スポンサードリンク

南浦和中学校バドミントン顧問誰?画像確定?生徒自殺で学校隠ぺい?

去年、2018年に埼玉県さいたま市にある

さいたま市立南浦和中学校でバドミントン部に所属する、当時中学一年生の男子生徒が部活に行く途中に自殺したというニュースが

なぜか今になって再び話題となっています。

いったいなぜ、さいたま市立南浦和中学校でバドミントン部が話題となっているのかを調べてみました。

すでに、さいたま市立南浦和中学校バドミントン部男子生徒の自殺からおよそ10カ月たっています。

時間が経ち再度この話が出てきた理由としては

いまだに、さいたま市立南浦和中学校でバドミントン部の顧問をしていた教師から遺族への謝罪がないことや

さいたま市立南浦和中学校側が男子生徒の自殺の隠ぺい?を促す内容をバドミントン部に所属していた息子さんのご両親に話していたということです。

そこで一昨日男子生徒の母親が、会見を開き

さいたま市立南浦和中学校側の信じられない対応をあかしました。

今現在、SNS(Facebook、インスタ、Twitter)ではバドミントン部の顧問は誰?名前は?画像は?と特定が始まっているようです。

そこで今日はSNS(Facebook、インスタ、Twitter)等や調べをもとに

当時のさいたま市立南浦和中学校側の隠ぺいと隠ぺいマニュアルとは?

SNS(Facebook、インスタ、Twitter)やバドミントン部の顧問は誰なのか?顧問の名前は?顧問の画像は?を含め調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

バドミントン顧問は誰?画像特定?さいたま市立南浦和中学校生徒自殺

本日、バイキングでも放送されていましたが、さいたま市立南浦和中学校のバドミントン部に所属し

自殺した息子さんをもつご両親の悲痛な胸のうちが伝わる内容に子供をもつ親たちは学校側や顧問へ憤りを感じられたのではないでしょうか。

男子生徒の遺族が2日に会見し、自殺は、部活動の顧問の行き過ぎた指導が原因だったと主張、学校からのくわしい説明もない、事実を知りたい、と訴えた。男子生徒の母親は、「中学校をわくわくする、部活動を頑張りたいと言っていた。希望に胸を膨らませていたのに、なぜ顧問に追われて死んでしまったのか。小学校卒業してから、たった5カ月で、電話がかかってくるまでは元気で、納得がいかない。なかったことにはしたくない、しっかり部活動について調査してほしい」と述べた。

2018年8月、さいたま市立南浦和中学校の当時中学1年生だった男子生徒が、所属するバドミントン部の練習に行く途中、自殺した。

引用:ttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190702-00420140-fnn-soci

バドミントン顧問は誰?画像特定でSNS(Facebook、インスタ、Twitter)は?【さいたま市立南浦和中学校生徒自殺】

さいたま市立南浦和中学校で当時バドミントン部の顧問をしていた教師は誰なのでしょうか?画像特定はできるのでしょうか?

当時バドミントン部顧問だった教師は、さいたま市立南浦和中学校から今年の春に異動しており

いまでも異動先の学校で教師を続け、どこかで部活に携わっているといわれています。

謝罪もせずに過ごせている神経がわかりません。

現在SNS(Facebook、インスタ、Twitter)では、バドミントン部の顧問は誰だったのか?

画像特定が始まっており、顧問と思われる人物や名前が出始めており私も目にしていますが

特定しているわけではないため顧問が誰で?顧問の名前、画像は控えさせていただきます。

しかし公務員でもある教師は当時バドミントン部の顧問をしていますし

今年の春に別の学校へ異動していることまでわかっていますので

おそらくSNS(Facebook、インスタ、Twitter)での特定は早いかと思われます。

スポンサードリンク

バドミントン部顧問は誰?画像は?

