スポンサードリンク

 

 

 

マンゴマンの場所や年代は?年齢や身長、性別は?世界遺産「オーストラリアの秘境!1万5千年前に消えた湖のナゾ」

こんにちは。

2019年12月8日(日)  18時00分~18時30分 に放送される

世界遺産「オーストラリアの秘境!1万5千年前に消えた湖のナゾ」

と題し、4万年前の人類「マンゴマン」が登場します。

スポンサードリンク

マンゴマン発見の場所はオーストラリアのどこ?年代は?

世界遺産「オーストラリアの秘境!1万5千年前に消えた湖のナゾ」

舞台となるのは、不思議な砂の世界「ウィランドラ湖群地域」。

初めて聞いた方がほとんどではないでしょうか。

ウィランドラ湖群地域とは、オーストラリア南東部の大平原に広がる、三日月型の巨大な砂丘のことです。

地図でウィランドラ湖群地域を確認してみるとこのあたり。

マンゴ国立公園がある、ウィランドラ湖群地域は昔湖の湖畔でしたが、1万5千年前にその湖が干上がり、大砂丘となったようです。

こちらの画像を見てみるとその壮大さがわかりますよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#オーストラリアの絶景 #ニューサウスウェールズ州 @visitnsw の内陸部、赤土色の大地が広がる #アウトバック にあるマンゴ国立公園に一歩足を踏み入れたら、そこはまるで別の惑星みたい👀。この国立公園の歴史に触れるなら、ニューサウスウェールズ・ナショナルパークス & ワイルドライフサービス @nswnationalparks のツアーに参加して、先住民アボリジニのレンジャーから4万年以上前のマンゴ湖の先住民文化の話を聞いたり、「ウォール・オブ・チャイナ」として知られる珍しい形状の砂丘を見学しましょう🤠! Photo: @donaldhyip #絶景大陸オーストラリア #国立公園 #惑星 #レンジャー #湖 #別世界 #砂丘 #月 #ガイドツアー #世界遺産

オーストラリア政府観光局(@australia.jp)がシェアした投稿 –

そんなマンゴ国立公園がある、オーストラリアウィランドラ湖群地域で、1974年に4万年前の人類「マンゴマン」は発見されました。

スポンサードリンク

マンゴマンの年齢や身長は?何者?

マンゴ国立公園がある、オーストラリアウィランドラ湖群地域で発見された4万年前の人類「マンゴマン」。

いったいマンゴマンとは何者なのでしょうか?

オーストラリア公共放送(ABC)によると、マンゴマンとは、4万年以上前の先住民アボリジニの遺骨のようです。

4万年前というと、オーストラリアは氷河時代でオーストラリアで発見された最古の現生人類の化石と言われています。

マンゴマンの身長は約170センチ、年齢は50歳くらい、性別は・・・見つけることができませんでした。

地域社会で尊敬を集める人物として埋葬されていたとのことなので、文化面からするとマンゴマンの性別は男性なのでしょうか。

世界遺産「オーストラリアの秘境!1万5千年前に消えた湖のナゾ」で語られるマンゴマンの真実見逃せませんね♪

まとめ

2019年12月8日(日)  18時00分~18時30分 に放送される

世界遺産「オーストラリアの秘境!1万5千年前に消えた湖のナゾ」

と題し、4万年前の人類「マンゴマン」についてまとめてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です