スポンサードリンク
 

 

中道貴之のwiki経歴や今現在の職業は?なぜラグビーから転向?記録や動画は?

こんにちは!

2019年1月28日(月)  22時00分~23時07分に放送される

1番だけが知っている。

陸上ど素人の高校生ながらデビュー戦でまさかの日本記録を出した

方が特集されるようです。

調べてみると、中道貴之さんという方のようです。

陸上ど素人の高校生ながらデビュー戦でまさかの日本記録を出すなんて

いったいどんな経歴を重ねてこられた方なのでしょうか??

きになったので調べてみました。

 

中道貴之さんのwikiプロフィール

 

  • 本名:中道 貴之(なかみちたかゆき)
  • 生年月日:1969年4月17日
  • 出身地:三重県
  • 最終学歴:日本大学

 

中道貴之さんは三重県立木本高等学校出身。

部活はラグビー部として活躍されていました

全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場されたこともあり

その俊足を生かして高校2年生の時にウイングとして

活躍されました。

 

そして、高校3年生の時。

足が速いことで有名だったた中道貴之さんは

三重県高等学校陸上競技春季大会に出場することに。

初めて走った100m走りだったのですが

なんと10秒2(手動)の高校新記録を記録しました。

凄すぎますよね。

陸上のフォームが完成する前に、高校新記録を獲得されるんですから。

 

続く、日本陸上競技選手権大会。

この100mでは、10秒73と3位。

そして、7月の三重県陸上競技選手権大会100mで

陸上競技界を騒然とさせました。

中道貴之さんは記録したタイムはなんと

10秒1(手動)の日本タイ記録を獲得されるんですね。

 

普通、日本タイ記録を獲得すると、

嬉しくて陸上にのめりこんでいきそうですが

同じ年の8月に日本陸上競技連盟から

ローマで開催される世界陸上の出場をするよう促されましたが

ラグビーに情熱がまだ残っていたのか

それを断っていらっしゃいます。

 

やはり、中道さんにとって高校時代は本当は

ラグビーに情熱を傾かせたかったのかもしれません。

ラグビーと陸上競技の間で揺れ動く高校生活を過ごされた

中道貴之さん。

 

高校自体は、ラグビーで花園に出場したのですが、

中道貴之さんは選手としては出場はされなかったようです。

陸上連盟から、陸上の未来のオリンピック選手であろう

中道貴之さんを怪我で失いたくなかったという理由で

ストップがかかっていたようですね。

大人の事情とはいえ、中道貴之さんはやりきれない思いもあったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

中道貴之さんが大学で陸上選手に転向!その成績は?

中道貴之さんは日本大学に進学後、陸上競技に転向することになります。

ラグビーで磨きをかけた走りに、陸上競技の走法をプラスすることで

より早くなっていくのかな?と思いますよね。

しかし、実際はそううまくはいきませんでした。

中道貴之さんは大学に入るまでは陸上競技は一切経験しておらず素人でした。

その為、専門的な陸上の指導は大学が始めて。

その走り方の指導が自分のナチュラルな走法を邪魔する形になってしまったんでしょうね。

大学時代は、日本陸上競技やアジア大会などに出場するも

過去の中道貴之さん自身の自己記録から遠ざかるばかりでした。

中道貴之さんは元のラグビーで鍛え上げた力強い自分の走り、てつかずの走り方が合っていたんでしょうね。

ラグビーでそのまま活躍する中道貴之さんの姿も

見たい気もしますよね。

ちょっと残念です^^:

 

中道貴之さんの現在は?教員で陸上競技コーチとして活躍中!

 

 

中道さんは大学卒業後、ミズノに就職。

陸上を継続されていましたが27歳で引退されました。

 

引退後、三重県で教師として働かれています。

そして、ご自身の陸上の経験を生徒へ伝える指導者となられているようですね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です