 

バドミントン部顧問が誰なのか。画像が特定次第追記します。

 

顧問は誰?顧問の画像?の特定にいたっては決定するのは時間の問題かと思います。

そもそも、さいたま市立南浦和中学校バドミントン部に所属していた男子生徒の遺族側は

さいたま市立南浦和中学校に入学してすぐの去年5月にバドミントン部の部活をやめてはだめかと聞いてきたそうです。

入部してすぐに部活に行きたくないということは、この時点で何かが起きていた可能性もありますね。

そして去年8月に明日部活に行きたくないと母親に伝えています。

他にも、夏休みのおわりにバドミントン部の顧問から母親に「休みが多くて困る個別指導を行う」と連絡がはいったそうです。

さいたま市立南浦和中学校の当時のバドミントン部の顧問は男子生徒が自殺する前の5月に保護者から、指導方針について乱暴があると保護者会も開かれていたようなので

もしかしたら、去年自殺した男子生徒の自殺は予防できた可能性も出てきます。

さいたま市立南浦和中学校側は全校生徒に部活動に対するアンケートをとったそうですが

その時にはすでに

暴言、暴力があったことがわかったそうです。

アンケートの中では「顧問から胸ぐらをつかまれた」「頭が悪い」「顧問経論の言い方がきつかった。圧をかけた」などの回答もあったということです。

さいたま市立南浦和中学校側やバドミントン部顧問は、この時点でどのように思っていたのでしょうか?

現在、さいたま市立南浦和中学校バドミントン部に所属し自殺した男子生徒の母親はこのように話しています。

顧問にあやまってくれと言ったが顧問は下をむき謝らなかったそうです。

これが事実だとするならば、顧問は教師でもありますので生徒を守り指導する側としてありえない対応です。

そして学校側はアンケートの結果をとっているにも関わらずそのような内容から自殺したとはかんがえなかったそうです。

さらに驚くべき事実も判明しています。

それは、さいたま市立南浦和中学校側が自殺の隠ぺい?をしたのではないかという点です。

自殺隠ぺいマニュアルを用意で内容は?【さいたま市立南浦和中学校】

さいたま市立南浦和中学校側が

マスコミが騒ぐから自殺を事故にする話を持ち掛けたというのです。

・自殺という言い方をすると保護者会をひらいて遺族が説明しないといけない

・マスコミが押し寄せて告別式がめちゃくちゃにされる

等、バドミントン部に所属し自殺した男子生徒のご両親は説明をうけ、

当時は憔悴していることから同意してしまったそうです。

大切な息子が自殺をしてパニックや憔悴から男子生徒のご両親の心に

さいたま市立南浦和中学校側が付け込んだようにしか思えません。

そしてこれだけでは終わりませんなんと学校側は

対応マニュアルを用意していたというからさらに驚きです。

スポンサードリンク

対応マニュアルの内容は?

自殺ではなく不慮の事故とし、その場合に周りにどう対応したらいいのか

さいたま市立南浦和中学校でバドミントン部に所属し自殺した男子生徒のご両親にマニュアルを渡してきたそうです。

男子生徒の自殺当時に、対応マニュアルを作る時間と冷静さをもつ人物が

さいたま市立南浦和中学校側にいることに怖さを感じてしまします。

不慮の事故とした場合のマニュアルは6パターン

不慮の事故とした場合のマニュアルは6パターンあったそうで

①マスコミや地域から聞かれたとき

②保護者から聞かれたとき

③2、3年の生徒からきかれたとき

④息子のクラスからきかれたとき

等の説明だったそうです。

さいたま市立南浦和中学校でバドミントン部に所属し自殺した男子生徒のご両親は時間がたつなかで

この時の状況を思い出すと悔しくてたまらないと思えます。

こんなことを提案し思い立った人物が誰なのかも気になりますね。

母親からの要望は?【さいたま市立南浦和中学校バドミントン部自殺】

 

しっかり部活動について調査をしてほしい

と求めています。

 

 

関連記事(一部スポンサードリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です