スポンサードリンク
 

 

鹿島ガタリンピック2019の日時や概要!持参すると便利な物は?

こんにちは!

鹿島ガタリンピックってご存知でしょうか?

鹿島ガタリンピックとは、佐賀県の鹿島市の有明海で開催されるイベントです。

私も10台の学生のときにに参加したことがあるのですが、

日常にはない干潟という非日常のステージでは

今でも忘れることができない思い出となっています♪

潟まみれになって様々な競技が実施されるガタリンピック。

こちらの記事では、今年の開催概要や日時、場所などについてチェックした上で、

その魅力やおすすめの所持品などのお役立ち情報などをご紹介したいと思います♪

 

鹿島ガタリンピック2019の開催概要!場所や日時

 

ガタリンピック会場「道の駅かしま」の場所をチェック!

オリンピックならぬ、ガタリンピックという名前は

一度聞いたら忘れられないのではないでしょうか。

鹿島ガタリンピックが開催されるのは

佐賀県鹿島市に面する有明海。

地図上でその場所を確認すると・・・こちら!

鹿島市から太良町に向う海沿いの会場「道の駅かしま」

(佐賀県鹿島市音成4427)があります。

鹿島市の東に広がる有明海は、

総面積約1700平方キロメートルで

東京湾や伊勢湾とほぼ同じくらいの内海です。

このガタリンピックが開催できるのも、

日本一干満の差が大きい(6M)広大な有明海の干潟だからこそなんです!

これまでに全身泥まみれになったことってありますか?!

おそらくほとんどの人がないのではないでしょうか。

その干潟の上で行う大人も子供も泥まみれになる運動会となれば、

楽しいことこのうえありません。

令和初開催のガタリンピックの日時は?!

令和になり始めて開催される今年の鹿島ガタリンピックの日時を確認してみましょう。

今年の鹿島ガタリンピックは、

令和元年6月2日11:00  

となっています。

鹿島ガタリンピック2019の競技種目は?

 

鹿島ガタリンピック2019では、様々な競技種目が予定されています。

人気種目は事前の抽選で、残念ながら当日の飛び入り参加はできません。

台船上のクレーンから下がっているロープを使い、

干潟へダイブする「ガターザン」や

自転車に乗り、干潟上の道板を25m渡る「ガタチャリ」が抽選となります。

しかし、これらはかなりの人気種目なので落選する方も多いようです。


しかし、現時点で参加申し込みしていない場合であっても

当日参加可能な種目はありますのでご安心ください♪

たとえば、14時10分から開催される「25メートル自由ガタ」。


ガタリンピックの最後に待ち構えるこの種目は

25mをひたすら進むタイムレースでその技術・体力が最も必要で白熱します!

子供・女性・男性の部とそれぞれで1位を目指すことになるので、親子で参加し家族で全てを制覇することも夢ではありません♪

参加するときに便利なおすすめの持ち物は?

初めてガタリンピックに参加される方は、どのような物を持参したほうがいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで、こちらではどんなものを準備したらいいのかご紹介します。

まず服装ですが、汚れても良い服、水着、ゴーグルなどをご準備ください。

干潟に入るときは全身泥まみれになります。

きっと、着用した服は捨てることになるので、せっかくのイベントなのでお気に入りのTシャツ着用しようなんて考えは甘いので辞めましょう!

公式ホームページによると、ユニークな格好での参加も歓迎なんだそうです(笑)

過去にはムツゴロウの格好などをした人もいたようですよ♪

地下足袋については、貸し出しされているものを利用します。

しかし、地下足袋のサイズは22cm~28cmしかないので、特に足が大きい方は厚手の靴下の準備を忘れないようにしましょうね。

ベテラン勢は、自分で足袋は購入されているようですね。


会場には温水シャワーがありますので、体を拭くバスタオルをご準備ください。

鹿島ガタリンピック2019の口コミは?

 

まとめ

佐賀県の鹿島市の有明海で開催されるイベント「鹿島ガタリンピック」についてまとめてみました。

今年の開催日時は、令和元年6月2日11:00 です!

ぜひ参加して有明海の干潟を思う存分楽しんでみてください。

忘れられない思い出となること間違いありませんよ♪

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事(一部Sponsored Link)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です