スポンサードリンク

マーサンムンの味や作り方は?意味や語源は何?加計呂麻島(カケロマジマ)のかげろうとは?沸騰ワード10

こんにちは!

2019年2月8日(金)  19時00分~19時56分 に放送される

沸騰ワード10

に東京から5時間離れた島、奄美群島・加計呂麻島(カケロマジマ)が紹介されます。

今、この加計呂麻島(カケロマジマ)は観光客が急増しているようです。

番組予告によると、1日15分だけ現れる謎現象「かげろう」が発生するとか・・・

いったいどんな現象なのでしょうか?

また、番組予告動画では、鍋料理「マーサンムン」が紹介されます。

それがめちゃくちゃ美味しそうなんです!

その味や作り方、「マーサンムン」の語源など調べてみました。

スポンサードリンク

加計呂麻島(カケロマジマ)の場所や行き方

 

加計呂麻島(カケロマジマ)の場所は、奄美大島の南に位置します。

奄美大島は地図でいうとこちら。

こちらの島は、鹿児島県に属しますが、地理的には沖縄に近く、

島のほとんどが熱帯雨林の山で覆われています。

現在、33の集落が点在し、現在、およそ1400人が暮らしています。

首都圏から奄美大島までのアクセスを調べてみると

成田から奄美空港直行便があるようです。

バニラエアを利用すると、料金はなんと通常時片道8,000円!

JALを利用した場合は、

1日1便で約2時間35分
羽田発:11時~12時 奄美空港着14時~15時

料金は
オンシーズンで大人3~4万、オフシーズンで2~3万くらいの料金のようです。

 

加計呂麻島(カケロマジマ)の海が綺麗!画像も

加計呂麻島(カケロマジマ)の「かげろう」とは?

加計呂麻島(カケロマジマ)は、

海峡をはさんで奄美大島と同化するように並んでいることから、

「影の島」「かげろうの島」と島名がついたと言われています。

では、番組で放送される、1日15分だけ現れる謎現象「かげろう」とは一体何なのでしょうか?

これについては調べてみましたが「かげろう」については残念ながらわかりませんでした。

番組ではかげろうは一体どんな現象が紹介されるのでしょうか?

気になりますね!

 

マーサンムンとは何?語源や意味は?

 

沸騰ワード10では、鍋料理が「マーサンムン」として紹介されています。

その語源や意味などを調べてみてみると、沖縄の言葉で

美味しいことを「まーさん」と言うようですね。

その沖縄言葉が、沖縄に近い加計呂麻島(カケロマジマ)でも使われていて

まーさむん【まーさん(美味しい)+むん(もの)】

⇒マーサンムンとして利用されているようです。

 

このマーサン(美味しい)という言葉は語尾でニュアンスが変わるようです(笑)

例えば・・・

まーさんどー(おいしいよー)、

まーさんやー(おいしいね)

いっぺーまーさん!(めちゃくちゃうまい!)

などなど、面白いですよね♪

スポンサードリンク

マーサンムンの味や作り方は?

 

マーサンムンの味や作り方も気になりますよね。

しかしマーサンムンは、まーさむん【まーさん(美味しい)+むん(もの)】

が語源となっているだけで、この料理がマーサンムンだ!!

という決まりはなく、美味しい料理全般をマーサンムンと呼んでいるのではないかと思います。

 

番組では、カニ鍋が紹介されているようです。

奄美で取れるカニといえば、モズクガニやアサヒガニでしょうか?

イセエビのような形をしている気がするので

モズクガニはちょっと違う気がします。

アサヒガニのほうが近そうですね。

 

マーサンムンは、カニ鍋に限られたことではないので、

カニ鍋以外にも沢山あります。

ときには、パインもマーサンムン

 

イラストレーターちゃずCHAZさんとは?

 

2018年3月から、鹿児島県奄美群島の加計呂麻島に移住したイラストレーターのちゃずさん。

実は、結婚4年目の新婚さん。

しかし、ちゃずさんは、夫を東京に残して「1年間限定」で加計呂麻島に移住されました。

ちゃずさんが移住したのは数年前に、東京から移住した友人を訪ねて遊びに来たのがきっかけ

まとめ

2019年2月8日(金)  19時00分~19時56分 に放送される

沸騰ワード10

に東京から5時間離れた島、奄美群島・加計呂麻島(カケロマジマ)

とマーサンムンについてまとめてみました。

 

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です