スポンサードリンク

 

 

宮川花子の病名は何?余命6カ月宣告を受けていた!多発性骨髄腫とは癌?今でも好きだ!今後の活動は?夫婦愛がすごい

皆さん、こんばんは。

今日はお笑いの宮川大助・花子ご夫婦の妻・宮川花子さんが、現在の病名を公表しました。

いつも元気で仲がいいご夫婦のイメージですが

いったい宮川花子さんに何がありどんな病状や病名なのでしょうか。

そこで今日は、宮川花子さんの病名は何かを調べてみたいと思います。

また夫の宮川大助さんの心境や、宮川花子さんのお気持ちも含めてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

宮川花子の病名は何?

夫婦漫才で人気を博しいまだにファンが多い宮川大助・花子夫妻。

妻の宮川花子さんは、腰の痛みを感じ整骨院等を検討していたそうですが夫の宮川大介さんは一度レントゲン等をとったほうがいいとすすめて

大阪の病院へ出掛け今回の病気がわかったそうです。

それでは病名は何か?

宮川花子さんの病名は多発性骨髄腫ということです。癌ということです。

夫である宮川大助さんの一言で病院を受診されたのですね。

宮川花子の余命は6カ月と言われた!!

実は、宮川花子さんは医師から余命は6カ月といわれていたそうです。

妻が半年でいなくなるなんて怖いことです。

衝撃的ですね。

腰の痛みから行った病院から、いつのまにか人生の余命を宣言されるご本人の宮川花子さんや夫の宮川大助さんも驚いたことと思います。

宮川花子の病状は?

多発性骨髄腫と病面を診断された宮川花子さんの現在の病状は、両足がまったく動かないということで車いすで登場されました。

現在は下半身不随とおっしゃっています。

夫の宮川大助さんの会見でのお話では

身体中に腫瘍ができていると、夫の宮川大助さんは話していました。

実際、この病状や、病名を吉本興業の仲間や友達の鶴瓶さんたちにお話したのも3日前だと話されています。

夫・宮川大助さんからの妻・宮川花子さんへ会見中に愛の告白

宮川大助さんは花子さんのことをいまに好きだと会見で言っていました。好きで結婚したんだと。

妻としては、嬉しい言葉ですよね。

こんなにうれしい言葉はありませんよね。

報道陣がいる会見で、思いを伝えるということは、公開告白です。

まとめ

今日は、宮川大助・花子の妻、宮川花子さんの病名や病状、余命についてまとめてみました。

とてもユーモラスに会見を開かれている宮川大助・花子さん夫婦の覚悟や強さを感じています。

宮川花子さんご自身がはっきりした口調でご自身の病名、病状を伝える姿に

生きたいという気持ちをしっかり視聴者の方にも伝わっていると思います。

宮川花子さんの回復を祈りたいと思います。宮川花子さん応援しています!!

スポンサードリンク

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です