦)日章学園(宮崎)戦からずっとだった。これはもうフェアじゃない。問題提起したい」

https://www.sanspo.com/baseball/news/20190328/hig19032819340026-n1.html

 

 

 

習志野がサイン盗みで処罰(罰則処分)は?

 

高校野球の規定では、キャッチャーのサインをランナーやコーチが読み取り、バッターに伝えることは禁止されている。

走者やベースコーチなどが捕手のサインを見て打者にコースや球種を伝える行為を禁止する。もしこのような疑いがあるとき、審判員はタイムをかけ、当該選手と攻撃側ベンチに注意を与えすぐに止めさせる。

高校野球・周知徹底事項

こうした行為を「サイン盗み」と呼ばれています。

 

なお、ランナーやコーチがサインを見て

バッターに伝える行為は禁止されていますが、

「すぐに止めさせる」という記述にとどまり、

罰則規定は特にないようです。

 

しかし、大会規則第9項では「サイン盗み」禁止

についても明記しているのは明らかなこと。

罰則がないからやってしまおうでは、

高校野球の伝統が失われていっちゃいます。

高野連・竹中雅彦事務局長は

「抽選会前日(14日)の監督会議でも

Fマーク(フェアプレー、ファイト、フレンドシップの意)

の意義を伝えているので

こういうことがあってはならない。

もう一度徹底して伝えたい」と説明されました。

 

習志野サイン盗みの反応は?

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です