スポンサードリンク

岡田太郎UFクリニックが無資格で28万本植毛!毛は大丈夫?!

こんにちは。

一部の人には人生の危機を感じるニュースが飛び込んできました。

な・・なんと医師免許がないのに植毛行為をしていた

植毛専門クリニックの経営者が逮捕されたというのです。

スポンサードリンク

岡田太郎UFクリニックが無資格で28万本植毛し逮捕

 

今回逮捕された植毛専門クリニックの名前は「UFクリニック」。

元経営者の岡田太郎容疑者が医師法違反の疑いで逮捕されました。

このニュースを見たとき、まず思ったのが

植毛された毛は大丈夫なのか?!ということ。

植毛された方はたまったものじゃないですよね。

医者だとおもって施術を依頼したのに、実は素人が頭に植毛をしていただなんて。

きっと、髪の毛が心配になっているのは間違いありません。

こんな卑劣な行為をした、植毛専門クリニックの名前は「UFクリニック」。

スポンサードリンク

元経営者の岡田太郎容疑者と元従業員の金光沙恵子

逮捕されたのは、名古屋市中区橘1丁目在住の元経営者の岡田太郎容疑者、49歳。

名古屋市港区野跡2丁目在住の元従業員の金光沙恵子容疑者、54歳です。

2人は2018年1月14日~9月25日、医師免許がないにもかかわらず、

男性2人に対して計10回、麻酔薬を注射したり、

植毛をしたりした疑いがあるそうです。

植毛した患者はすでに特定されているというわけですね。

なぜこのようなことが起きたのでしょうか。

報道によると、元々、クリニックには医師が勤務していたようです。

しかし、15年3月にこの医師は廃業。

しかし、植毛を続けていたんですね。

スポンサードリンク

植毛した毛は大丈夫だったの??

ここ一番大事。

植毛した毛は大丈夫だったのでしょうか。

植毛した方にとっては、ここが一番心配なところでしょう。

報道によると、正規の施術より、植えた毛が抜けやすかったそうです。

やはり、いくら勤務していたとはいえ

医師の指導がなく植毛をやっていたためうまく行かなかったんですね・・

県警は、3年半で49人に479回、

計28万9535本を植毛していたそうです。

植毛専門クリニック「UFクリニック」のホームページ

 

医師免許がないのに植毛をした

元経営者の岡田太郎容疑者が経営していた

植毛専門クリニック「UFクリニック」は

現在すでに閉店しています。

ニュースでは、「名古屋市中村区」の

植毛専門クリニック「UFクリニック」として報道されました。

ホームページ

グーグルで検索してみると

UFクリニックのホームページはすでに閉鎖されており

ひらくと「404エラー」が表示されます。

しかし、グーグルの検索画面には

遺伝だからと諦めていませんか? 日々のストレスや生活習慣の乱れ等で頭皮に負担がかかり、抜け毛の原因となることもあります。 25年の実績と経験を積んだ医師による診察ですので、安心して私たちにお任せください。

と案内されています。

25年の実績と経験を積んだ医師による診察じゃないですね・・

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です