スポンサードリンク

秋篠宮眞子さま南米訪問の目的理由や期間は?ペルー・ボリビアの場所どこ?

こんにちは。

7月9日から2週間、秋篠宮家の長女・眞子さまは南米を訪問されます。

目的地は、南米のペルーとボリビア。

一体何故、南米ペルーとボリビアを訪問されるのでしょうか。

その目的・理由や期間、場所などが気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

秋篠宮眞子さま南米訪問の目的理由は?ペルー&ボリビア

7月9日から2週間、秋篠宮家の長女・眞子さまはアメリカ経由で南米を訪問されます。

国は、一カ国目は「ペルー」、二カ国目は「ボリビア」です。

地図でいうとこのあたり。

いったいなぜ、南米のペルーとボリビアを訪問されるのでしょうか。

理由・目的が気になりますよね。

調べてみると今回の目的・理由は

今年で日本人移住120周年を迎えたペルーとボリビア両国からの招待を受けたものです。

そのため、ペルー及びボリビアそれぞれの国で記念式典に出席します。

ちなみに眞子さまは去年もブラジルを訪れて日系人と交流されていて、2年続けての南米訪問となります。

スポンサードリンク

日本人ペルー&ボリビア移住120周年

2019年は、ペルー&ボリビアへの日本人移住が始まって120周年の節目の年にあたります。

ペルーへの日本人移民の歴史は、1899年に始まりました。

マチュピチュ村の初代村長やナスカの地上絵の独占研究者は、

実は日本人なんだそうですよ。

驚きですよね!

秋篠宮眞子さま南米訪問の場所や期間は?

秋篠宮家の長女・眞子さまが南米のペルーとボリビアを訪れる期間や場所はどこなのでしょうか。

秋篠宮家の長女眞子さまが南米を訪れる期間は9~22日です。

訪れる場所はというと・・・

あのマチュピチュ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#マチュピチュ

長田諭さん(@satoru_osa)がシェアした投稿 –

上記でもご紹介しましたが、

訪問先の一つで遺跡が世界遺産となっているマチュピチュは70年前、

日本からの移住者が村長だったそうです。

そして、今回、眞子さまの現地案内役を務めるのはその村長の孫!

日系ペルー人3世で名古屋市在住の野内(のうち)セサル良郎さん(43)が

案内するようですね。

ペルーで生まれた孫の良郎さんは、祖父とは逆に16歳の時に日本を目指したそうです。

スポンサードリンク

まとめ

7月9日から2週間、秋篠宮家の長女・眞子さまは南米を訪問されます。

目的地は、南米のペルーとボリビア。

その目的・理由や期間、場所などが気になったのでまとめてみました。

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です